2013年11月22日

夫婦別姓を解りやすく漫画にしました(出演:スネ夫&しずかちゃん)

doraemon-250jpg

私が夫婦別姓を実行していることが、朝日新聞に掲載されました

こんにちは! ヨス(@yossense)です!

私は夫婦別姓を実行しているのですが、今回は「選択的夫婦別姓制度とはなんぞや?」という漫画を描いてみました。スネ夫としずかちゃんが「できちゃった婚」をして「婚姻届」を市役所に持っていく内容です! なんやソレって感じですがw。

夫婦別姓が解る!漫画

夫婦別姓って聞くと、かたっくるしい感じです。そんな話突然されても、「ごめん、ちょっと最近、下痢気味だから……」とか「さてと……(と言いながら新聞を読む)」とかでサラッとかわされそうです。

酔っ払った上司みたいに長々と語られてもウザいですし、聞いたところでピンと来ないこともさらさらです。……なので漫画にしてみました!

「選択的」夫婦別姓の間違った解釈を漫画にしたら?

強制的夫婦別姓

たぶんね、選択的夫婦別姓制度がなかなか認められないのは、一般的に誤解されていることが原因と思うんですよ。きっと多くの人が、「夫婦別姓=この漫画のような内容」と勘違いしていると思う訳なんです!「夫婦別姓」の世の中になるとすべての夫婦が姓を別々にしないといけなくなる……と!

「選択的」って言葉があるんだよね

法定化しようとしているのは「選択的夫婦別姓」なんです。そう。「選択的」という言葉がちゃんと付いていることを見逃してはいけません。

つまり、結婚して、苗字を一緒にしたい人は一緒に、別々にしたい人は別々に。その選択ができるようになるだけで、「別姓反対」なら苗字を別々にしなければいいだけです。

ほら! ドラちゃんもこう言っていますよ!

ドラちゃん

この漫画だと「強制的夫婦別姓」

この漫画のような夫婦別姓を敢えて言うなら「強制的夫婦別姓」ですよね。

だって、苗字を別姓にしないと結婚させてもらえないわけですから。ホント、感じの悪いおっさん描いてすみません。

という訳で、こんな強制的なものを法定化させようとしているわけじゃあないんですよね。すでに結婚していて苗字を一緒にしている夫婦を捕まえて、無理やり苗字を別々にさせる……とかになったら、人権侵害だ!なんて声が上がりそうですぞ。

現行の夫婦同姓制度を漫画にしたら?

ではちょっとさっきの漫画のセリフを変えてみました! こちらも見て下さい。

強制的夫婦同姓→現状

実はコレ、今の日本の現状です。

世の中には苗字を別々にしたいという夫婦がいるのに、強制的に苗字を同じにさせられているんですよね~。あえて言うなら現在の日本は「強制的夫婦同姓制度」です。

この現状ってどうなん?

さて、現状を漫画にしたものを見ると、なんかイヤな感じですよね。まぁ、感じの悪いおっさんとの現実味のないやりとりですけどw。

でも、この「結婚したけりゃ、どっちかが苗字捨てろ!」を「どちらかが苗字を変更しないと結婚は許可できません」に変えたら、現実味が増しますよね。

やっぱり勘違いされてる?

よく「選択的夫婦別姓」に対する反対意見として挙がるのは「家族がバラバラになる」と言った内容のものです。

しかもそう言っている割合は、年齢が上がるほど高くなるらしいです。つまり、結婚をすでにしている人達が、こぞって反対しているらしいんです。

ん。やっぱり、すでに結婚している人も別姓に強制的にさせられるって勘違いしているんじゃないんですかねぇ……。本気で思います。

何度も言いますが「家族がバラバラになる」って思う人は、夫婦同姓という選択をすればいいだけなんですけどね。だって選択できるんですから。

ほら! ドラちゃんもこう言っていますよ!

ドラちゃん

私が思うには、この「夫婦別姓」って言葉だけに過剰反応している気もしないでもありません。なので「選択的」って言葉が入っていても関係ないのかもしれません。

だったら「選択的夫婦別姓」って言葉を「選択的夫婦同姓」って変えるだけで支持する人が一気に激増するかも知れませんね。内容は全く同じでも「別姓」って言葉を使ってないので。← これ、マジでいい考えな気がしてきた。

どうでしょうか? ってかこんなんで解決したら、逆にビックリですが。

私は夫婦別姓を実行しているのですが、その体験について記事にまとめています。

こんな関連記事も。

結婚がらみで、こんな記事もオススメしてみます(笑)。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!