[Mac]ブログ執筆にオススメ! MarsEdit4の設定の仕方を紹介

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回は、わたしがMacでブログを書くときに使っている「MarsEdit4」の初期設定を紹介します。

MarsEdit4の初期設定

ではさっそく、MarsEdit4の初期設定を紹介します。

まだ持っていない方はこちらから購入できます!

MarsEdit4を購入する

MarsEdit4で「新しいサイト」を追加する

まずは基本の基本の「新しいサイト(ブログ)」をMarsEdit4で投稿できるようにする方法です。

ヨス

とりあえず、意味がわからなくても、これをやらないと始まらないので、この手順のとおりにやってね!!

1左下の「+」をクリック

MarsEdit4を開いたら出てくる画面で、左下の「+」をクリックします。

左下の「+」をクリック
左下の「+」をクリック

2ブログ名とURLを入力

するとこんなウィンドウが表示されます。

ブログ名とURLを入力
ブログ名とURLを入力

こちらの2つを入力しましょう。

  • ブログ名
  • URLを入力

入力したあとはContinueを押せばオッケーです。

ヨス

「ブログURL」というのはトップページのURLですね。このブログなら「https://yossense.com/」がそうです。

3WordPress管理画面の情報を入力

そしてWordPressの管理画面の情報を入力します。

WordPress管理画面の情報を入力
WordPress管理画面の情報を入力

こちらの2つですね。

  • Username(ユーザーネーム = ID)
  • Password(パスワード)

4「Continue」をクリック

Continueをクリックしたらオッケー。

「Continue」をクリック
Continueをクリック

これでオッケーです。

初期設定をする

では初期設定をしましょう。

1追加したブログを選択

さっき追加したブログを選択してください。

追加したブログを選択
追加したブログを選択

2右クリック→「Edit Settings」

追加したブログの名前の上でマウスの右クリックを押します。

すると、ポップウィンドウが出るので、その中から「Edit Settings」を選択してください。

右クリック→「Edit Settings」
[ マウスの「右クリック」 ] → [ 「Edit Settings」を選択 ]

もしくはこんなやり方でもオッケーです。

[ 上のメニューにある「Blog」] → [「Edit Settings...」を選択 ]

3記事投稿の設定をする

そして、記事投稿の設定をします。

まず、タブにあるBlogs → Editingを選択して下さい。

記事投稿の設定をする
記事投稿の設定をする

そして、設定をするのですが、わたしはこんな設定に変更しています。

MarsEdit4の「Editing」の設定
Size Defaults To Full Size
(画像挿入時に画像の元サイズでアップロード)
Post Status Draft
(投稿したときに「下書き」にする)
Comments Closed
(コメント欄を表示させない)

画像を圧縮したい方は「Defaults To Fit Constraint」のまま、すぐ下にある「Width(画像の横幅)」と「Height(画像の縦の長さ)」を入力すればそのサイズに自動で縮小してくれます。

プレビューしたときの画面をブログにそろえる

MarsEdit4のステキな機能の1つが、ブログを書きながら、「ブログを見たときの状態」を同時に見られること!!

こんな感じです。

【左】執筆画面・【右】ネットで見た状態
【左】執筆画面・【右】ネットで見た状態
ヨス

入力しながら、どんなふうになっているのかがわかるんですね!

でも、残念なことに、自分のブログと同じ状態にするにはちょっと小細工が必要です。

そのやり方を紹介します。

1自分のサイトで「ページのソースを表示」

MarsEdit4を使って記事を投稿したいサイト(自分のブログ)に行きましょう。

自分のブログの隅っこの方で、マウスの右クリックを押すとウィンドウが出るので、その中から「ページのソースを表示」を選択しましょう。

自分のサイトで「ページのソースを表示」
自分のサイトで「ページのソースを表示」

2「style.css」を検索

コードの画面が出てきたハズです。

ヨス

HTMLがわからない方にとってはめまいがしそうですが、大丈夫です!!

Command+Fを押すと下記のような検索窓が出るので「style.css」を入力してください。

「style.css」を検索
「style.css」を検索

「style.css」という文字がハイライトされますよ。

3コードをコピー

「style.css」の含まれている行をCommand+Cでコピーしましょう。

たぶん、こんな感じの1行、もしくは2行になるはず。

<link rel='stylesheet' id='style-css' href='https://example.com/wp-content/themes/jstork/style.css?ver=4.9.6' type='text/css' media='all' />

<link rel='stylesheet' id='child-style-css' href='https://example.com/wp-content/themes/jstork_custom/style.css?ver=4.9.6' type='text/css' media='all' />

よくわからない方の場合、「style.css」周辺にある「<link rel='stylesheet'」から始まるコードも全部コピーしておくと確実です。

4「Edit Preview Template」を選択

今度は、コピーしたコードを貼り付けましょう。

上のメニューにある「Blog」の中から「Edit Preview Template」を選択します。

「Edit Preview Template」を選択
「Blog」→「Edit Preview Template」を選択

5<head>の直下にペースト

出てきたウィンドウにはずらーっとHTMLのコードが出ています。

この中の、<head>の直下にペースト(Command+V)してください。

<head>の直下にペースト
<head>の直下にペースト

6<div>に追記

さらには、コピペしたのと同じウィンドウの中に「CSSを適応させるためのコード」を追加します(<div> に追記)。

これはWordPressテーマによって違うのですが、わたしのオススメする「ストーク」や「スワロー」の例を紹介しますね。

さきほど「<head>コピペした欄」の下の方にある以下の部分を探して下さい。

<div style="padding:10px 20px;">
#body#
#extended#
</div>

この最初の行のみを下記のように変更します。

<div style="padding:10px 20px;" class="entry-content">

よくわからなくても、やってください(笑)。これをやらないと一部のデザインが反映されません。

下記のWordPressテーマでも同じやり方でオッケーですよ!

  • アルバトロス
  • ハミングバード
  • SANGO
  • JIN

【補足】MarsEdit3からMarsEditへのアップグレード

もし、すでに「MarsEdit3」を持っている方の場合は、「3」からMarsEdit4へアップグレードすると安く購入できます。

お得なので、そのやり方を紹介しますね!

1「In-app Purchase...」をクリック

「MarsEdit3」の画面で、[ メニューの「MarsEdit」 ] → [ 「In-app Purchase...」をクリック ]の順にやります。

「In-app Purchase...」をクリック
[ メニューの「MarsEdit」 ] → [ 「In-app Purchase...」をクリック ]

2「Upgrade Pricing...」をクリック

Upgrade Pricing...をクリックしましょう。

「Upgrade Pricing...」をクリック
Upgrade Pricing...をクリック

3「Continue」をクリック

そして、出てきたポップウィンドウでContinueをクリックしましょう。

「Continue」をクリック
Continueをクリック

4「Applications」→「MarsEdit.app」

開いたウィンドウで、下記のようにします。

「Applications」→「MarsEdit.app」
[ 左のメニューから「Applications」を選択 ] → [ 「MarsEdit.app」を選択 ]

5「OK」をクリック

わたしの場合、2017年の1月以降に旧バージョンの「MarsEdit3」を購入していたので、アップグレードにかかる料金はなんと「無料」です!

OKをクリックしましょう。

「OK」をクリック
OKをクリック

2017年1月より前に購入された場合は料金がかかります。

62番めのボタンをクリック

2番めのボタン(わたしの場合はPurchase a Free Upgrade...)をクリックすれば購入できます!

2番めのボタンをクリック
2番めのボタンをクリック

もちろん、料金のかかる方の場合は、文言が違うのでご注意を。

あとは、アプリの購入なのでパスワードを求められたりしますが、問題なくいけると思います。

【参考】エラーが出る場合

わたしは、上で紹介したように「MarsEdit3」から「MarsEdit4」にアップグレードしました。

そしたら、何個かエラーが出たので、その対策方法を紹介します。

1パスワードが求められる?

まずは、こんなふうにパスワードを入れるように求められました。

パスワードを入れるように求められました
パスワードを入れるように求められました

これは、Mac自体のパスワードを入力すればOKです。

2画像がUPロードできない?

画像をUPロードしようとしたらエラーが出てしまいました。

そこで、下記のようにしました。

  1. Macの「システム環境設定」をクリック
  2. 「セキュリティとプライバシー」を選択
  3. 出てきたウィンドウで左下のカギマークをクリックし「ロック解除」
  4. パスワードでログイン
  5. マークをクリック
  6. MarsEdit4.app」を選択
  7. カギマークをもう一度クリックして「ロック」する
アプリケーションにコンピューターの制御を許可
アプリケーションにコンピューターの制御を許可

アプリ「MarsEdit4」にコンピューターの制御を許可させたんですね。

今回はわたしがMacで使っているMarsEdit4について紹介しました。

基本的な設定はこの記事を読めばバッチリだと思います!

気になる方はぜひ使ってみてください。少し高いと感じるかもしれませんが、効率化を考えたら必要な投資ですので!

MarsEdit4を購入する

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい