「夫婦別姓」という字面が悪すぎる! 本来の意味とかけ離れすぎている理由とほかの名称の提案

2020年10月30日追記: 夫婦別姓についての電子書籍を販売いたしました!

こんにちは! 夫婦別姓を20年以上実践しているヨス(プロフィールはこちら)です。

2020年を超えても未だに「選択的夫婦別姓」が導入されない日本。

なぜ、「選択的夫婦別姓」を毛嫌いする人がいるのでしょうか?

その大きな理由のひとつが「選択的夫婦別姓」という名称の悪さ字面の悪さです。

このことに関してTwitterで投稿したら、思った以上に反響がありました。

今回は「選択的夫婦別姓」より、もっと適切な名称について考えました。

なぜ「選択的夫婦別姓」という名称がダメなのか?

はじめに、なぜ「選択的夫婦別姓」という名称が適切ではないのかについてお話ししましょう。

「夫婦別姓」という言葉のイメージが悪い

まずお話ししたいのは「夫婦別姓」という字面の悪さについて。

「別」という漢字の字面が悪い

これは断言します。

字面の悪さが「選択的夫婦別姓」のイメージを悪くしているのは間違いありません。

その犯人は
「別」という漢字です。

日本人の多くが「別」にもつイメージといえば次のようなものでしょう。

「別」のイメージ

  • 別れる
  • 別々になる
  • バラバラになる

お世辞にも「いいイメージ」とは言えません。

「別姓」という言葉を知らない人が見て悪いイメージを持っても不思議ではありません

「別姓」という言葉がもたらすイメージ

その悪の根源である「別」という漢字がくっついた「別姓」という言葉がもたらすイメージとはどういうものでしょうか?

家族がバラバラになりそう……」というイメージです。

まさに反対派の人たちが持っているイメージですよね。

「選択的夫婦別姓」の本来の意味とかけ離れている

「選択的夫婦別姓」という言葉の字面・イメージの悪さについてお話ししました。

ここで一番問題なのは「選択的夫婦別姓」の内容と「ネガティブなイメージ」がかけ離れていることです。

「選択的夫婦別姓」の目的は「姓を別々にすること」ではない

「夫婦別姓」という言葉を次のように思っている人は多いのではないでしょうか?

夫婦が「別々の姓」になりたいんでしょ?

いいえ、違います!!

「夫婦の姓を別々にすること」は目的でも目標でもありません。

姓を「別々」にしたいのではない

夫婦別姓にしたいカップルのほとんどは、夫婦の姓を別々にしたいわけではありません

ただ単に、自分が生まれてからずっと使っている姓を結婚後も使い続けたいだけです。

多くの男性が「当たり前」にやっていることを、女性もしたいだけです。

法律上は男性が改姓してもいいはずなのに、女性に「改姓しろ」という圧力がすさまじい現実があるという問題は今回は触れません。

つまり、夫婦別姓の目的は「姓を別々にすること」ではなく「生まれ持っての姓を使い続けること」なのです。

「別姓」という言葉は本質とは違うイメージを吹き込む

それなのに「夫婦別姓」という言葉を使うとどうなるでしょうか?

まるで夫婦別姓をしようとしている人に対して「夫婦の姓を別々にしようとしている人」というイメージを持ちませんか?

「別」なんて言葉を使うと、なんか「破壊者」みたいなイメージをもってしまいそう……。

別々にしたいのではなく、自分が生まれ持っての姓を名乗り続けたいだけ

その結果として、夫婦の姓が別々になるだけです。

繰り返しになりますが、
夫婦の姓を別々にすることが目的ではないのです!

「選択的夫婦別姓」という名称を変更しよう!

そこでわたしは「選択的夫婦別姓」という名称を変更しようという提案をしています。

Twitterでもいろいろな名称案をいただいたので、そちらも紹介しますね!

選択的夫婦同姓

わたしが10年以上前から考えていた名称が「選択的夫婦同姓」です。

「え? 意味が変わるんじゃね?」と思ったかもしれませんが、次の2つの言葉は同じことを指します。

2つは同じ意味

  • 選択的夫婦
    (夫婦同姓もオッケーだけど)夫婦姓も選択できるよ!
  • 選択的夫婦
    (夫婦別姓もオッケーだけど)夫婦姓も選択できるよ!

同じ意味なのに、不思議なことにこの2つの言葉から受ける印象がまったく違いますよね。

結婚しても自分の姓のままでいられるうえに、夫婦が同じ姓にすることもできる……という事実が明確に伝わりそうです。

選択的家系姓継続

ほかにも「選択的自己姓継続」という名称も考えていましたが、もっといい名称をTwitterで提案していただきました。

それが「選択的家系姓継続」という名称です。

内容は同じでも「家系の姓(生まれ持っての姓)を継続することも選択できる」というまったく異なったイメージになりますね。

夫婦同姓別姓選択制

「選択的夫婦別姓」にしても「選択的夫婦同姓」にしても、片方しか提示していないから「選べること」がわかりづらいという問題もあります。

そこで名称を「夫婦同姓別姓選択制」にしてはどうでしょうか?

現実として「選択的夫婦別姓」という名称は、先述したように本来の目的とは違った意味で取られやすいのです。

「結婚したら別姓を強要されるの?!」という勘違いをされる人にも「夫婦同姓別姓選択制」という言葉だと安心感を与えられますね。

強制的夫婦同姓撤廃

そして、現状の「人権を侵害している法律を撤廃する」という視点から「強制的夫婦同姓撤廃」という名称もよさそうです。

じゃっかん「強制的」という言葉がパワーを持ちすぎている感じもしますが、事実を表していますね。

婚姻時改姓義務撤廃

今回、Twitterでいろいろな意見をいただいた中で「おお!」と思ったのは「婚姻時改姓義務撤廃」という言葉です。

現状として、日本に住んでいる日本人に対してだけ、婚姻時に「改姓義務」があります。

当たり前だと感じている人がほとんどですが、世界のほかの国に生まれた人にはない義務であり、束縛なのです。

「改姓義務」と「強制的同姓」は同じ意味ですが、「改姓義務」のほうが事実だけを淡々と述べている感じがしますね。

その「義務を撤廃させる」という意味でしかないため、感情が入り込む余地はありません。

というわけで、今後も「選択的夫婦別姓」という言葉で法律を変えようとするのは賢明ではありません。

内容をしっかりと知るとほとんどの人が賛成にするはずなのに、字面の悪さからネガティブなイメージをもたれているのですから。

メディアの皆様もぜひ「選択的夫婦別姓」という名称はやめて、ほかの名称で呼ぶことを検討してください

Twitterではこの記事のような内容のつぶやきをよくしています。

この記事を気に入った人はぜひフォローしてくださいね♪

 Twitter

「夫婦別姓」の書籍を出版しました!

Amazonの電子書籍で、夫婦別姓についての電子書籍を販売いたしました!

あなたの「想い」を「発信」してみませんか?

もし、この記事を見て共感してくださったなら、あなたも発信してみませんか?

わたしの著書『読まれる・稼げる ブログ術大全』では、ブログをこれからはじめたい人、発信をはじめたいと思っている人に必要な情報がすべて詰まっています。

ただ闇雲に発信するのではなく、「伝わりやすさ」がもっとも重要です。

ぜひ、あなたの考えている「社会のここがおかしい」をブログやSNSで正しく発信しましょう。

パートナー

この記事、おもしろかったわ。ほかに似た記事ないん?

ヨス

夫婦別姓のカテゴリ」にあるきん、そっち見てや。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
この記事の「URL / タイトル」をコピー
あわせて読みたい