2014年11月6日

【ブログ書き方】2年間改善してきたノウハウ! こうやってブログ書いてます。

blogger-writing-250

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

私は2年以上ブログを書き続けています。そんな私がどうやってブログを書いているか……についてまとめたいと思います。

ネタを探す

さて今回の「ブログの書き方」ですが、どうも長くなってしまいました。なので「ネタ」「文章を書く」「画像」「SEO」という風に大きく見出しを分けて紹介します。

さて、まずは「ネタ探し」です。ブログを書く上で、ネタが一番大切ですよね。ネタがないと、次の作業「執筆」に行けません(笑)。

でも幸いなことに私はネタで困ったことが一瞬もありません。思い浮かんだネタを忘れる前にEvernoteに放り込んで管理しているからです。

日常の中でふと思ったことをネタにする

最近は、日常の生活の中でふと思い浮かんだことをネタにすることが多くなってきました。トイレで、運転をしながら、子どもと遊びながら……とシチュエーションはさまざまですが。

でも思い浮かんでもすぐに忘れてしまう鳥並の脳を持ち合わせている私は気をつけなければなりません。だって2秒あったら忘れますから。なので即、Evernoteに放り込むようにしています。

Evernoteをダウンロード

1PHS → Evernote

PHS→Evernote
PHSからEvernote

私は厳密にはスマホを持っていません。ポケットWi-Fiを使っていて、それを接続しないと「iPad」や「iPod touch」は使えません。つまり、いつでも確実にネットの使える環境にはないということです。

なので、ネットが繋がらないときとか、忘れないうちにネタを殺さないために、一番手っ取り早いのがPHSのメールでEvernoteへメモを送ることです。

Evernoteに入るメルアドはEvernote[ ツール ] → [ アカウント情報 ]で確認できます! そのアドレスをPHSとか携帯に登録しておくんです。そこにメモを本文に入れて送るだけ! なお、件名に「@ノートブック名」を入れて送ると、そのノートブックの中に入れることができます。

PHSからエバーノートに入った!
PHSで送ったメールがEvernoteに入った!

2スマホ → Evernote

先ほどはネタのメモとしてPHSを使いましたが、もう少したくさんメモしたいときはiPadかiPod touchの「Fastever」というアプリを使っています。保存すると勝手にEvernoteに自動送信されて便利(設定は必要ですが)。

何よりパッと起動して、サクサク動くのが使っている理由です。

ネット上からネタを得る!

お次はネットの記事やニュースからネタを得る方法です。まぁ、みんなやっていると思うのですが、私が使っているのはこんなもの。

1Googleアラート

最近よく使っててオススメな情報収集方法は「Googleアラート」です。自分が興味のあることって偏っていますよね。なので決まりきったジャンルでホットな情報を得たい時はこれに限ります。

Googleアラート

上のリンクからGoogleアラートに行って、[ キーワードを入力 ] → [ メルアドを入力 ]をするだけ!

これで例えばキーワードで「AKB48」と入れれば、登録したメルアドに「AKB48」というキーワードを含んだ新記事(Googleに新たにインデックスされた記事)がリンク付きでメールに飛んできます。毎日。

2Gunosy(グノシー)

これはキュレーションアプリです。簡単に説明すると、自分の興味のある記事をグノシーが選別して(20個ぐらい)、毎日メールでオススメ記事を教えてくれるんです。

なので皆、メールに載っている内容が違います。私はまだ自分の記事が「私へのグノシーからのメール」に載ってるのを見たことがありません(笑)。たまに載ってるらしいんだけどねぇ。

グノシー 3分で雑談力をつける。?今日のニュースや話題のニュースが無料で読める?
無料
(2014.11.05時点)
posted with ポチレバ
【グノシー】3分で雑談力をつける まとめ読みアプリ
制作: Gunosy Inc.
価格: 無料
平均評価: 3.8(合計 18,359 件)
posted by: AndroidHTML v2.3

3SNSから

最後にSNSです。私が一番使うのはFacebookです。その次がTwitter、そしてGoogle+

ぶっちゃけSNSで知ったことから記事を書くのは極めて少ないですが、情報収集としてというか、趣味で使っているついでに情報収集になっていることが多いです。

RSSリーダーは昔はよく使っていましたが、最近は全然見ていません(笑)。

ネタのストックからインスピレーションを得て

最後にEvernoteに入れた過去のストックからインスピレーションを得る方法。実はこれが一番多いですね。ストックが200以上は常にあるので、ネタには困りませんし。

そのネタの中で「近いうちに書きたいな!」ってやつをGoogleカレンダーに予定としてガンガン入れています。もちろん予定通りに行かないことが多いです。

文章を書く

そして私がブログで文章を書くときの具体的なやり方です。文章を書くときはできるだけ考えることに集中したいです。なのでタッチタイピングもそうですが、ほかにもいろんなものを駆使して、効率よく出力できるようにしています。

表記ルールも決めておいたほうが書きやすいですよ。もちろん自分流でいいと思います!

まずは見出し → 肉付け

書きたいネタができたら、今度は文章化していくのですが、いきなり本番……ってやると、文章がまとまらなくなってしまいます。なので、見出しをまず何個か上げていって、その見出しごとに肉付けする感じですね。日記風の記事はこれで十分です。

1Evernote

で、使うツールですが、基本的にEvernoteに書いていきます。HTMLコードも一緒に記述していきます。

あと、割とその日のノリで書いているので、途中になっている記事が何個かあります。同時進行で書くものもあればボツになるものも。

下書きは主にエバーノート
下書きは主にEvernote

私の場合、アホみたいに単語登録をしていて、例えば「Evernote」だったら、「<span class="icon_evernote">Evernote</span>」を「en;」で変換したら出るように登録しています。単語登録を極めたい方(そんな人おらんかw)はこんな記事をどうぞ。

2マインドマップ

私は、ツールの使い方とかややこしめの記事を書くのも好きです。そういうのを整頓したいときは、やっぱりマインドマップに勝るものはないですね。

なので、iPadのアプリ「iMindMap HD」を愛用しています。こういうアプリはスマホの小さい画面よりタブレットですね。絶対に。

たとえば、この記事を書くにあたってまとめたマインドマップはこんな感じ。

マインドマップ
マインドマップ

小さくて見えない場合は、マインドマップを拡大したやつも置いておきますね。参考になるかわからんけど(笑)。

iMindMap HD
無料
(2014.11.05時点)
posted with ポチレバ
iMindMap
制作: ThinkBuzan
価格: 無料
平均評価: 3.5(合計 647 件)
posted by: AndroidHTML v2.3

いよいよ文章を書く(本番)

さていよいよ本番の文章です。私の場合は、Adobe Dreamweaverを使っています。とは言ってもショートカットとかは全然知りません(笑)。結局HTMLタグを手打ちしているだけです。

1Dreamweaver(ドリーム・ウィーバー)

Dreamweaver
Adobe Dreamweaverを使っています。

さっきの草案の段階ではEvernoteを使っていましたが、実は初期のころはEvernoteだけで完結していました。でもHTMLの「閉じ</div>タグ」とかの抜けがよくあって、レイアウトが崩れていることも……。なので、やっぱり投稿前の最終確認はDreamweaverとかで見たほうがいいなと思ったわけです。

Adobe Dreamweaverを使っているのは、ただ単に左右で「HTML表示」と「ブラウザ表示」が同時に見られるから。使い慣れているし。

入力作業は「PhraseExpress(MacではTextExpander)」と、先ほど出てきた「単語登録」を駆使してコーディングをスピーディーにしています。

難しめの記事の場合は、結構HTMLタグを複雑にしているのでこのツールがないと不可能です。例えば「Alt+C」だと「<kbd class="short_cut"><kbd>Alt</kbd>+<kbd>C</kbd></kbd>」っていちいち入れているんですよ(笑)。いくらコーディングが好きな私でも、こんなの手打ちしたくないです。

ここまで終わったものは、WordPressにコードをコピペして投稿します。

2するぷろ(スマホの場合)

スマホ(iPod touch)やiPadでは「するぷろ」での執筆のみ!

PCで書くときはEvernoteAdobe Dreamweaverを使いますが、モブログ(スマホでブログ更新すること)で書くときはアプリ「するぷろ」のみを使います。

最初の草案から記事投稿までのすべての過程がこのアプリ1つで完結できるんですよねー。モブログは最近始めてから1ヶ月経ってないですが、こんなにスマホで書くのが簡単なのかとビックリしましたよ。上の画像のようにiPadで横向きにすると、ブラウザ画面も同時に確認できるのが素敵です。でもフリック入力がしにくいけど。

ここでも文字やコードをスムーズに入力するために「TextExpander」を駆使します(← さっき書いた「PhraseExpress」のiOS用のやつです)。するぷろ上で併用して使えるので、こちらにいっぱいコードとかを登録しています。

あと、モブログをやってみたい方は絶対にフリック入力を練習することをオススメします! 詳しくはこちらの記事を!

