戸籍上で通称名を認定するのが「ニュー夫婦別姓」

OMIYA!

2018年1月6日追記: 「change.org」で夫婦別姓の裁判を起こす当事者である青野慶久(サイボウズ社長)さんが夫婦別姓に賛同してくださる方の「署名を集めています」。ぜひ今こそ声をあげるときです!

こんにちは! 夫婦別姓を実行しているブロガーのヨス(@yossense)です。

夫婦別姓という言葉を聞くとアレルギーが出るような方もいらっしゃいます。

そんな方に多い意見が「別姓にするよりも旧姓の通称使用を拡大させろ!」というものです。

実は、今回のサイボウズ青野社長の裁判では、事実上「旧姓の通称使用における拡大」ということなんだよというお話です。

夫婦別姓よりも「通称名の拡大」?!

「選択的夫婦別姓」を反対する方の中に、こんな意見をされる方がいらっしゃいます。

わざわざ夫婦が別姓にしなくても、
「旧姓の通称使用」を拡大させればいいじゃん!

つまり、パスポートにしても、保険証、免許証とあらゆるところで、通称を使えるようにしようということですよね?

ぶっちゃけですが、もしそうなればわたしとしては問題ありません

ヨス

事実上として別姓と同じ状態ですからね!

ただ、一人娘で、夫が姓を妻側にしてくれない方で、「姓を継がないと家が途絶えてしまう」という方にとっては、まったく意味がないのですけど……。

※ こちらはそんな状況にあるユリさんとの対談です。

「通称使用」での社会の混乱

そして、旧姓の通称使用には重大な欠陥があります。それは社会の混乱を招くということです。

通称というのは、あくまで通称です。戸籍上にも登録されていない名前です。

通称使用の例
法律上の名前 山田
戸籍上の名前 山田
生活で実際に使う名前 海野

そんな、どこにもちゃんと記載されていない「あやふやな名前」が裁判で、警察署で、国際会議で使われるようになったとしたらどうでしょうか?

ヨス

つまり、法的な根拠のない名前(=通称)が世の中にはびこるということですよね?

正直言って、怖いですよね。

戸籍上で通称名を認定する = ニュー夫婦別姓

今回、サイボウズの青野さんが起こした選択的夫婦別姓裁判で「ニュー夫婦別姓」が適応されるとこういうことが可能になります

ニュー夫婦別姓の例
法律上の名前 山田
戸籍上の名前 海野
生活で実際に使う名前 海野

つまり、夫婦別姓とは言っていますが、結局は「通称(旧姓)」に法的な力を与えるということ。

こうすることで、生活で実際に使われる「通称名」は、戸籍上にも記載されている「法的根拠のある名字」という太鼓判をもらえるということです。

ヨス

しかも、今までどおりの夫婦同姓でもオッケーなので、嫌な人はやらなければいいだけの話ですし。

それなら安心ですよね。社会の混乱もありません。

先ほど例に出した「夫が名字を変えてくれないと家が消滅する」という事例においては、夫に法律上は姓を変更してもらい、戸籍上は元々の夫の姓を使い続ける……ということで解決します(夫が納得するかどうか……という問題はありますが)。

さて、今回言いたかったのは「夫婦別姓」という言葉が使われているサイボウズ青野社長の裁判ですが、結局は「旧姓の通称使用」が混乱なく行われるようになるということ。

通称名(旧姓)をちゃんと戸籍に登録できるようにして、社会の混乱をなくそう

ということです。

誰も損することのない法改正なので、ちゃんと理解していただければと思います。そもそも、我々にとっては選択枝が増えるだけなので、社会にとってはプラス以外なにもないので……。

最後に、青野さんがネット上で署名活動も行っております。なるほど!と思っていただけたら、ぜひこちらのページからご署名ください!

詳細はこちら

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい