[WP]Google Search Consoleに登録してXMLサイトマップを送信する方法

OMIYA!

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回はGoogle Search Console(サーチコンソール)の登録の仕方を紹介します。

続きでWordPressのサイトをプラグインの「Yoast SEO」を使ってXMLサイトマップ送信してみます。

Google Search Consoleに登録

「Google Search Console」に登録するのですが、これって何でしょうか?

ヨス

「サーチコンソール」と読みますが、これは無料で使えるGoogleのサイトの分析ツールです。

たとえば、どんなキーワードであなたの書いた記事にアクセスが来ているのかなどを調べられるんです。

「Google Search Console」のページへ

まずは「Google Search Console」のページに行きます。

公式ページ

GoogleのIDとパスワードでログインしてください。

サイトを登録

あなたのサイト(ブログ)を登録します。

URLを入力して「プロパティを追加」をクリック
[ URLを入力 ] → [プロパティを追加]

2つ目以降の登録

2つ目以降のサイトを登録する場合はこちらのようにします。

プロパティを追加
プロパティを追加

右上のプロパティを追加をクリックし……

サイトURLを入力し「追加」をクリック
サイトURLを入力し、追加をクリック

サイトURLを入力し、追加をクリックします。

注意:「SSL化」した場合も新しく登録し直す

ブログをSSL化した場合(URLが「http://」から「https://」になった場合)も別のサイトとして新しく追加しなければならないようです。

非SSLとSSLの違い
非SSLとSSLの違い

面倒ですが重要なので!

「所有権」をGoogleが確認

Googleが、追加したサイトの所有権を確認します。

あなたが、そのサイトのオーナーだということをちゃんと伝えるんですね。

「確認」をクリック
確認をクリックすればオッケー。

Google Analyticsを設定していれば、確認をクリックすればオッケー。

サーチコンソールに登録完了
Search Consoleに登録完了

Search Consoleに「XMLサイトマップ」を送信

お次に、Search ConsoleにXMLサイトマップを送信しましょう。

XMLサイトマップというのは「サイトマップページ(サイト内のすべてのページへのリンク集)」のGoogle用のやつです。

XMLサイトマップを用意することで、Googleのコンピューターがあなたのサイト(ブログ)にやってきたときに、全部のページを徘徊しやすくなります

ヨス

まさに地図のようなものです。

Googleがちゃんとサイト内を徘徊することで、検索結果にも出現するようになります。

今回はWordPressの「Yoast SEO」というプラグインを使って、そのXMLサイトマップをGoogle Search Consoleに送信します。

「Yoast SEO」をインストール

プラグイン「Yoast SEO」の入れ方は、こちらのとおりにやってください。

1プラグインの入れ方

管理画面のサイドメニューにある「プラグイン」を押して、新規追加をクリック。

プラグインを新規追加
[ プラグイン ] → [ 新規追加 ]

2プラグインの名前を検索

プラグインの名前「Yoast SEO」を検索します。

プラグインをインストール
[ プラグインの名前を検索する ] → 今すぐインストール

そしたら「Yoast SEO」が現れるので、今すぐインストールをクリック。

3有効化をクリック

あとは、プラグインの画面で「有効化」をクリックするだけ。

プラグインを有効化しよう
[ プラグイン ] → [ 有効化 ]

「Yoast SEO」で「XMLサイトマップ」を表示

今度はWordPressの管理画面です。最初の状態では 「Yoast SEO」を開いても「XMLサイトマップ」の項目がありません。

これはただ単に隠れているだけなので、それを表示させるやりかたを紹介します。

1サイドメニューの「SEO」をクリック

サイドメニューの「SEO」をクリックします。

サイドメニューの「SEO」をクリック
サイドメニューの「SEO」をクリック

2「Features」のタブをクリック

Featuresのタブをクリックしてください。

「Features」のタブをクリック
Featuresのタブをクリック

3「Advanced settings pages」を「Enabled」に

Advanced settings pages」の項目をEnabledにします。

「Advanced settings pages」の項目を「Enabled」に
「Advanced settings pages」の項目をEnabled

4「Save cahnges」をクリック

下の方にあるSave changesをクリックするのをお忘れなく!

「Save cahnges」をクリック
Save changesをクリック

「Yoast SEO」のサイトマップを確認

これで「Yoast SEO」で「XMLサイトマップ」が確認できるようになりました。

1サイドメニューの「SEO」をクリック

管理画面サイドメニュー「SEO」の中にある「XML Sitemaps」をクリックします。

サイドメニューの「SEO」をクリック
[ サイドメニューの「SEO」 ] → [ XML Sitemaps ]

2「XML Sitemap」をクリック

「XML sitemap functionality」の項目をEnabledにしてください。

[ 「XML sitemap functionality」の項目をEnabledに ] → [ 「Your XML Sitemap」のところにある「XML Sitemap」をクリック]

そしてすぐ下にある「Your XML Sitemap」のところにある「XML Sitemap」をクリックしましょう。リンクが開きます。

3これが「XMLサイトマップ」のURL

開いたページにある何個かのURLが「XMLサイトマップ」のURLになります。

「XMLサイトマップ」のURL
「XMLサイトマップ」のURL

上記画像では3つがありますが、4つの場合が多いです。

Yoast SEOで作成されるXMLサイトマップページのURL
記事ぺージ (サイトURL)/post-sitemap.xml
固定ページ (サイトURL)/page-sitemap.xml
カテゴリページ (サイトURL)/category-sitemap.xml
タグページ (サイトURL)/post_tag-sitemap.xml

あと、1,000ページを超えると、複数に分かれるようです。

こんな感じで、連番になります。

記事ページが1,000ページ以上ある場合は分かれる
記事ぺージ1 (サイトURL)/post-sitemap1.xml
記事ページ2 (サイトURL)/post-sitemap2.xml

ちなみに、わたしはタグを使っていないので「post_tag-sitemap.xml」がありません。

これらのURLを「Search Console」に今から送信します。

「XMLサイトマップURL」をSearch Consoleに送信

ではいよいよ、「XMLサイトマップURL」をSearch Consoleに送信していきます。

1Search ConsoleにXMLサイトマップを送信したいサイトを選ぶ

こんな感じで「Search Console」に登録しているページがズラッと出て来ますので「XMLサイトマップ」を送信したいサイトを選択しましょう。

「XMLサイトマップ」を送信したいサイトを選択
「XMLサイトマップ」を送信したいサイトを選択

URLの部分をクリックすればオッケーです。

2「サイトマップ」をクリック

こんな画面になるのでサイトマップをクリック。

「サイトマップ」をクリック
サイトマップをクリック

「サイトマップ」って書いていますが、「XMLサイトマップ」のことです。

3「サイトマップの追加/テスト」をクリック

画面の右上の方にあるサイトマップの追加/テストをクリックしましょう!

「サイトマップの追加/テスト」をクリック
サイトマップの追加/テストをクリック

4サイトマップのURLを入力する

ここで、先ほど「Yoast SEO」で作られた「XMLサイトマップ」を入力し、送信します。

[ XMLサイトマップのURLを入力 ] → [送信をクリック ]

「Yoast SEO」で作られるURLはこちら。

Yoast SEOで作成されるXMLサイトマップページのURL
記事ぺージ post-sitemap.xml
固定ページ page-sitemap.xml
カテゴリページ category-sitemap.xml
タグページ post_tag-sitemap.xml

これらを1つ1つ入力して送信します。

「閉じる」をクリック
閉じるをクリックしたらさっきの画面に戻るので送信を繰り返す

もしタグページはGoogleが来なくていいのなら「post_tag-sitemap.xml」は送信しなくてもオッケー。必要なやつだけ送信しましょう。

あと、さっきも書きましたが、記事がたくさんある場合は「post-sitemap1.xml」のように連番で分かれるので注意。

送信が完了

送信したいURLを全部送ったら完了です。

しばらくは「保留」になります。

しばらくは「保留」になります
しばらくは「保留」になります

これでXMLサイトマップの送信は完了です。あとは放っておいて大丈夫ですよー!

さて今回は「Google Search Console」へ登録し、XMLサイトマップを送信する方法を紹介しました。WordPressでのやり方だけですが。

わたしは実は、ブログを始めてだいぶ経ってからサイトマップ送信をしました。ええ。ど忘れしていたんですよ(笑)。

たぶん、早い段階でやっていたら、もっとアクセスが増えるのが早かったかも?と思っています。

とにかく、早めにやることをオススメしますよー!

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい