[超初心者向け] ブログを始めるときに考えておくべき5つのこと

OMIYA!

2017年10月7日追記: WordPressを使って具体的にブログを始める方法はこちらです。人気の記事です。

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

インターネットを見ているとよく目にするブログ。「自分もブログを書いてみたい!」と思う方も多いでしょう。

でも、右も左もわからない「ブログ」というモノ。今回はブログを初めて開始するときにぜひ考えておいてほしいことをまとめてみました。

ブログを開始するときに考えておくとよいこと

ではさっそくブログを始めるときに考えておいてほしいことを5つ書き出しました。

  1. 謙虚すぎない「ブログのタイトル」を考える
  2. 書き手の名前を決める
  3. アイコンの画像は「人間(似顔絵を含む)」
  4. あなた自身を知る
  5. 読んでくれる人を意識する

簡単に言うと、こんな感じです。

ええ。全然テクニカルなことではありません(笑)。では1つ1つ見ていきましょう!

謙虚すぎない「ブログのタイトル」を考える

まずは「ブログのタイトル」です。

このブログだと「ヨッセンス」というのがそうですね。

ブログタイトルは何でもいいんですけど、決めるときに考えてほしいことがあります。

それは……

訪問してくれる方はあなたのことを全く知らない!

ということ。

ですので、できる限り興味を持ってもらえるようなブログタイトルにするのをオススメします。

面白くなさそうオーラは出すな!

よく「ブログ村」とかで見ているとこんなブログタイトルのオンパレードなんですよ。

  • ヨスのたわごと
  • ヨスの独り言
  • ヨスの気まぐれ日記
  • ヨスの駆け出しブログ
  • 初心者ヨスのブログ
  • ヨスのつぶやきブログ
  • ヨスのブログ〜今日も1日がんばるぞ♪〜

こんなタイトルのブログ、読みたくなりますか? 興味が持てますか?

ヨス

こ……こいつぁ…

面白くなさそうなオーラが全開ですよね。

「自分のブログは大したことないけど……」的な謙遜風味のあるタイトルは、内容が良くても面白くなさそうに見える残念なタイトルです

絶対の絶対に避けましょう。

ブログ名に謙虚は不要!
ブログ名に謙虚は不要!

何つけていいのかわかんないんだったら「トマト」とか「ダチョウの卵」みたいに一般名詞をそのまま付ける方がマシです!

英語のタイトルにはカタカナ読みを!

それと、英語やフランス語などのタイトルを付けるときは、必ず読み方を入れてあげましょう!

せっかくブログに訪れても、ブログ名が読めないと愛着ってわきませんから。

ヨス

これは英語だし読めるやろ!って思うのは大間違いです。誰も読めないと思っていた方がいいかも。

特に英語以外の言語の場合は絶対の絶対にカタカナ表記を入れましょう!

もちろん、ファンになってもらうことよりもカッコよさのみを追求している場合は例外です

書き手の名前を決める

ブログの名前の次は、書き手の名前です。

ブログ上での「あなたの名前」をちゃんと決めましょう。

書き手の名前を決める
書き手の名前を決める

これはもちろん本名でなくてOKです。ニックネームでオッケー!

わたしは「ヨス」と名乗っていますが、「HN(ハンドルネーム)」と呼ばれるものです。

ヨス

ついでに言うと「ヨウスケ(Yosuke)」の3文字を取って「ヨス(Yos)」です。

名前がないものに対しては愛着も生まれません

「この記事良かったからメッセージを送ろう!」って思っても名前がないとなんて呼びかけたらいいんですか。

プロフィールページはほぼ見られない

名前はプロフィールページに書いてるよ!」って方は多いと思いますが、サイドバー、フッター(ページの下部)などに名前を入れるのをオススメします。

実名じゃなくていいのでちゃんと名乗りましょう
実名じゃなくていいのでちゃんと名乗りましょう

その理由は、全ページに入るためどの記事からも見られるからです。

ヨス

だって、ブログを訪れる読者のほとんどが初訪問なんですよ。

しかもプロフィールページをしっかり用意していても、ほとんどの方は見てくれないわけです。

繰り返すことで親近感も

あと、好みの問題になりますが、私はブログの冒頭で自分の名前を毎回名乗っています。

こんにちは! ヨスです」って感じで。サイドメニューやフッターよりも間違いなく目に付きます。

冒頭に毎回入れることで、読者が再び私のブログにたどり着いてくれて「ヨスです」の冒頭を見ると、「アレ? このブログ、前にも来たぞ!」と思うかもしれません。

そうなれば、親近感もUPするはず。

アイコンの画像は「人間(似顔絵を含む)」

先程は名前でしたが、今度は顔です。

ブログでのアイコン画像でこういうのを使っている方を見かけます。

デフォルトの画像とか論外です
最初から入っている「NO IMAGE」の画像なんて論外ですよ
  • 初期状態の「NO IMAGE」の画像
  • 飼っている動物
  • どこかの景色

こういうのはやめましょう。

とくに上の画像みたいな「最初から入っている NO IMAGE 画像」は論外です(笑)。

人間だとわかるもの

ブログは人間が書いているものなのに、自分の画像が人間じゃないだけで一気に人間味がなくなります

アイコンは「人間」に
アイコンは「人間」に

逆を言うと、文章に自信がなくてもアイコン画像を人間だとわかる画像にするだけで、愛着が持たれやすいということです。

せっかくなので初心者はこれを使わない手はありません。

ヨス

まぁ、文章が上手い方の場合はどんな画像でも問題ないんですけどね(笑)。

あくまで自分の写真を!

人間だからと言って、こういうのは避けましょう。

  • アニメのキャラ
  • 自分の子どもの写真
  • フリー画像

どれも人間ですが、自分じゃないですよね。

アニメキャラだと著作権侵害だし、自分の子どもの写真を使う方はちょっと怖いです。

ヨス

だって、自分の写真は個人情報が……とか言って出したくないのに自分の子どもの写真は使えるんですよね? なぜ?

あと、フリー画像も「あ、これどっかで見たことある」と思われるので、避けましょう。

この方はフリー素材モデルの「ゆうせい」さんです。あなたじゃありません!
この方はフリー素材モデルの「ゆうせい」さんです。あなたじゃありません!

わたしの場合は思いっきり顔を出していますが、絶対じゃありません

わたしは思いっきり顔を出してますが、出す必要はないです(笑)
わたしは思いっきり顔を出してますが、出す必要はないです(笑)

全身を写して顔が認識されない程度にしてもいいですし、顔の一部分(目だけとか)だけを使うとかで、逃げることができます。

とにかく、顔を出すにしろ、出さないにしろ、自分の写真を使いましょう。

一番オススメなのは似顔絵

自分って認識されないとしても、やっぱり自分の写真を使うのは抵抗ある!……という方も多いでしょう。

では、ほかの人と違っていて、個人情報的にも安心……と言えばどんなアイコンだと思いますか?

そうです!似顔絵ですよ!

ヨス
ヨスのアイコン画像(イラスト)

わたしはこんなイラストを使っています(自分で描いたやつ)。

可能なら個人の特徴を残した「似顔絵」がオススメです。

「ココナラ」だと超安く作ってもらえる

安くイラストを描いてもらいたいなら、ココナラというWEBサービスがオススメです。

ありえないほどの低価格でアイコンの似顔絵を作ってもらえます。

500円で制作してもらえたりするのですが、わたしだったら絶対に受けないほどの「ありえない」安さです。

ぜひチェックしてみてください。

ココナラ公式ページ

>>ココナラについて詳しく見てみる

※ ご希望の方にはわたしもアイコンイラストを承りますので、こちらからご購入ください。安くはないですよ(笑)。

あなた自身を知る

そして、「あなた自身を知ること」です。

自分を知る
自分を知る

言い換えると、書き手のキャラクター設定です。なんか漫画みたいですが(笑)。

自分のことを意外と知らない

人間って、自分のことを意外と知らないんですよね。

そんなものだから、いざ慣れていない文章を書こうとすると、「作文」のような無個性な文章になる方がいます。

どの人も本当は個性の塊なのにもったいない!

そこで、いったん、自分のことを書き出してみましょう。

自分のことを書き出してみる

「自分のこと」って言うと、小難しそうに聞こえますが、こういうことです。

自分のことを書き出してみる
自分のことを書き出してみる

もちろんイラストじゃなくて、こんな感じの箇条書きでOK。

  • 元・日本語教師で教えることが好き
  • イラスト、デザインが得意
  • 長年WEBショップ店長をしていたのでWEBに詳しい
  • 言語が大好き
  • ボケボケしている
  • パソコン(部分的に)には強いけど、メカ(車とかそういうの)には弱い
  • オタク気質
  • 食べ物はピザとラザニアと讃岐うどんが大好き
  • お菓子はキットカットとプリングルスが大好き

ほら、こういうのをいざ書いてみると、「あ! 自分ってラザニア好きだったな!」とか思い出すんです。

そしたら、どういう記事を書いていけばいいかってわかりますよね。

自分を「キャラクター」だと認識

自分のことを客観的に知り、それをキャラクターだと認識すると書きやすいです。

口調とか、好きなものとか、一人称(私・僕・オレ など)とか。

ガチガチにキャラ設定しなくてもいいですが、ちょろっとでも考えておくと書きやすいのは間違いないですよー!

読んでくれる人を意識する

今度はどんな人に読んでもらいたいかです。読者がどんな人かを想定するってことですね。

読んでくれる人を意識する
読んでくれる人を意識する

「人はなぜ検索するのか?」を考える

ブログはGoogleなどの「検索エンジン」で検索されてたどりつくことが多いです。

じゃあ人はどういうときに検索するのでしょうか? もちろん……

なにかを調べたいとき

……ですよね。

たどりついたブログ上にその答えになるものがあると、読者は満足感でいっぱいになります。

具体的な相手を想定して書く

ではどうすれば、そんな満足される記事が書けるかというと、具体的な相手を想定して書くことです。

「読者は日本語の読める人を想定しています!」みたいなモヤッとした想定読者ではダメです! 当たり前すぎやし(笑)。

「日本語が読める人」とか、モヤッとしたターゲットではダメ!
「日本語が読める人」とか、モヤッとしたターゲットではダメ!

たとえば「讃岐うどんのおすすめ店10店」だったら、「県外から讃岐うどんを食べに連休に車でプチ旅行に来ている30代の男性」とか、そんな感じです。

具体的なイメージがあると、文章ってウソみたいに書きやすいんですよ。

書く側だけではありません。ターゲットを明確にして書かれた記事は読み手が意識されているので、文章の読みやすさも格段に上がります!

追記: ブログを具体的に始める手順

今回の記事を読んで、「じゃあ本格的に始めようかな!」と思った方はこちらの記事をぜひ。

ブログを始めるときに「行動」としてやるべき手順をまとめています。

驚くヨス

わ…
わかりやすい!

……と評判の記事です。

サーバーを借りよう!」とかそういう「超・具体的なこと」を書いているので必見です。

さて、今回はブログを始める前に考えておくと良いことを5つ書きました。

ホントに基本ばかりで、技術的なことを考える以前のものばかりです。

でも、これを決めておくと、のちのちに「ブログのデザインをちゃんとしよう!」と思ったときに自然と色とかデザインも決まってくると思いますよー。

あ、最後になりましたが、ブログ初心者の方がデザインから入るのはやめておいた方がいいです。たとえデザインが本職の人でもです。

だって最初は誰も読んでくれないのでかっこよくても意味ないですからね〜。

ブログで肝心なのは書くこと。そして継続すること。デザインのせいでブログが始められないってことは、スタート地点にすら立ててないってことですから!

現在、私の運営するオンラインサロンでは、メンバーを募集しております!

本気の本気でブログのアクセスを増やしたい方下記からどうぞ!

ヨッセンスクール

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい