「イクメンですね!」と言われるのが嫌いな理由(子育てする父→当たり前)

ノマド的節約術

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

わたしは基本的に家にずっといます。

何をしているのかというと、ブログを書いて生活しています。

ゆえに、子どもの面倒を見るのは当たり前で、家事育児もわたしの仕事の一部なんですよね。

そうなると言われるのが……

誰かさん

イクメンですね!

……という言葉。わたしは「イクメンと呼ばれるのが嫌い」です。

今回は、わたしがイクメンと呼ばれることに違和感を持っていることについてです。

イクメンってなに?

「イクメン」っていう言葉が聞かれ始めたのは2010年ぐらいからです。

「イケてるMEN(男たち)」を「イケメン」呼ぶのですが、その言葉をもじって「イクメン(育児するMEN)」というわけです。

イクメンとは?
「イケメン(イケてるMEN(男たち)」をもじって作られた「育児する男性」を指す言葉

元々は児休業基本給付金を利用して「育児休業」を取る男性を「おおー! スゲー! 進んでるぅ~」って感じで使い始められたと思います。

ヨス

ぶっちゃけ、このくらいで「スゲー」なんて終わってますけど。

ネーミングを聞いて、結構上手く考えるもんだなぁと感心する反面、聞く度に「ふぅ……やれやれ……」と思ってしまいます。

わたしみたいに育児にどっぷりと関わっていると時々言われるんですよ。

まだまだ育児は女性の仕事

結局のところ「育児する男」をいちいち特別視してカテゴライズしないといけないほど、まだまだ育児をする男性は少ないということですね。

逆を言うと、まだまだ家事育児は女性が軸となってやるべきものという考えが根強いということです。

以前紹介した「ママー! ネクタイがないよー?」のイタい動画でも、一生懸命家事をしているのは妻です。

共働きなのに、夫は自分のことだけやっててネクタイがなければ「ママー! ネクタイがないよー」ですよ。……アホか!

そもそも、育児をする女性を「イクジョ(育女)」なんて呼びませんよね?

育児をするのは女性が当たり前だと思われているから、あえて呼ぶ必要がないということです。

ヨス

茶色いクマを「茶クマ」と呼ばないように。

「愛妻弁当」っていう言葉も同じですよね。

わたしが弁当を職場に持って行くとやたら「愛妻弁当ですか?」と聞かれてましたが、 弁当を作るのは女性の仕事という共通認識があるからこそですよね。

だって女性が弁当を持っていても「愛夫弁当?」なんて聞かれないもの。

女性の「育児」と区別する危険性

あと、「イクメン」と言う言葉に違和感を感じる理由は「育児なんて性別関係なくするもんだから、いちいち特別視すんな!」です。

家事育児をやっているにことに性別って関係ないですよね?

「イクメン」という表現は「女医」とか「女流棋士」などの表現と同じです。やっていることは同じなのに区別する意味がありません。

性別によるタグ付けは、まるで「性別によって違うように振る舞わないといけない」ようにも見えます。

「イクメン」は、なんかパワフルで荒々しい育児せなアカンのか?

……です。

「イクメン」は褒めて言っている?

こういうことを言うと、「いや、イクメンってすごいから褒めているのに!」という意見もあるでしょう。

でも、「褒めているから何を言っても良い」と言っていたらどんな差別も偏見も許容しろよと言っているのと同じです。

「細いね」「目が大きいね」も人によっては言われたくない言葉だし、「女性がいると華やかだ」という言葉は「女性は華やかであるべき」という足かせを作っています。

「褒めているから何を言っても良い」は単なる価値観の押し付けということは最低限知っておいてください。

政府の「イクメンプロジェクト」

そういや「イクメンプロジェクト」ってサイトありますね。政府がやっているんですか、確か。

恐らく、普通に子育てをしている男性が見ると、アホくさ!って思うようなページですが、やろうと思っていることは解りますよ。

イクメンがもっと多くなれば、妻である女性の生き方が、 子どもたちの可能性が、家族のあり方が大きく変わっていくはず。

育てる男が、家族を変える。社会が動く。イクメンプロジェクトより引用しました。

確かに育児をする男性が増えることは良いと思います。でもこれって個人でなんとかなるんでしょうか?

わたしみたいな仕事の人の場合は、そら、なんぼでも育児に関われるでしょう。

ところが、政府のサイトにはこんなことが書かれていました。

今、育児にもっと関わりたいという男性が多くなっています。 また、制度改正により男性も育児休業が取りやすくなりました。 このような環境づくりに、社会全体で、より積極的に 取り組んでいくため、プロジェクトを推進していきます。

育てる男が、家族を変える。社会が動く。イクメンプロジェクトより引用しました。

まじで!?

ここんとこ日本にずっと住んでいたけど、男性が育児休業を取ったという人の話はほぼ聞いたこと無いんですけど……。

ホントに、こういう上っ面だけの政策では日本の出生率は上がりませんよ……。

育児をしない男を、父とは呼ばない

「イクメンプロジェクト」に対して、20年ほど前に「育児をしない男を、父とは呼ばない。」という厚生労働省のポスターが話題になりました。

「育児をしない男を、父とは呼ばない。」のポスター
出典: 厚生労働省公式サイト

まぁ、安室奈美恵さんの元夫の方が出ていたからなんですけど。

「イクメンプロジェクト」とは違って、このキャッチコピーはすごく良いですよね。

だって、「育児をする人」だけが「父親」っていう意味ですよね。

こういう公式が成り立ちます。

  • 育児をしない人 ≠ 父親
  • 育児をする人 = 父親

そう。育児をする人は特別な人じゃありません。
育児をする人はただの「父親」なんですよ。

「すごい! イクメンだ!」と称えるようなものではありません

つまり、育児をする人のことを「イクメン」と呼んで特別扱いしているのでは、いつになっても日本の父親たちがフツーに育児をするようにはなりません。

いつまでたっても主体性がなく、女性がやる育児の「補助」止まりです。

ヨス

このキャッチコピーを見ると、今の日本は後退しているとしか言えませんよね。

育児休暇も問題だが「残業」の方が問題

政府のページには「育児休暇が取りやすくなった」と書いていますが、大企業とか外資系企業だけの話でしょうか?

中小企業で「育児休暇取ります!」と言って「おう! 育児を経験することは仕事にも新しい視点が持ち込まれて良いことだからな! 楽しんでこい!」のように言う上司がそんなにいるとは思えません。

……ってか想像できない。

そもそもですが、育児休暇で1週間そこらの休暇を取れるようになるよりも気の狂ったような残業量を半分にでも減らすのが大事です。

みんな一度体験したらいいと思いますよ。高熱でむちゃくちゃ機嫌の悪い3歳児を高熱でもうろうとしながらあやす経験とか。

育児は1人でやるのと2人でやるのとでは、大変さが倍違うってことに、みんな気づいて下さいね。1×2=2です

さて、今回はよく聞く「イクメン」という言葉に対してわたしの考えを書きました。

やはりPTAとかで学校によく顔を出していると、「イクメンですね」と言われることがあるんです。

もちろんみんな、悪意なく言っているので、それに対して噛みつくことはないですが、疲れるんですよね。

ただ、なんて返したらいいのか分かりません。訳すと「育児をよくしますね~」ということですよね。

返事は「はい」が適切なんでしょうか? 謎です。

いろんな会社で残業が減って、家に帰るのが早くなった男性が、育児を普通にする時代になればこんな妙な単語はなくなるんだろうなと思っています。

そして、早く「イクメン」なんて言葉がなくなることを祈っています。

パートナー

この記事、おもしろかったわ。ほかに似た記事ないん?

ヨス

あ、わかりづらーてごめんな。「性差別・ジェンダーのカテゴリ」にあるきん、そっち見てや。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい