2017年6月9日

ストーク(STORK)をWordPressにインストールし「子テーマ」を適応させる手順

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回はわたしがゴリ押しするWordPressテーマ「STORK(ストーク)」をインストールする手順を紹介します。

重要な「子テーマ」というものも簡単に設定できるので絶対にやっておいてくださいね!

「ストーク」をダウンロード

まずは「ストーク」を購入しましょう。

これは簡単なのですぐできますが、ちょろっと説明します。

ストークのページへ行く

では、「ストーク」の販売ページに行きます。

「ストーク」の販売ページ
「ストーク」の販売ページ

WordPressテーマ「ストーク」

ストークを購入しダウンロード

そして「ストーク」を購入し、ダウンロードしましょう。

1カートへ入れる

ふつうのショッピングサイトみたいにカートへ入れるを押すと購入できます。

「カートへ入れる」をクリック
カートへ入れるをクリック

2ふつうに購入する

簡単なので省略していますが、ふつうのショッピングサイトみたいに進んでいけばオッケーです。

ふつうのショッピングサイトのように進んでいく
ふつうのショッピングサイトのように進んでいく

3商品は「郵送」ではなく「ダウンロード」

最終的にこちらの画面になるので、下にあるダウンロードというボタンからダウンロードして下さい。

ダウンロード
ダウンロードをクリックする

あくまでデジタル商品なので、商品が郵送されることはありません

このダウンロードを押したらすぐに手に入るのがいいですね。

4「STORK」がダウンロード完了

「jstork.zip」というファイルがダウンロードされたはずです!

「STORK」がダウンロード完了
「STORK」がダウンロード完了

圧縮されたデータですがそのままでオッケー!

ストークの「子テーマ」をインストール

続いて「ストークの子テーマ」をインストールします。

そもそも「子テーマ」ってなんでしょうか? これは自分でデザインをいじるときに必須の設定です。

こっちの図を見たほうがわかりやすいので見てください!

「STORK」本体を改造しデザイン変更すると、「STORK」のアップデートで全部水の泡……
「STORK」本体を改造しデザイン変更すると、「STORK」のアップデートで全部水の泡……

WordPressテーマである「STORK」は、頻繁に進化しています。

これは素晴らしいことなんですが、「STORK」の本体をいじってデザインなどを改造していると困ったことになるんです。

なんと、改造したものが全部消えてしまうという!

ところが、「子テーマ」というものを設定しておくと……

「STORK」子テーマを改造しデザイン変更していると、「STORK」のアップデートでも問題なし!

「子テーマ」を設定しておくと、「STORK本体(言い換えると『親テーマ』)」をいじっていないのに、デザインを変更できるんです。

なので、「STORK」がアップデートしても自分で改造したデザインが生きたままです!

公式ページに行く

「ストーク」の「子テーマ」が公式サイトでダウンロードできますので、下記公式ページにGO!

公式ページへ

「jstork_custom.zip」をダウンロード

jstork_custom.zip」をダウンロードしましょう!

1「jstork_custom.zip」の文字をクリック

「jstork_custom.zip」の文字をクリックするとダウンロードされます。

jstork_custom.zipをダウンロード
「jstork_custom.zip」をダウンロード

たった「2KB」程度の重さなので一瞬です。

2ダウンロード完了

これでダウンロードが完了!

「jstork_custom.zip」というファイルがあるはずです!

「jstork_custom.zip」がダウンロード完了
「jstork_custom.zip」がダウンロード完了

圧縮されたデータですがそのままでオッケー!

「ストーク」と「子テーマ」をインストール

では、WordPressにダウンロードした「ストーク」と「子テーマ」をインストールしましょう。

両方ともインストールするのがキモです。

WordPressの管理画面へ

まずは、WordPressの管理画面へ行きましょう!

WordPressの管理画面
WordPressの管理画面

ログインして管理画面に入ってください。

「テーマ」をクリック

サイドメニューにある「外観」をクリックし、「テーマ」を選択してください。

「テーマ」をクリック
[ サイドメニューの「外観」 ] → [ 「テーマ」を選択 ]

テーマをWordPressに追加

では「STORK」と「子テーマ」の2つをWordPressに追加しましょう!!

1「新規追加」をクリック

新規追加をクリックします。

「新規追加」をクリック
新規追加をクリック

2「テーマのアップロード」をクリック

テーマのアップロードをクリックします。

「テーマのアップロード」をクリック
テーマのアップロードをクリック

3ファイルを選択

ファイルを選択をクリックします。

「ファイルを選択」をクリック
ファイルを選択をクリック

42つのテーマを選択

jstork.zip」を選択し、今すぐインストールをクリックし、アップロードします。

そのあと、「jstork_custom.zip」も同じようにアップロードします。

「jstork.zip」と「jstork_custom.zip」をアップロードします
「jstork.zip」と「jstork_custom.zip」をアップロードします

大事なのは2つをアップロードすること! あと両方とも「zip」ファイルのまま(圧縮されたデータのまま)入れますよー!

【重要】「子テーマ」を選択し有効化

さて、ここまで来て……

ヨス

ふぅ、終わったぁー!

と思ってはダメです! 最後に重要な作業が残っています。

1「子テーマ」を「有効化」する

ここで重要なのは「子テーマ」を有効化すること!

「stork」を有効化にするのではありませんよ!! 初めてやったとき、わたしはここをカン違いしていましたので。

「stork_custom」のところの有効化をクリックしましょう。

「stork_custom」を「有効化」させる
「stork_custom」を有効化にする

2「子テーマ」の有効化が完了!

これで「STORK」の「子テーマ」の方が有効化されました。

「STORK」の子テーマが有効化された!
「STORK」の子テーマが有効化された!

これで終了です!!

ということで今回はWordPressテーマ「ストーク」をインストールして適応させる方法について紹介しました。

ちなみに、わたしがストークをゴリ押しする理由は下記記事に書いています。

現在、私の運営するオンラインサロンでは、メンバーを募集しております!

本気の本気でブログのアクセスを増やしたい方下記からどうぞ!

ヨッセンスクール

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!