サーバーってなに?「WordPressをサーバーに設置する」という言葉を世界一わかりやすく説明するよ!

OMIYA!

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

「さて、WordPressでブログを始めるぞ!」と思ったときに「サーバー」という言葉を聞きます。

わたしもこの言葉を最初に聞いたときは……

驚くヨス

いや、そんな専門用語ムリ!

……と思っていました。でも実は、理解するのはすっごく簡単なんです。

今回はWordPressをブログを始めようとしたときに絶対に避けては通れない「サーバー(Server)」という言葉について、かみくだいて紹介します!

サーバーは「博物館」です

サーバーというのは「ネット上で公開するデータを保管する場所」を提供してくれる会社です。

いやー、ややこしいですよね(笑)。

まず、何も考えずに「サーバー = 博物館」だと思ってください。

サーバーは博物館
「サーバー(会社)」は博物館
ヨス

いや、もはや「サーバー」という言葉を忘れてください。

WordPressは日記帳

お次にWordPressという言葉です。

これはブログを書くための「ブログ構築システム」ですが、とりあえず「日記帳」だと思ってください。

WordPressは日記帳
WordPress = 日記帳

なので「ブログを書く」という行動は「日記を日記帳に書く」ということです。

日記を書く=ブログを書く
ブログを書く = 日記を書く

日記を展示するスペースを博物館で借りる

では、自分の日記をたくさんの人に見てもらうためにはどうしますか?

机の引き出しに入れていたのでは誰にも読んでもらえません。

そこで、博物館で展示することにしましょう!

こんなイメージですね!

展示しているブログをお客さんが見に来るイメージ
展示しているブログをお客さんが見に来るイメージ

博物館に日記を展示することで、たくさんのお客さんに読んでもらえます。

そう。博物館の一部の展示スペースを借りることが、サーバーを借りるということなのです。

博物館内の展示スペースを借りて、日記を展示する
博物館内の展示スペースを借りて、日記を展示する

これが「サーバー(博物館)にWordPress(日記帳)を設置する(展示する)」ということです!

しかも、厳重なケースと警備があるので、改ざんされたり盗難される可能性も減ります

サーバー・WordPressを図にまとめると……

さて、「サーバー」「WordPress」という言葉を1つの図にまとめます。

サーバー、WordPress、ブログのイメージ
サーバー、WordPressのイメージ

そして、ブログを読まれるというのはこういうイメージですね。

展示しているブログをお客さんが見に来るイメージ
展示しているブログをお客さんが見に来るイメージ

ちなみに、博物館内のほかのスペースには、ほかの方の日記も展示しています。

みんなに見られるように展示されたWordPress(日記帳)を設置したら、あとはひたすら、中身を書くのみ!

たくさんの方に読まれる記事を書いていきましょうね!

さて、今回は「サーバー」という難解な言葉をできるだけかみくだいてお話しました。

これで、「サーバーを借りてWordPressを設置する」の意味もなんとなくわかったのではないでしょうか?

ちなみにWordPressはわたしも使っているエックスサーバーをオススメします。

エックスサーバー公式サイト

>>エックスサーバーの登録の仕方はこちら

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい