2013年3月8日

【クロームの使い方: 2 】クロームの基本的使い方

chrome_250

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回はGoogle Chromeの基本的な使い方を紹介します。

クロームの基本的な使い方

Google Chromeは、最もシンプルなブラウザです。

初期段階では必要最低限の機能しか入っていません。欲しい機能は拡張機能として気に入った機能を自分で追加するようになります。

検索~基本操作

こちらが通常画面です。基本のボタンはこちらの7つしかありません。

基本設定
(1) 戻る / (2) 進む / (3) 更新 / (4) アドレス&検索窓 / (5) 新規タブを開く / (6) お気に入り登録 / (7) 設定

1戻る

クリックすると、一つ前に見たページに戻れます。Backspaceを押しても同じです。

2進む

こちらは「あ! 戻りすぎた!」と言うときに、やり直して進めます。Shift+Backspaceを押しても同じです。

3更新

ページを再読み込みしてくれます。ブラウザには、キャッシュが残るため、見えているページが最新のものとは限りません。以前同じページを見たときに、パソコン側にキャッシュとして保存された古いデータかもしれません。そういう時に、ここをクリックすると最新のデータになります。F5、もしくはCtrl+Rを押しても同じです。

4アドレス&検索窓

グーグル・クロームは、アドレスバーに直接検索キーワードを入れることで、検索できます。もちろん、ホームページアドレスを入れても構いません。両方に反応します。Ctrl+Lを押すと、マウスを使わなくてもカーソルが検索窓に移動します。

5新規タブを開く

ここをクリックすると、新規タブが開きます。

タブとは
タブってこれのことです。

ショートカットのCtrl+T を押しても同じです。

6お気に入り登録

この星ボタンをクリックすると、「お気に入り」に登録されます。お気に入りに登録しておくと、後で同じページを見たいときに、スムーズに見られます。

詳しくは下記の記事にあります。

7設定

こちらの設定ボタンからいろいろな設定を行えます。詳しくは下記の記事をご覧ください。

もうちょっと進んだ機能も

上記の操作だけで十分Google Chromeを使えますが、こちらで紹介している「もっと進んだ使い方」も便利なのでやってみてください。

1閉じたタブを復元

先ほど、新しいタブを開くにはCtrl+Tでできると書きましたが、今度は閉じてしまったタブを復活させる方法です。

タブとは
タブってこれのことです。

間違って閉じてしまったタブを復元するにはCtrl+Shift+Tです。

2履歴を見る

Ctrl+Hを押すと今まで見た履歴を見ることができます。

3シークレットモードを開く

シークレットモドがスゴイ

クロームにはシークレットモードという機能があります。

家族などにこっそり隠れて、閲覧履歴をパソコンに残さずにネットを見られるモードです。意味深ですね。

どんなときに使えるかというと、例えばこんな感じ!

  • 会社や家族の共同パソコンで、どんなサイトを見たのか知られたくないとき
  • パスワードの履歴も残さないので、他人のパソコンを使っているとき
  • ダウンロードしたものの履歴を残したくないとき

やり方はCtrlShiftNを押すだけ!

こんな感じ 諜報員マーク の「こっそり見ている感満載」の諜報員マークが出ていたらシークレットモードです♪

4ダウンロードしたものを見る

Ctrl+Jを押すと、今までにダウンロードしたソフトなどの履歴を見られます。

5検索

ふつうのメモ帳と同じでCtrl+Fで検索したい文字をページ上から検索できます。

6印刷

Ctrl+Pで印刷できます。

最近はスマホがあるので印刷することが減ったなぁ。

こんな感じで、Google Chromeはかなりシンプルで使いやすいんです。

ぜひほかのブラウザからの乗り換えをオススメします!

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!