戸籍上で通称名を認定するのが「ニュー夫婦別姓」

2020年2月15日追記: 現在、「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」さんがクラウドファンディングをしています。わたしもさっそく支援いたしました。ぜひご協力ください!

こんにちは! 夫婦別姓を実行しているブロガーのヨス(@yossense)です。

夫婦別姓という言葉を聞くとアレルギーが出るような方もいらっしゃいます。

そんな方に多い意見が「別姓にするよりも旧姓の通称使用を拡大させろ!」というものです。

実は、サイボウズ青野社長の裁判では、事実上「旧姓の通称使用における拡大」ということなんだよというお話です。

夫婦別姓よりも「通称名の拡大」?!

「選択的夫婦別姓」を反対する方の中に、こんな意見をされる方がいらっしゃいます。

わざわざ夫婦が別姓にしなくても、
「旧姓の通称使用」を拡大させればいいじゃん!

つまり、パスポートにしても、保険証、免許証とあらゆるところで、通称を使えるようにしようということですよね?

ぶっちゃけですが、もしそうなればわたしとしては問題ありません

ヨス

事実上として別姓と同じ状態ですからね!

ただ、一人娘で、夫が姓を妻側にしてくれない方で、「姓を継がないと家が途絶えてしまう」という方にとっては、まったく意味がないのですけど……。

※ こちらはそんな状況にあるユリさんとの対談です。

社会の混乱を招いた2019年からの「旧姓併記」

そんな中、愚かなことに、日本政府は2019年に住民票・マイナンバーカード上では旧姓併記ができるようにしました(住民票への旧姓表記のやり方はこちら)。

非常に残念なのですが、これは社会に混乱を与える愚策でした……。

住民票にわたしの旧姓「矢野」が併記されるようになった
住民票にわたしの旧姓「矢野」が併記されるようになった
ヨス

導入に税金から約200億円も使われたのに社会に混乱を与えるだけだなんて……。

現在使っている姓とは別に、もう1つの旧姓を「併記」させると、1人の人間に2つの姓が混在することになりますからね……。

その上、「旧姓を銀行口座開設のときなどで使えるかどうかは、その銀行の裁量しだい」で、結論として政府の自己満足だけで終わっています。

もう一度書きますが、「社会の混乱+実生活で役に立たない施策」に200億円の税金……。国民をバカにしすぎです。

戸籍上で通称名を認定する = ニュー夫婦別姓

政府の愚策とは違って、サイボウズの青野さんの選択的夫婦別姓訴訟(ここでは「ニュー夫婦別姓」と呼びますね)はまったく違います。

つまり、夫婦別姓とは言っていますが、けっきょくは「通称(旧姓)」に法的な力を与えるということですね。

ニュー夫婦別姓の例
法律上の名前 山田
戸籍上の名前 海野
生活で実際に使う名前 海野

戸籍上の名前を「今の姓+旧姓」という併記にするのではなく、旧姓1つだけに限定して表記させるというわけです。

結婚して法律上は「山田」になったとしても、戸籍上は通称の「海野」を登録できるため、生活上でも「海野」だけを使い、混乱が生じません

姓が1つに限定されることが社会的混乱を招かない最大のポイントです。

こうすることで、生活で実際に使われる「通称名」は、戸籍上にも記載されている「法的根拠のあるオンリーワンの名字」という太鼓判をもらえるということですね。

ヨス

しかも、今までどおりの夫婦同姓でもオッケーなので、嫌な人はやらなければいいだけの話ですし。

先ほど例に出した「夫が名字を変えてくれないと家が消滅する」という事例においては、夫に法律上は姓を変更してもらい、戸籍上は元々の夫の姓を使い続ける……ということで解決します(夫が納得するかどうか……という問題はありますが)。

すでに前例があるため簡単に実装できる(はず)

このニュー夫婦別姓での通称使用は、実は前例があります。

それが、離婚したときに元配偶者の姓を使用できるパターンです

今の日本では、こんなトリッキーな事象が問題なく行われています。

離婚して「海野」に戻らず「山田(別れた夫の姓)」を使い続ける
法律上の名前 海野(元々の姓)
戸籍法上の名前 山田(別れた夫の姓)
生活で実際に使う名前 山田(別れた夫の姓)

つまり、離婚して海野に戻ったのに、書類上も戸籍上もどこを見ても元配偶者の姓(=通称)しか記載されていないけど、法律上は海野に戻っている……という状況です。

生まれたときからの姓(法的に本当の姓)である「海野」を一生見ることなく、社会的な混乱もなく過ごせます。

「ニュー夫婦別姓」では、これと同じことを結婚前の夫婦にも適応させればいいだけなので、絶対に簡単に実装できるんですよ。

さて、今回言いたかったのは「夫婦別姓」という言葉が使われているサイボウズ青野社長の裁判ですが、結局は「旧姓の通称使用」が混乱なく行われるようになるということ。

通称名(旧姓)を戸籍に登録できるようにして、社会の混乱をなくそう

ということです。

誰も損することのない法改正なので、ちゃんと理解していただければと思います。

そもそも、我々にとっては選択枝が増えるだけなので、社会にとってはプラス以外なにもないので……。

2020年2月15日追記: 現在、「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」さんがクラウドファンディングをしています。わたしもさっそく支援いたしました。ぜひご協力ください!

パートナー

この記事、おもしろかったわ。ほかに似た記事ないん?

ヨス

夫婦別姓のカテゴリ」にあるきん、そっち見てや。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
この記事の「URL」「タイトル」をコピー
あわせて読みたい