[WP]最強と話題!? ブログ用テーマ「アルバトロス」の作者にインタビューしてきた

OMIYA!

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

WordPressを使っている方はWEBサイトのデザインや機能を一瞬で変身させる「テーマ」を使っているはずです。

そのテーマの中でも私が群を抜いたクオリティーだと思うのが「OPENCAGE」で販売しているテーマです。

ヨス

今回はその作者 矢野ヨシキさんにインタビューしてきました!

最近ブロガーの間で話題のWordPressテーマ?

WordPressでブログを書いている人は、こちらの3種類のテーマの名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

  • アルバトロス
  • ハミングバード
  • ストーク

販売開始が2015年の7月なのですが、これがすごい勢いで口コミで広がって一躍有名なテーマになりました。ええ。もちろんわたしも使っています。

WordPressテーマ「アルバトロス」
WordPressテーマ「アルバトロス」
WordPressテーマ「ハミングバード」
WordPressテーマ「ハミングバード」
WordPressテーマ「ストーク」
WordPressテーマ「ストーク」

この3つのWordPressテーマは、デザイン的にもシンプルで使いやすく、かと言って物足りないことなんてない。

そのウマいとこどりをしたスタイリッシュなテーマばかりなんです。

ちまたではデザインが先行して「すてき!」「イケてる!」って騒がれている気がするのですが、実は真髄は裏側なんです。

というわけでその裏側の話なんかを制作者の矢野ヨシキさんに突撃インタビューです!

WEBクリエイターの矢野ヨシキさん

こちらが制作者の矢野ヨシキさんです。

わたしと名字が一緒なんですけど親戚じゃありません(笑)。

「キチさん」こと矢野ヨシキさん
「キチさん」こと矢野ヨシキさん

すんません。インタビュー……とか大げさっぽく書いていますが、古くからの友達です。

このブログでも「ブロガーの キチさん」という名前で何度か登場しているし(ドローンの記事とか)。

キチさんはデザインもSEOもどっちも得意なWEB屋さんです。

猫みたいな顔をしていますが、本人も猫が大好きで趣味は猫の写真撮影です。もうストーカー並に撮っています(笑)。

なぜブログ専用の「オリジナルテーマ」を作ったんですか?

ヨス

さて、さっそくですが、キチさんはなんでオリジナルテーマを作ろうと思ったのですか?

キチ

ぶっちゃけですが、自分だけが使うための最高のテーマを作ろうと思ったのがきっかけです。誰かのためにじゃないです。自分のため!(笑)

ヨス

やっぱり!(笑)そんな気がしてた。

実は元同業者の目から見てそんな気がしていたんです。

キチさんは独立してWEB制作で生活しているので、自分が扱いやすいテーマは「自分が作ったテーマ」ですから。

WordPressテーマ「アルバトロス」
WordPressテーマ「アルバトロス」
キチ

「やっぱり」って(笑)。でもあまりにも良いものができたので独り占めはもったいないということになったんです。

ヨス

なるほど。

キチ

実はサイト制作の依頼は主に企業さんが多いのですが、最近なぜか、ブログ制作の依頼が立て続けに入ってきたんです。

ヨス

ほほお!

キチ

で、ふと考えてみると「ブログに特化したテーマ」で本当に最高のものってまだ存在しないよなーって思ったんです。

スマホからの表示にとことんこだわっている

ヨス

ではその「最強のブログ用WordPressテーマ」ですが、一番こだわった部分ってなんでしょうか?

キチ

ずばり、スマホから見たデザインです。僕の作るWordPressテーマは、完全にモバイルファースト※ で作っています。

※ モバイルファースト = スマホからの見やすさを最優先したデザインのこと

「アルバトロス」をはじめ、キチさんのテーマはすべてモバイルファーストにこだわりを持っている
「アルバトロス」をはじめ、キチさんのテーマはすべてモバイルファーストにこだわりを持っている
ヨス

なんでモバイルファーストにこだわっているんですか?

キチ

ブログだけでなくWEBサイトって今やほとんどがスマホから見られているんですよね。特に都会の方は通勤時間の電車の中で見ることが多いと思います。

ヨス

うちのブログも8割以上はスマホから見てる人ですね。

キチ

でも現存のWordPressテーマのほとんどは未だにPC主体で、スマホで見た時に微妙なんです。割と有名なWordPressテーマでもそうだったりしてビックリすることがよくあります。

ヨス

ああー、これはわたしもすっごくわかります。例えば両側からの「padding」がやたら多いとか、逆に全くないとか。

キチ

「これ絶対スマホ用のコード書いてないやろ!」ってものに出合うことがよくありますよねー。

ヨス

ぶっちゃけ、今の時代にスマホ対策できていないテーマとかありえませんね。

キチ

はい。スマホで見られることをまず考えるのが今のWEB制作なんです。

「読むこと」に集中できるデザイン

ヨス

キチさんの作ったWordPressテーマって「デザインがイイ!」ってよく言われますよね。そのこだわりは何ですか?

キチ

実は良い意味でこだわってません。いや、こだわらないことにこだわっていますね。

WordPressテーマ「ハミングバード」
WordPressテーマ「ハミングバード」
ヨス

いや何言ってるのか意味わからん(笑)!!

キチ

すんません(笑)! 僕が追求したのは「邪魔にならないデザイン」です。

ヨス

デザインがでしゃばりすぎないという意味ですか?

キチ

はい。ブログって記事文章を読むのが目的ですよね。企業サイトと違ってカッコイイと思わせるのが第一ではないんです。

ヨス

なるほど!

キチ

スマホで見た時に「このブログ読みやすい~!!」と思われたいです。

ヨス

これもすっごく共感です。私も以前、「デザイン=無意味な装飾は止めませんか?」って記事を書きましたがデザインって、目的を達成するための黒子なんですよね。

ここは本当に声を大にして言いたいのですが、
ブログに訪問してきた人の目的は情報(記事)を読むことです。

そこが快適になるようにとことん工夫しているってわけですね。

WordPressの魅力について

ヨス

そういやキチさんって、世間でWordPressすげー! WordPressすげー!って言われる前からいじっていましたね。

キチ

はい。でも実は、大昔にヨスさんが仕事で作っていたWordPressのサイトを見て存在を知ったんですよ。

ヨス

え?! マジで?! すっごい大昔ですね。

キチ

そのときからハマって、めちゃくちゃ調べて、1人でカスタマイズしまくっていました。

ヨス

あれはヘンタイでしたね。ヘンタイ的にハマってました。

キチ

そういやヨスさんに「ここカスタマイズしたんですよ! これがたいへんで!」とアツく語っても「フーン……」って反応だったのを覚えています。

ヨス

そうでしたっけ(笑)
対談に戻って……、キチさんがヘンタイ的にハマったWordPressのテーマ制作ですが、醍醐味っていったいなんですか?

キチ

うーん。なんでしょうね(笑)。いろいろありますが、その一つに更新制があるかなー。

ヨス

更新性というのは? テーマの「アップデート」のこと?

キチ

です。こう見えて僕って完璧主義なんですよ。その時その時の最高のものを提供したいと思ってますので、常に最高のものを提供できるのは嬉しいです。

ヨス

確かにキチさんは部分的に超・完璧主義かも……。WordPressは物質商品と違うからそういうことができますね。なるほど。

キチ

たとえば、SNSやお問い合わせで「こういう機能がほしい」という要望があまりに多かったものは積極的に取り入れています

ヨス

それはすばらしいですね。

キチ

アップデートで使えるようになった「ワンカラム固定ページ」なんかはそうですね! 使ってくださっている方の声から生まれました。

ヨス

買ったあとも進化する……これはユーザー側からしたら超うれしいですね。

そのほか「OPENCAGE」のWordPressテーマのスゴイところ

ヨス

ほかに「アルバトロス」「ハミングバード」「ストーク」ならではのすごいところってなんですか?

キチ

ちょっといっぱいありすぎて言えません(笑)。すごく地味だけど効果的な対応をいっぱいやっていますよ! SEO的にもユーザビリティー的にも。

ヨス

例えば?

キチ

「Not Found」のページ※ とかもブログ書いている方は存在自体気づいていないかもしれませんが、なかなか考えられたページがこっそりと存在しているんです。

※ Not Found ページ = ブログ内でリンク先ページが削除されたときや、URLを間違って打ち込んだときに出てくるページ

ヨス

そいつはスゴイ! そこまで考えられたテーマを見たことないです。

キチ

あざっす! OPENCAGEのテーマは知らないところでハイクオリティな接客をしています

ヨス

これは素晴らしい! たぶん、ソースコードを見てもらえば分かる人には分かると思いますが、細かくて面倒なSEO対策が施されてるんですね。

キチ

人気ブロガーのヨスさんにそんなふうに言われると恐縮です!!

ヨス

……(絶対に思ってないやろなw)。じゃあインタビューはこのへんで。ありがとう、今度うどんでもおごるわ(笑)!

ブログ初心者は「手放し」で任せられるWordPressテーマ

さて、インタビューをしましたが、ここからはわたしがキチさんと「キチさんの作るテーマ」について語ります。

OPENCAGEのテーマは、他のテーマでは対応していないような面倒な対策もされていたりしてて、
特にブログ初心者は手放しで任せられます

実はわたしが運営しているもう1個のブログ「英語びより」でもキチさんの作った「ストーク」を使わせてもらっています。

しかも、デザイン以外はほとんど触っていません。

英語びよりもWordPressテーマ「ストーク」を使用
もう一つのブログ「英語びより」もWordPressテーマ「ストーク」を使用

これが完全信頼というやつですね。この安心感はすさまじいです。

現在は、このブログ「ヨッセンス」でもストークを使っています。こちらはガチガチにデザインをカスタマイズしています。

キチさんは効率オタクな人

キチさんって、わたしといい勝負をするレベルの変態的な効率オタクなんです。

とにかく時間短縮とか「能率」って言葉に過剰に反応します(笑)。そのこだわりが「アルバトロス」をはじめ「ハミングバード」「ストーク」にも現れているんです。

OPENCAGEのロゴ
キチさんのサイト「OPENCAGE」のロゴ

それが「ショートコード」です。説明は面倒くさいので省きますがとにかくちょっとの作業でいろんなことができるアイデアが詰め込まれています

ブログを書く人は記事執筆に集中してほしい!
という強い気持ちの現れです。

WEBショップを運営した経験がある

それとキチさんですが、WEBショップを運営していた経験もあるんです。

その経験を活かして、ブログを使った収益化にも気を配っています。

スマホで見た時とPCで見た時で広告の位置が最適化されるような小細工もいろいろやっています。ここまで考えられたテーマって、本当にないですね。

へんもさんのところで会ってきた
へんもさんのところで会ってきた

あと、キチさん本人もブログをやっているので、ブログを書く人の気持ちが手に取るようにわかるんです。もうね、かゆいところに手が届きまくっていますよ。

わたしはWEB制作を専門でやっていた人間ですが、そのわたしが手放しで任せられるということを覚えておいてほしいです。

追記:なんかランキングで1位らしい

なんとこのWordPressテーマですが、DLmarketのWEBテンプレートカテゴリの週間ランキング、そしてなんと月間ランキングで1位になったそうです。

ランキングで1位
DLmarketのWEBテンプレートカテゴリの週間と月間の両方のランキングで1位

すげー。マジでその凄さが色んな人に伝わったからこそ、口コミで広がっていったんだと思います。

これ、作者と友達っていうの自慢できるな(笑)。

2016年11月30日追記: 月間も週間も1~3位を独占らしい

「ストーク」が出てからだいぶ経ちますが、ふとランキングを見てみると……

1位~3位を総なめ
1位~3位を総なめ

「ストーク」「ハミングバード」「アルバトロス」の3つのWordPressテーマがDLmarketのWEBテンプレートカテゴリで「月間ランキング」も「週間ランキング」も独占しているじゃないですか(笑)。

さて、今回は大人気のWordPressテーマ「アルバトロス」「ハミングバード」「ストーク」の作者こと矢野ヨシキさんにインタビューしました。

本当はこのブログでも使いたかったんですけど、私がテーマ変更したあとのタイミングだったのでできませんでした。

矢野ヨシキさんは、このわたしがこんなにも信頼を寄せている(←エラそうに言ってみた)ぐらいですからね。

まじで彼のつくったテーマを全力でプッシュしています。

買って不満があったらわたしがキャッシュバックしてもいいレベルですよ……いや、やらんけど(笑)。

ご購入は下記から行けます! まずはシンプルな「アルバトロス」。

WordPressテーマ「アルバトロス」
WordPressテーマ「アルバトロス」

WordPressテーマ「アルバトロス」

そして、アニメーションがすごいと話題になったWordPressテーマの「ハミングバード」がこのオレンジのやつ。

WordPressテーマ「ハミングバード」
WordPressテーマ「ハミングバード」

WordPressテーマ「ハミングバード」

そして3作目WordPressテーマの「ストーク」。今までの集大成のような最強テーマです。

少し高くなっていますが、これ買うともう二度とWordPressテーマを買う必要がなくなるレベルに到達しています。

WordPressテーマ「ストーク」
WordPressテーマ「ストーク」

最強のWordPressテーマ「ストーク」

ストークに関するインタビューもやっています。御覧ください♪

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい