ERGO-M575の設定方法は? オススメのボタン割り当ても紹介

「ERGO-M575」のカスタマイズ

ご注意ください

MX-ERGOの設定方法はこちらをご覧ください。

こんにちは! 効率化オタクのヨス(プロフィールはこちら)です。

わたしが愛してやまないロジクールのトラックボールマウス「ERGO-M575」には拡張ボタンがあります。

拡張ボタンを拡大
ERGO-M575の拡張ボタン

そして、これらのボタンに「好きなショートカット」を設定できるのです。

はっきり言ってこの設定をしないと、本マウスの魅力が半減するといっても過言ではありません。

というわけで、ロジクール公式のドライバ「Logicool Options+」を使ってERGO-M575のボタン設定をカスタマイズする方法を紹介します。

わたしがWindowsとMacでやっているオススメ設定も紹介しますね!

ERGO-M575の拡張ボタンとは?

では、最初にERGO-M575の拡張ボタンについて簡単に説明しますね。

カスタマイズできるボタンは3つ

このERGO-M575で、設定をカスタマイズできるボタンは3つあります。

2つの「拡張ボタン」

まずは、ふつうのマウスにはない2つの「拡張ボタン」

2つのボタン(拡張ボタン1・拡張ボタン2)
2つのボタン(拡張ボタン1・拡張ボタン2)

この2つの「拡張ボタン」に好きなショートカットを割り当てて、カスタマイズできます。

マウスホイールのクリック

さらに、拡張ボタンだけでなく、マウスホイールをクリックしたときの役割も設定できます。

マウスホイール
マウスホイール

設定するにはLogicool Options+というロジクール公式のドライバを使います(後述しています)。

拡張ボタンにオススメの設定

では、具体的にどのボタンにどういう設定をすればいいのでしょうか?

オススメの設定というよりも「どういう機能を割り当てればいいか?」という考え方を紹介します。

拡張ボタン1・2

まずは2つの拡張ボタン。ここにはどういう機能を割り当てればいいのでしょうか?

拡張ボタンを拡大
ERGO-M575の拡張ボタン

拡張ボタンの性質をまとめると次のようになります。

拡張ボタンの性質

  • 人差し指で押しやすい
  • 2つのボタンがある
  • 「拡張ボタン2」のほうが近いので押しやすい
  • ボタンの返りもいいので「連打」もしやすい

この中でもポイントなのは2つのボタンがあることでしょう。

2つが同じ場所にあるため、設定する機能は次のように対になっているものセットになっている役目がオススメです。

対になっている・セットになっている役目
大きく / 小さく
  • 音量を大きく・小さく
  • 画面を明るく・暗く
  • ウィンドウを大きく・小さく
  • 拡大・縮小
左へ / 右へ
  • 左・右のタブへ移動
  • カーソルを左端・右端へ移動
  • 左・右のデスクトップを表示
進む / 戻る
  • ネット閲覧で戻る・進む
  • 前の曲・次の曲を聞く
アクション / キャンセル
  • 元に戻す・やり直し
  • コピー・切り取り
  • 新しいタブを開く・タブを閉じる
  • すべてを選択・選択解除
アクション1 / アクション1の次にやる行動
  • コピー・貼り付け

この中でも自分にとって頻度が高いものを設定すると、使うたびに効率化が図れるようになります。

逆に、使う頻度の低いものを設定するのはもったいないです!

「拡張ボタン1」よりも「拡張ボタン2」のほうが近くて押しやすいので、「拡張ボタン2」のほうに頻度の高いものを設定するといいでしょう。

「拡張ボタン2」のほうが近い
「拡張ボタン2」のほうが近い

わたしの場合は、「拡張ボタン1左のタブへ移動」、「拡張ボタン2右のタブに移動」を設定していますよ(後述しています)。

マウスホイールのクリック

続いて「マウスホイールをクリックしたときの動作」には、なにを設定すればいいでしょうか?

マウスを逆から見る
マウスを逆から見る

マウスホイールのクリックは連打にはあまり向いていないので、連打する必要のない役割がオススメです。

最初からブラウザの「新規タブで開く」になっているので、そのままにしておくのもいいでしょう。

個人的には後述する「ジェスチャー」をゴリ押しです!

ERGO-M575の拡張ボタンでできること

では、上で見たERGO-M575の3種類のボタンにどんな機能を設定できるのかをWindowsとMacの両方で紹介します。

分けていますが、できることはWindowsもMacもほぼ同じです。名称などが違うぐらい。

【Windowsの場合】設定できる機能

では、ERGO-M575の拡張ボタンとして設定できる機能を全部紹介しますね。

まずはWindowsの場合です。

オススメのものを赤字にしています。

【Windowsの場合】設定できる機能
何もしない 動作を与えない。
このPC エクスプローラーを開く。
アクションセンター アクションセンターを開きます。
アプリケーションを切り替える AltTabの効果
アプリケーションを開く 好きなアプリを開くことができます。これは便利です。
ウィンドウを最小化/最大化 開いているアプリやウィンドウを最小化/最大化します。
ウィンドウを閉じる ウィンドウを閉じてくれます(CtrlWの効果)。
キーボードショートカット ショートカットを設定できます。たとえばCtrlCのような。わたしの一番のオススメです。
ジェスチャー ジェスチャーを起動させるボタンにできます(後述しています)。
コピー CtrlCの効果。
切り取り CtrlXの効果。
元に戻す CtrlZの効果。
やり直し CtrlYの効果
貼り付け CtrlVの効果。
スピーカーのミュート/ミュート解除 音量をミュート(無音)にできます。もう一度クリックすると戻ります。
ディクテーション 音声入力ができますが、現在(2022年11月)のところ日本語には対応していません。
デスクトップを表示/非表示 デスクトップを表示します(WindowsDの効果)。
タスクビュー タスクビューに切り替わります。この画面で複数のデスクトップを追加できます。
デスクトップ(左/右) 複数のデスクトップを設定した場合、左側、もしくは右側にあるデスクトップを表示します(WindowsCtrl/の効果)。
ファイルを開く 設定した特定のファイルを開けます。
フォルダを開く 設定した特定のフォルダを開くことができます。これは便利。
ミドルボタン マウスの中央ボタン(ホイール)のクリックと同じ役目になります。つまり、ブラウザでは「リンク先の新規ウィンドウを開く」……のような効果ですね。
入力言語 IME(日本語入力ソフト)を変更できます。
次へ/前へ 音楽などを聞いているときに次の曲、前の曲に行きます。
戻る/進む ブラウザなどで1つ前の画面に戻る/進む。「進む」は「戻る」を押して戻ったのをやめてもう一回さっき見ていた画面に戻ります。
拡大/縮小 ブラウザや写真を見ているときに拡大/縮小します。
新しいブラウザタブ ブラウザで新しい「タブ」を開いてくれます。メモ帳などでも新規タブが開きます(CtrlTの効果)。
画面のキャプチャ スクリーンショットを撮影しクリップボードに保存します。
画面の切り取り 選択した範囲をスクリーンショット撮影しクリップボードに保存します。
絵文字 設定した特定の絵文字を入力できます。
絵文字メニュー 絵文字のメニューが出現します。
輝度を上げる/下げる 画面の明るさを上げます/下げます。
電卓 電卓を起動させます。
音量を上げる/下げる 音量を上げます/下げます。
ポインタ速度を変更 マウスで動かせる「ポインタ(矢印)」のスピードを2つ設定して、それを切り替えられるようになります。
再生/一時停止 音楽の再生、一時停止ボタンです。
精密モード マウスのスピードをゆっくりにする精密モードへの切り替えができる。「ポインタ速度を変更」との違いはわかりません。
高度なクリック(クリック) クリックを設定できます。たとえば「ダブルクリック」を設定すると、1回クリックするだけでダブルクリックの効果になります(ファイルを開くときに便利)。
  • クリック
  • ダブルクリック
  • トリプルクリック
  • 右クリック
  • ミドルクリック
高度なクリック(モディファイア) 「モディファイア」という言葉が難しいですが、要はこちらのボタンの役目にできます。
  • Shift
  • Ctrl
  • Alt
  • Win
ただし「高度なクリック」の「クリック」と組み合わせてはじめて効果が現れます。たとえば「クリック+Ctrl」をボタンに設定すると、WEBサイトを見ているときにリンクする箇所上でボタンを押すことで、新規ウィンドウで開くなど。

ものすごい量ですが「ジェスチャー」と「キーボードショートカットをゴリ押しします

後述しますが、ジャスチャーはとりあえず使いましょう!

【Macの場合】設定できる機能

では、今度はMacでERGO-M575の拡張ボタンとして設定できる機能を全部紹介します。

オススメのものを赤字にしています。

【Macの場合】設定できる機能
何もしない 動作を与えない。
デスクトップ(左/右) Macでは複数のデスクトップを設定できます。その1つとなりの「左側、もしくは右側にあるデスクトップ」を表示します(Ctrl/の効果)。
左/右スクロール 横長い画面などで左・右へ水平スクロールさせます。
LaunchpadLaunchpad(アプリの一覧)を表示させます。
Mission ControlMission Control(開いているウィンドウやアプリの一覧)を表示させます。
デスクトップを表示/非表示 デスクトップを表示します(F11の効果)。
新しいブラウザタブ ブラウザで新しい「タブ」を開いてくれます。メモ帳などでも新規タブが開きます(CommandTの効果)。
アプリケーションExposé今使っているアプリケーション内で開いているウィンドウを一覧で見ることができます(Ctrlの効果)。
アプリケーションを開く好きなアプリを開くことができます。これは便利です。
フォルダを開く 設定した特定のフォルダを開くことができます。これは便利。
ファイルを開く 設定した特定のファイルを開けます。
キーボードショートカットショートカットを設定できます。たとえばCommandCのような。わたしの一番のオススメです。
ジェスチャージェスチャーを起動させるボタンにできます(後述しています)。
スマートズームブラウザや写真を見ているときにズームします。
スピーカーのミュート/ミュート解除音量をミュート(無音)にできます。もう一度クリックすると戻ります。
ミドルボタンマウスの中央ボタン(ホイール)のクリックと同じ役目になります。つまり、ブラウザでは「リンク先の新規ウィンドウを開く」……のような効果ですね。
再生/一時停止音楽の再生、一時停止ボタンです。
次へ/前へ音楽などを聞いているときに次の曲、前の曲に行きます。
ウィンドウを閉じるウィンドウを閉じてくれます(CommandWの効果)。
ウィンドウを最小化/最大化開いているアプリやウィンドウを最小化/最大化します。
画面のキャプチャスクリーンショットを撮影します。
輝度を上げる/下げる画面の明るさを上げます/下げます。
戻る/進むブラウザなどで1つ前の画面に戻る/進む。「進む」は「戻る」を押して戻ったのをやめてもう一回さっき見ていた画面に戻ります。
電卓電卓を起動させます。
音量を上げる/下げる音量を上げます/下げます。
おやすみモード「おやすみモード」をON/OFFにします。
アプリケーションを切り替えるCommandTabの効果。
コピーCommandCの効果。
貼り付けCommandVの効果。
切り取りCommandXの効果。
元に戻すCommandZの効果。
やり直しCommandShiftZの効果。
スマートズーム ブラウザで「スマートズーム」をしてくれます。
ディクテーション 音声入力がはじまります。
ポインタ速度を変更 マウスで動かせる「ポインタ(矢印)」のスピードを2つ設定して、それを切り替えられるようになります。
精密モードマウスのスピードをゆっくりにする精密モードへの切り替えができる。「ポインタ速度を変更」との違いはわかりません。
入力言語IME(日本語入力ソフト)を変更できます。
絵文字 設定した特定の絵文字を入力できます。
絵文字メニュー 絵文字のメニューが出現します。
高度なクリック(クリック) クリックを設定できます。たとえば「ダブルクリック」を設定すると、1回クリックするだけでダブルクリックの効果になります(ファイルを開くときに便利)。
  • クリック
  • ダブルクリック
  • トリプルクリック
  • 右クリック
  • ミドルクリック
高度なクリック(モディファイア) 「モディファイア」という言葉が難しいですが、要はこちらのボタンの役目にできます。
  • Shift
  • Cmd
  • Opt
  • Ctrl
ただし「高度なクリック」の「クリック」と組み合わせてはじめて効果が現れます。たとえば「クリック+Cmd(コマンド)」をボタンに設定すると、WEBサイトを見ているときにリンクする箇所上でボタンを押すことで、新規ウィンドウで開くなど。

ちなみに汎用性が高いのは、自分で好きなショートカットを登録できるキーボードショートカットです。

次項で紹介している「ジェスチャー」と組み合わせるのがオススメですよ。

「ジェスチャー」とは?

上で紹介した役割の中でも神的にオススメなのが「ジェスチャー」です。

では「ジェスチャー」とは何でしょうか?

ややこしいので、順を追って紹介しますね。

ジェスチャーの仕組み

まずは、ジェスチャーの仕組みについて説明しましょう。

「ジェスチャー」とは、「拡張ボタン」とマウスの上・下・左・右の動きを組み合わせて、ショートカットなどを起動させる仕組みです。

ジェスチャーの設定
ジェスチャーの設定

たとえば、マウスホイール(中央ボタン)のクリックを「ジェスチャー」に指定したとしましょう。

マウスホイールが回しやすい、押しやすい
マウスホイール(中央ボタン)

すると、マウスホイールをクリックしたときとは別に「マウスホイールを押したままマウスを上に動かす」という動作にも設定ができます。

たとえば、マウスホイールを押さえたままマウスを上に動かすことでCtrlC(コピー)を作動させたりできるのです!

上下左右それぞれに別の動作を設定できる

そしてLogicool Options+のすごいところは、上下左右それぞれにショートカットを設定できること。

たとえばこんな登録もできます。

マウスの動き 設定例
CtrlC
(コピー)
CtrlV
(ペースト)
CtrlX
(切り取り)
CtrlA
(すべてを選択)

しかも、マウスホイールを押しただけのショートカットも生きているので、1つのボタンに5つの役目を設定できるということ!

最大15種類のショートカットを設定できる!

トラックボール「ERGO-M575」の場合、この「ジェスチャー」を3種類のそれぞれのキーに設定できます。

つまり、最大で15種類のショートカットが設定できるのです。

内訳は次のとおりです。

ショートカットの数

3種類のボタン
× 5つのショートカット
15種類のショートカット

ジェスチャーの設定方法は後述しています。

効率オタクのやっている設定例

では、例として効率オタクのわたしがやっている設定を紹介しますね。参考になればうれしいです。

ただし、こちらの点には注意です。

注意点

  • マウスジェスチャーも駆使しているわたしの設定です
  • 水平スクロール機能はわたしは使いません(エクセルをほぼ使わない)

ヨスがやっているボタンのカスタマイズ例

まずは各ボタンへのわたしがやっているカスタマイズの例です。

どれも、WindowsとMacの両方で共通のショートカットですよ。

ヨスがやっている設定
1拡張ボタン1 キーボードショートカット
CtrlShiftTab
左のタブへ移動
2拡張ボタン2 キーボードショートカット
CtrlTab
右のタブへ移動
3マウスホイールをクリック ミドルボタン
ブラウザでクリックしたリンク先を新規タブで開く

厳密には「ジェスチャー」を設定し、クリックした動作に上記を割り当てています。

なぜこれらを設定しているのかも簡単に解説しますね。

「拡張ボタン1」と「拡張ボタン2」

「拡張ボタン1」と「拡張ボタン2」には「タブ移動」のショートカットを割り当てています。

タブ移動とは次のような動作のことですね。

タブの移動
タブの移動もTabキー。

この動作が地味に面倒なのです……。この設定をすれば、ブラウザのタブ移動では感動的に便利ですよ。

マウスホイールのクリック

マウスホイールのクリックは通常どおりです。

ブラウザ上で、リンクテキストの上でマウスホイールを押すと「新規タブ」で開く設定ですよ。

ヨスがやっているジェスチャー設定例

続いて、わたしのジェスチャー設定も紹介しますね。

【拡張ボタン1】ヨスがやっているジェスチャー設定例

「拡張ボタン1」のジェスチャーはアプリケーションが開く設定にしています。

拡張ボタン1
1 アプリケーションを開く
2 アプリケーションを開く
3 アプリケーションを開く
4 アプリケーションを開く

すでにこれらのアプリを開いている場合、アプリ間を行き来するのに便利なんです。

具体的には、わたしがよく使う「Google Chrome」、Adobe Illustratorメモ帳Evernoteを設定していますよ。

【拡張ボタン2】ヨスがやっているジェスチャー設定例

手元に近い「拡張ボタン2」にはパソコンの基本動作を割り当てています。

拡張ボタン2
1 コピー
2 貼り付け
3 切り取り
4 【Windows】キーボードショートカット
CtrlA
すべて選択
【Mac】キーボードショートカット
CommandA
すべて選択

とはいえ、ほとんど使っていませんが(笑)。

左手でひじをついて、マウスだけを触っているときに使えたらいいかなーと思って設定しています。

【マウスホイールをクリック】ヨスがやっているジェスチャー設定例

最後に、マウスホイールに設定しているジェスチャーを紹介します。

マウスホイールをクリック
1 【Windows】タスクビュー
【Mac】Mission control
2 デスクトップを表示/非表示
3 【Windows】キーボードショートカット
ShiftHome
キャレット(カーソル)より左の文字をすべて選択
【Mac】キーボードショートカット
CommandShift
キャレット(カーソル)より左の文字をすべて選択
4 【Windows】キーボードショートカット
ShiftEnd
キャレット(カーソル)より右の文字をすべて選択
【Mac】キーボードショートカット
CommandShift
キャレット(カーソル)より右の文字をすべて選択

わたしは文章の執筆が主なので、左右のジェスチャーは「文字の選択」に割り当てています。

こちらのようなことが一瞬でできるということです。

端っこから端っこまでを一気に選択
端っこから端っこまでを一気に選択

文字を入力しているときにコピペを多用する場合、「入力している行」を一瞬で選択できると便利なんですよね。

詳しくは文章を入力するときは「Home」「End」キーをフル活用しようをご覧ください。

ERGO-M575のカスタマイズ方法

最後に「Logicool Options+」を使ったERGO-M575のカスタマイズ方法を紹介しますね。

アプリ「Logicool Options+」を起動させる

公式のドライバ(アプリ)は「Logicool Options+」です。

これを起動させるために、次のようなアイコンをクリックして開きましょう。

アプリ「Logicool Options+」
アプリ「Logicool Options+

このアプリをダウンロードしていない場合は、以下の公式ページからどうぞ。

ダウンロードページ

【参考】トラックボールを登録する

通常はLogicool Options+をインストールすれば自動で追加されます。もし、されている場合はここを飛ばして次項へ行ってください

アプリが開いたら、今度は自分の持っているトラックボールを登録しましょう。

「+デバイスの追加」をクリック

画面右上にある「+デバイスの追加」をクリックします。

「+デバイスの追加」をクリック
「+デバイスの追加」をクリック

自分の持っているトラックボールを選択

すると、次の4つの選択肢を選ぶ画面になります。

4つの選択肢

  1. Logi Bolt レシーバー
  2. Logi Unifying レシーバー
  3. Logi USB レシーバー
  4. Bluetooth

この中から自分がトラックボールをパソコンに繋いでいるものを選び、トラックボールの品名を選択しましょう。

これで、持参しているトラックボールがLogicool Options+のアプリ内に追加されました。

どのアプリを使っているときの設定をするのかを選ぶ

前項で登録した商品(トラックボール「ERGO-M575」)の写真が、画面の真ん中に出てきます。

次は「どのアプリを使っているときの設定をするのか?」を選択します。

トラックボールをクリック

登録した「トラックボール」の画像をクリックしましょう。

アプリを開いた画面
アプリを開いた画面

上の画像の場合、右側のマウスが「ERGO-M575」ですよ。

わたしの場合、2つのマウスが表示されてますが、通常は1つしか表示されてません。

どのアプリでの設定なのかを選ぶ

続いて「どのアプリで使っているときの設定をするのか?」を選びます。

Logicool Options+は、アプリごとに設定を変えられるんです!

ウィンドウの右上に、次の画像のような部分があるので、ここでどのアプリの設定をするのかをアイコンをクリックして選びましょう

どのアプリの設定かを選ぶ
どのアプリの設定かを選ぶ

左端にあるアイコンは、全アプリ共通の設定です。通常はこれを選択しておけばいいでしょう。

なお「EXCEL」を使っているときはこの設定、「Adobe Illustrator」を使っているときはこの設定……のようにしたいときは、右端の「+」マークを押してアプリを追加します。

ボタンの役割を選ぶ

そして、ボタンの役割を選びます。

画面上にあるボタンの上でクリック

では設定したいボタンを選びましょう。

次のような画面になっているはずなので、設定したいボタンの上をクリックします。

アプリ「Logicool Options」の設定画面
設定したいボタンを選ぶ

たとえば、マウスの中央ボタンの設定をしたいときは下記画像の部分をクリックします。

マウスの真ん中のボタンをクリック
マウスの真ん中のボタンをクリック

役割を選択

あとは、ウィンドウの右にある一覧(先述したボタンの役割)から好みのものを選べばOKです。

「キーボードショートカット」を設定したい場合は、次の画像のように「キーボードショートカット」をクリックしたあと、出てきた入力欄をクリックします。

キーボードショートカット
キーボードショートカット

入力欄をクリックした状態で割り当てたいショートカットキーを押せば、そのショートカットが反映されますよ。

上の例ではCommandCtrlTabを入力していますね。

【補足】ジェスチャーの設定方法

ジェスチャーを設定するときは、すこし複雑なのでこちらで紹介します。

ジェスチャーの設定
ジェスチャーの設定

「ジェスチャー」を選択

右の「アクション」から「ジェスチャー」を選択します。

「ジェスチャー」を選択
「ジェスチャー」を選択

ジェスチャーのテンプレートを選択

「ジェスチャー」のすぐ下にあるプルダウンメニューから、ジェスチャーのテンプレートを選択します。

1ページ分のスクロールをするショートカットを入力
1ページ分のスクロールをするショートカットを入力

実は、最初から用意されている「5種類のテンプレート」と「カスタム(自分で自由にいじれる)」が選べます。

ウィンドウ ナビゲーション
左右のデスクトップを切り替えたり、デスクトップを表示させたりといった動作。
メディアコントロール
音楽を聞いてるとき向けの設定。「再生」や「次の曲」など。
アプリのナビゲーション
アプリを切り替えるときに便利な設定。
ズーム/回転
拡大/縮小させたり、回転させたりと、グラフィック系のアプリに向いた設定。
パン
上下左右にスクロールするExcelをよく使う人向けの設定。一般的に一番オススメ
カスタム
自由に設定をカスタマイズできる。効率化マニア向け

Excelをよく使う人は「マウスホイール」をジェスチャーにして「パン」を設定をしておくと幸せになれますよ!

【カスタムの場合のみ】各方向に役割を設定する

「カスタム」を選択した場合は、プルダウンの直下にある欄から設定したい方向を選択しましょう。

設定したいものをクリック
設定したいものをクリック

すると次のような画面になり、クリックしたときと、マウスを上下左右に動かしたときの設定が1つ1つできますよ。

1つ1つに設定
1つ1つに設定

さて、今回はロジクールのトラックボールマウス「ERGO-M575」を「Logicool Options+」でカスタマイズする方法について紹介しました。

効率化オタクとしては「ジェスチャー」をゴリ押しします。さらにマニアックなマウスジェスチャーもオススメですよ。

いろいろと設定をいじくり倒して、自分だけの効率化を求めてくださいね!

こちらの記事も人気です。

パートナー

この記事、おもしろかったわ。ほかに似た記事ないん?

ヨス

トラックボールマウスのカテゴリ」にあるきん、そっち見てや。

「ERGO-M575」のカスタマイズ

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
この記事の「URL / タイトル」をコピー
あわせて読みたい