2015年7月17日

【超初心者向け】ブログを始めるときに考えておくとよい5つのこと

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回はブログを初めて開始するときにちょろっとでも考えておくとよいよ!ってことをまとめてみました。

「○○のたわごと」とか「○○の独り言」というタイトルはつまらなさそうなオーラが全開です
「○○のたわごと」とか「○○の独り言」というタイトルはつまらなさそうなオーラが全開です

ブログを開始するときに考えておくとよいこと

ではさっそくブログを始めるときに考えておくとよいことを5つ書き出しました。

  • ブログのタイトル
  • 書き手の名前
  • アイコンの画像
  • 書き手のキャラ設定
  • 読んでくれる人の設定

ええ。全然テクニカルなことではありません(笑)。では1つ1つ見ていきましょう!

ブログのタイトルを決める

まずはブログのタイトルです。何でもいいんですけど、訪問してくれる方はあなたのことを全く知りません。

ですので、できる限り興味を持ってもらえるようなブログタイトルにするのをオススメします。

面白くなさそうオーラは出すな!

よく「ブログ村」とかで見ているとこんなブログタイトルのオンパレードなんですが、読みたくなりますか?

  • ヨスのたわごと
  • ヨスの独り言
  • ヨスの気まぐれ日記
  • ヨスの駆け出しブログ
  • 初心者ヨスのブログ
  • ヨスのつぶやきブログ
  • ヨスのブログ〜今日も1日がんばるぞ♪〜

どうですか? 読みたくなりますか!?

もう、「このブログ面白くなさそう」なオーラが全開ですよね。

「○○のたわごと」とか「○○の独り言」というタイトルはつまらなさそうなオーラが全開です
「○○のたわごと」とか「○○の独り言」というタイトルはつまらなさそうなオーラが全開です

「自分のブログは大したことないけど……」的な謙遜風味のあるタイトルは、内容が良くても面白くなさそうに見える残念なタイトルだと思いますのでもったいないです。

絶対の絶対に避けましょう。

何つけていいのかわかんないんだったら「トマト」とか「ダチョウの卵」みたいに一般名詞をそのまま付ける方がマシです!

英語のタイトルにはカタカナ読みを!

それと、英語やフランス語などのタイトルを付けるときは、必ず読み方を入れてあげましょう!

せっかくブログに訪れても、ブログ名が読めないと愛着ってわきませんから。

ヨス

これは英語だし読めるやろ!って思うのは大間違いです。誰も読めないと思っていた方がいいかも。

特に英語以外の言語の場合は絶対の絶対にカタカナ表記を入れましょう!

もちろん、ファンになってもらうことよりもカッコよさのみを追求している場合は例外です

書き手の名前を決める

ブログの名前の次は、書き手の名前です。これはもちろん本名でなくてOKです。

ニックネームでも、適当に考えたものでも、何でも!

実名じゃなくていいのでちゃんと名乗りましょう
実名じゃなくていいのでちゃんと名乗りましょう

わたしで言うと「ヨス」というのがそうですね。「HN(ハンドルネーム)」と呼ばれるものです。ついでに言うと「ヨウスケ(Yosuke)」の3文字を取って「ヨス(Yos)」です。

名前がないものに対しては愛着も生まれません。

「この記事良かったからメッセージを送ろう!」って思っても名前がないとなんて呼びかけたらいいんですか。

プロフィールページはほぼ見られない

名前はプロフィールページに書いてるよ!」って方は多いと思いますが、サイドバー、フッター(ページの下部)などに名前を入れるのをオススメします。

その理由は、全ページに入るためどの記事からも見られるからです。

ヨス

だって、ブログを訪れる読者のほとんどが初訪問なんですよ。

多くの方は初訪問の上、1記事を見るとどこかへ飛んで行くんです。

プロフィールページをしっかり用意していても、ほとんどの方は見てくれないわけです。

繰り返すことで親近感も

あと、好みの問題になりますが、私はブログの冒頭で自分の名前を毎回名乗っています。

こんにちは! ヨスです」って感じで。サイドメニューやフッターよりも間違いなく目に付きます。

冒頭に毎回入れることで、読者が再び私のブログにたどり着いてくれて「ヨスです」の冒頭を見ると、「アレ? このブログ、前にも来たぞ!」と思うかもしれません。

そうなれば、親近感もUPするはず。

アイコンの画像

先程は名前でしたが、今度は顔です。個人情報が気になる場合は写真じゃなく、イラストで。

デフォルトの画像とか論外です
最初から入っている「NO IMAGE」の画像なんて論外ですよ

上の画像みたいな「最初から入っている画像」とか論外です。「NO IMAGE」とかありえない。

じゃあどんな画像を使えばいいかですが、可能なら個人の特徴を残した「似顔絵」がオススメです。

私の場合はこんなイラストを使っています。自分で描いたやつです。

ヨス
ヨスのアイコン画像(イラスト)

私の場合は、会ったことがない方(ブロガーとか)にリアルで会うこともあるので、覚えられやすいように「しましま帽子」をトレードマークにしています

で、実際に会うときも、しましま帽子をかぶって現れます(笑)。こんな感じで何か特徴を出すのがオススメです。

ご希望の方には私もアイコンイラストを承りますので、こちらからご購入ください。

もちろん自分の写真が出せる人は写真をぜひ! 私もアイコンはイラストですが写真もバンバン出ていますので。

わたしのアイコン画像の歴史も記事にまとめています。参考になるかと。

書き手のキャラ設定

書き手のキャラクター設定です。なんか漫画みたいですが(笑)。

こういうキャラクターでブログを書く!っていうのがあると、非常に書きやすいと思います。口調とか、好きなものとか。

私の設定はこんな感じです。

  • 元・日本語教師なので教えるのが好き
  • ボケボケしている
  • パソコン(部分的に)には強いけど、メカ(車とかそういうの)には弱い
  • オタク気質
  • 食べ物はピザとラザニアと讃岐うどんが大好き
  • お菓子はキットカットとプリングルスが大好き
  • 口調は基本、共通語だけど、感情が入ると関西弁。

例えば私は「プリングルスとキットカット命!」みたいにブログでは書いています。

確かに本当に好きなのですが、なくては生きていけないわけでは決してないです。常に買っているわけでも全くないです。

ヨス

でも、いつもキットカット大好き!って言っている方が覚えられやすいじゃないですか。書いている方も楽しいし。まぁ、誇張表現ですね。

実は私の場合は、WEBショップの店長として7年間メルマガを書いていて、そのときに自分の執筆するときのキャラクターが固定しました。

なのでそのときのノリのまま個人ブログに移行しています。

ガチガチにキャラ設定しなくてもいいですが、ちょろっとでも考えておくと書きやすいのは間違いないですよー!

読んでくれる人の設定

今度はどんな人が読むかです。読者がどんな人かを想定するってことですね。

多くの場合は自分と同世代の人が読むことを想定して書くのがやりやすいと思います。専門的なブログの場合は「同業種に向けて」というのも多いです。

ヨス

わたしの場合、基本は同じアラフォー世代に向けて書いている感じですが「ノンジャンルブログ」なので記事によって対象を変えています

SEOの記事とか、今書いているこの記事なんかはブログ書いている人がターゲットだし、主婦(主夫)向けの記事もありますし、香川県在住じゃないと関係ない記事も多々ありますし。

読み手を意識するってことに繋がり、文章の読みやすさにこれは現れると思いますので、ぜひやってみてくださいねー!

追記: ブログを具体的に始める手順

こちらでは、ブログを始めるときに「行動」としてやるべき手順をまとめています。

サーバーを借りよう!とかそういう具体的なことを。必見です。

さて、今回はブログを始める前に考えておくと良いことを5つ書きました。本当に基本中の基本ばかりで、技術的なことを考える以前のものばかりです。

でも、これを決めておくと、のちのちに「ブログのデザインをちゃんとしよう!」と思ったときに自然と色とかデザインも決まってくると思いますよー。

あ、最後になりましたが、ブログ初心者の方がデザインから入るのはやめておいた方がいいです。たとえデザインが本職の人でもです(← だって最初は誰も読んでくれないのでかっこよくても意味ないですから)。

ブログで肝心なのは書くこと。そして継続すること。デザインのせいでブログが始められないってことは、スタート地点にすら立ててないってことですから!

現在、私の運営するオンラインサロンでは、メンバーを募集しております!

本気の本気でブログのアクセスを増やしたい方下記からどうぞ!

ヨッセンスクール

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!