するぷろ for iOS (WordPress & Movable Type & ライブドアブログ & FC2ブログエディタ)
500円
(2014.11.05時点)
posted with ポチレバ

ブログに画像を載せる

私は記事によっては全く画像を使いません。画像を使うと重くなるし、絶対に使わなければいけないとは思っていないです。

その画像を入れることで、理解が深まるとか、瞬間認識率が格段に上がる場合は無理してでも入れています。コンセプトと関係ないような無意味な写真は入れたくないので、それなら使わない方がいいと思っています。

私がブログで使う画像は大きく分けると「写真」か「スクリーンショット」か「イラスト」のどれかです(まぁ誰でもそうかw)。

画像を記事内に入れる時は、以前はFlickr(フリッカー)を使っていましたが、やめました。直接決めた場所にFFFTPを使ってアップロードして、用意した下画像のようなテキストデータ本物はコチラ)を開きます。

一括変換
「◆」を一括変換

で、「◆」の伏せ字部分を、記事のパーマリンクの名前で一括変換します。この記事で言うと「blogger-writing」ですね。なので画像名は全部「パーマリンク名-連番」でいっています。

パーマリンクってこれね。
パーマリンクってこれね。

あと、サムネイル画像は必ず入れます(これは必須だと思いますので)。よく画像の上に文字を入れてるのですが、文字を入れた方が右脳にも左脳にも訴えて瞬間認識度がアップすると思うからです。

写真画像を使うとき

写真画像は、モブログのとき以外は基本的にAdobe Photoshopで加工します。加工と言ってもトリミングと色補正が主です。ほとんどが下記記事に書いているレベルですよー。

1デジタル一眼レフで撮影

一眼レフ
デジタル一眼レフ

私は写真が趣味の1つで、一眼レフを大抵持ち歩いています。使っているレンズは広角から望遠まで使えるタムロンの「B008E」です。

2スマホで撮影

一眼レフ以外にスマホ(iPod touch)で撮影することもあります。主にモブログのとき用ですが。あと動画を撮るガジェットがiPod touchとiPadだけなので、動画のときも。

使っているアプリは「Camera+」です。モブログでは基本は加工無しでいきますが、iPod touchだけで加工までやりたいときも「Camera+」内でやっています。このアプリのオートは賢くて、「焦点」と「露出」を別々の場所から選べます。加工も正方形へのトリミングもできるし、いろいろ出来ますので便利です。

Camera+
300円
(2014.11.05時点)
posted with ポチレバ

3無料画像を使う

私の場合、あんまり無料画像(素材サイト)は使いません。

オリジナリティーがなくなって、ほかのブログでも使われている写真を使うと「またか……」って思われてしまいますから(笑)。

ただ、使う時はよく使われる無料画像だと分からないように一部分のみを使うとか、加工をするなどをしています。

よく使うのはこちらの2つの無料素材サイトです。

こちらにブログで画像を使う方法をまとめていますのでご参考に。

スクリーンショット

ライフハック系の記事では、アホみたいにスクリーンショットを使います。

私の場合、矢印とかカーソルも撮りたいのでPC(Windows)では「SnapCrab」というツールを使っています。

スクリーンショットには矢印を入れたり、半透明にしたり、文字を入れたりしてなるべくわかりやすくしています。そのときもAdobe Photoshopを使っています。

今は使ってないのですが、「 Jing」というツールもオススメです。

ブラウザ(Google Chrome)でしか使わない場合は、Awesome Screenshotという拡張機能がオススメです。WEBの仕事で手直しの依頼をするときにはこちらで十分すぎます。

イラスト

記事にイラストを使う
記事にイラストを使う

私はイラストを描くので、ときどき記事内でも使います。小難しい話題のときにちょっと和らげたいときに使ったりします(笑)。

イラストはiPadのみで描くことが多いです。詳しくは下記記事にて!

iPadで描いた画像は、クラウドDropboxで同期させてPCに入れたりしています。

自分で描けないわーって方はこちらの無料素材サイト「ぴよたそ」がオススメです。私も素材提供していますが、可愛い中で浮いているので探さないで下さい(笑)。

ブログ記事を書いたあとにSEOを考慮

ブログ記事を書いたあとはSEOのこともちょっとだけ考えます。とは言っても以下の3点だけです!

タイトルとか

本文をWordPressで埋めたあと、以下の部分も考えて埋めています。

1title

SEOで最も大切な要素である「<title>タグ」です。これは基本的にはブログの記事名とイコールです。ここはGoogleキーワードプランナーというツールでしっかりと考えてキーワードを選びます。どうせなら検索される言葉を使いたいですもんね。

そう。私は記事タイトルは最後につけます

あ、それと、連載記事の場合はワザと「記事名(記事内で見えるタイトル)」と「title(Googleで検索されたときに出るタイトル)」を変えています。例えばこちらのGoogle Chromeの記事とか。シリーズなので連番が目立った方がわかりやすいかなと。これはWordPressの場合、All in One SEO Packというプラグインで可能です。

2description

私は「<description>」も必ず、毎回考えていれています。ほらGoogleで検索したときにこうやって出てくる文章ですね。

検索結果ページ
Googleで検索した結果ページに出てくるこの部分の文章が「description」です。

これをちゃんと書いておくとクリック率が変わってきます。つまり内容がしっかりしていることがここでアピールできれば多少順位が下でも訪問数が増えるんですね。

でも入れるのをよく忘れるので、私はサムネイルで出てくる文章にこの「description」が出るようにしています。そしたら、入れ忘れていたら、この部分が空白になるので気づけます。それだけでなく、検索結果で出てくるこのページの要約文章って、ブログ内で出てくる要約文章と全く役目が同じだから使い回しした方がいいんですね。

3パーマリンク

ときどきURLが日本語のままのサイトってありませんか? これ、私的にはすごく気になるんです。

昔はアルファベットの方がよいとされていましたが、最近はそこまで問題はないと言われています。SEO的には。

でも、日本語はすべてコードに変換されてしまうため、すっごく長くなってしまいます。

例えば……

http://yossense.com/このブログについて/

というURLにしていると、Twitterとかでシェアされた時なんかにこんな風な暗号に置き換えられます。

http://yossense.com/%E3%81%93%E3%81%AE%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

なんかいらっときますよね。アルファベットならそのままなので、私はアルファベットにすべて手作業で変更しています。「about-this-blog」のように。ちなみにここではアンダースコアを使った「about_this_blog」より、ハイフンの「about-this-blog」の方がSEO的に良いそうです。

パーマリンクをアルファベットで指定
パーマリンクをアルファベットで指定

4タグは使わない

私は「タグ」は一切使っていません。「カテゴリ」だけで十分だと思うので。

だって、下手に作りすぎると、スカスカの低品質ページが出来上がりますよね? だからといって、低品質ページに「<meta name="robots" content="noindex,follow" >」を付けるという発想が私は理解できないんです。それやったら「低品質ページを作るのをやめたらええやん!」って思うわけです。

なので、私は「カテゴリ」のみで、「タグ」は一切使っていません。その代わり、記事によっては複数のカテゴリに登録しています。

校正をしっかりと

私はしっかりと文章の校正(誤字脱字などのミスがないかのチェック)をやります。

理由は、誤字脱字が多いと、記事自体の品質が疑われるからです。せっかく良い記事が書けても、ちょっとしたミスのせいで信頼性が落ちてしまうのはもったいないですよー。まぁ、それでもあるとは思うんですけど。

何度も校正をするときに、文章の流れ、わかりやすさも確認しているので、校正にすっごく時間をかけていると思いますw。記事によるけど、最低10回は見ているかな?

あと、SEO的にも誤字脱字はよくないと言われていますので!

内部リンク

最後に記事のUPが終わった後の作業です。関連記事として、過去の記事からリンクを貼る作業で、これはユーザビリティーの向上(「もっと関連する記事を見たい!」に応えられる)にも良いですし、こちらとしては回遊率が上がるため、PVも増えるということになります。

内部リンクを貼ることは検索順位を上げるためにも良いですし。詳しくはこちらの記事を!

あと、関連記事を載せるときに私が使っているGetTabInfo(この上下にある別記事へのリンクを作るGoogle Chromeの拡張機能)は、最強すぎるので要チェックです。

追記: ブックマークレット

記事を書くのに忘れてはならないのがブックマークレットです。これを書くのを忘れていました(笑)。特にカエレバ・ヨメレバ・ポチレバは私にとって一番よく使っているブックマークレットです。

さて、今回は私の2年間ブログをやってきて改善を繰り返して行き着いたやり方です。もちろんまだまだ改善の余地はあると思いますが。

ちなみにこの記事を書くのに構想から記事投稿までに6時間半ほどかかりました。まぁ、内容を詰め込み過ぎかもしれませんが、これだけ書いていれば1個ぐらいは役に立つ情報はあるんじゃないかと思っています!

現在、私の運営するオンラインサロンでは、メンバーを募集しております! ブログのアクセスを増やしたい方、下記からどうぞ!

ヨッセンスクール

こんなネタもオススメかも!

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!