夫婦別姓のメリット・デメリット?「選択的夫婦別姓制度」が導入されたらどうなるの?

2018年1月6日追記: 「change.org」で夫婦別姓の裁判を起こす当事者である青野慶久(サイボウズ社長)さんが夫婦別姓に賛同してくださる方の「署名を集めています」。ぜひ今こそ声をあげるときです!

こんにちは! 夫婦別姓を実行しているブロガー ヨス(@yossense)です。

今回は、日本で選択的夫婦別姓制度が導入されたときの「メリットデメリット」をまとめてみました。

最初に言っておくと、すべての人に「選択肢」が1つ増えるだけでデメリットが何1つとしてない制度です。

選択的夫婦別姓制度のメリット

では、選択的夫婦別姓のメリットから紹介します。

現在の日本で選択的夫婦別姓制度が必要な理由をまとめた感じです。

覚えておいてほしい基礎知識が、選択的夫婦別姓」であるということ。法律が変わっても夫婦で同じ名字にしたければ、同じにできるということです。

女性の地位が向上する

まず、選択的夫婦別姓制度が導入されると、女性の地位が向上し、女性差別・蔑視がじゃっかん改善します。

女性は姓を変えられてもいい存在

話が飛ぶように見えますが、「女性が姓を変えること」が当たり前になってしまっていることが、女性の地位を低くしています

構図で見ると「男性が女性の姓を上書きで塗り替えている」ように見えるからです。姓を変えさせられるのが女性に偏れば、男性の姓の方が価値があるように見えますよね?

子どもは「女より男の名前の方が大切なんだ」と学ぶ
子どもは「女より男の名前の方が大切なんだ」と学ぶ

それを子どもたちが見て育ち、その男尊女卑思想を再生産しているのが現状です。

「結婚すれば女性が改姓するのが当たり前」というメッセージは「女性は脇役・男性が主役」という情報を発信しているのと同じですから。

あと、国連の「女性差別撤廃委員会」は日本に3度、夫婦同姓規定を改正するよう勧告している事実も知っておきましょう。

男性が改姓する確率を50%に引き上げるのは不可能

それと「結婚して名字を変える」という話を聞くと、女性側だけの問題だとカン違いしている人、いませんか?

ヨス

法律上は、男性が変えることもできるんですよ?

「え? 養子にならなくても男が姓を変えてもいいの?」なんて質問を何度聞いてきたか……。

女性が軽んじられているように見える現状を打破するためには、最低でも男性が改姓する割合を50パーセントに持っていく必要があります。

じゃないと平等ではありませんから。

でも、それって可能でしょうか? 難しいでしょうね。何百年、何千年も経てば可能かもしれませんが、待てません。

じゃあどうすればよいかというと、夫婦別姓も選べるようにすれば良いのです。

選択的夫婦別姓制度が成立しても、今後は子どもに夫側ばかりの姓を継がせるという問題も生じそうです。ですが、とりあえず「夫側が姓を変えてくれなかった」と嘆く女性はいなくなります。

女性の自己喪失感がなくなる

夫婦別姓が選択できるようになると、今までの愛着を持った名字を失うことで生じる「自己喪失感」を回避できるようになります。

すべての女性が男性の名字になることを喜ぶわけではない

男性の名字になって喜ぶという人もいるでしょうが、逆に喪失感を持つ方も多いようです。

特に元々の名字が好きだった方(珍しい名字で誇りを持っていたなど)。

男性の名字になるなんて幸せなこと! それを嘆くなんて意味がわからない!

……と言っている方もいますが、それは個人の価値観です。世の中にはいろんな考え方の人がいて、どちらが悪いわけではありません。

  • 夫の名字になることを幸せに感じる人
  • 夫の名字になることを不幸だと感じる人
  • 名字なんてどっちでもいい人

いろんな考え方があって当たり前なのです。

いろんな考えの人がいて当り前
いろんな考えの人がいて当り前

たとえばこんなことを言う人がいたらどう思いますか?

毎日うどんを食べるなんて香川県民は狂っている! 日本人なら3食とも米を食え!

どう考えてもオカシイですよね。そんなこと言われても香川県民のわたしも困るってもんです(笑)。

ちなみに、「選択的夫婦別姓制度」は、「全」夫婦の名字を別姓にしろなんて言っていません。「選択」できるようにして変更したい人は今までどおり変更できます。

男性の名字になることで幸せを感じたい方はそのまま継続できますよ!

多様化社会に一歩前進する

夫婦別姓を選択できる社会とは、多様化を認めている社会、つまりいろんな価値観を許容する「成熟した社会」です。

日本はみんなを1つの価値観で統制しようとする社会なので伝わりづらいのですが、世界は多様化に向かっています

変えたい人も変えたくない人も幸せに

今の現状では「夫婦の姓を同じにしたい」と思っている方にしか幸せになれません

「自分の生まれたときの姓を名乗り続けたい」という方の幸せを奪っている現状です。

そこで……

  • 名字をそろえたい人 …… 今までどおり2人の名字をそろえてオッケー
  • 自分の名字のままでいたい人 …… 自分の名字のままでオッケー

……というふうにどちらの人も幸せになれるようにするのが「選択的夫婦別姓制度」です。

名字をそろえてもOK! 自分の名字のままでもOK!
名字をそろえてもOK! 自分の名字のままでもOK!

その不公平感をなくすることが「多様化社会」への第一歩なのです。

もしこの「選択的夫婦別姓制度」という言葉に違和感を持っているようでしたら、「選択的夫婦同姓制度」という名称に置き換えてください。

やろうとしていることは、まったく同じですので。

出生率が上がる

夫婦別姓についての記事をたくさん書いているわたしのところには、相談のメッセージもときどき来ます。

その中に「2人ともが名字を変えたくないので折り合いがつかず結婚できない」というお悩みもあります。

これが何を意味するかご存じでしょうか? 実は出生率を下げているのです。

日本は結婚しないと子どもが増えない社会

ちょっとこちらを見てください。海外での婚外児(=嫡出でない子)の割合です。

嫡出でない子と事実婚・同姓の割合
出典: 日本における「結婚」へのこだわりと婚外子 - 第一生命保険

アメリカを見ると34%の子どもが結婚していない夫婦の元で生まれています。スウェーデンなんか56%です。

では日本ではどうなのかというと、婚外児の割合はたった1.9%です(2003年のデータですが)。

夫婦別姓が選択できると婚姻率が上がる

つまり、日本は婚外児童の数が他国に比べ圧倒的に少ない。逆を言うと、出生率を上げるためには「婚姻率」を上げることが欠かせないのです。

でも、「結婚したいのに、法律が邪魔して結婚できない」という状況が現状としてあるんですよね……。

出生率を上げないと日本の未来がないことは、政治家の誰しもわかっているハズなんですが、夫婦別姓を選択できるようにすれば確実に婚姻率は上がります。つまりは出生率も上がるということです。

結婚したことを見境なく発信しなくてよくなる

今では多くの女性が結婚して姓を変えています。実に結婚した女性の96%という偏った数で。

つまり、「女性の姓が変わる」ということによって「結婚した」ということを意図せずとも発信していることになります。

ヨス

「結婚したこと」をおおっぴらにしたくない方もいるんですよ!

結婚はめでたいことだから隠す必要がないだろ!

……と思っている方、それはあくまで1つの価値観ですよ。

世の中には「よろこばしいと一般に思われていることでも不快に感じる人がいる」ということを知っておいてください。

わたしは「細いですね」と言われるのが不快ですし。

結婚後の「名字変更」の手続きがなくなる

結婚して姓が変わると、自分の登録上の名前が変わることになります。

そうなると、戸籍だけでなく、保険証、パスポート、銀行口座、各種登録上の名前の変更手続きが必要になるんですよ。

ヨス

体験したことのない男性は無関心だと思いますが、むちゃくちゃ大変です。

日常生活が忙しいのに、どれだけムダなことを強要するんでしょうか。21世紀なのに。

サイボウズの青野社長は、株式名義変更の手続きで80万以上かかったと言っていました。おかしいでしょ、コレ。

さらに離婚をすればもう一度同じことを

さらに言うと、離婚すればもう一度同じことをしなければならないんですよね……。

そういう手間を省くために、現状では離婚しても元夫や元妻の姓を名乗り続けることを法律が認めていることもご存じですか?

ぶっちゃけ、そんなこと許すぐらいなら結婚前の別姓も許容していただきたいです。

コレだけ見ても、現状がいかに不合理かがわかります。

結婚制度の矛盾が緩和される

日本で夫婦別姓はまだ認められていませんが、認められている人たちがいるのをご存知でしょうか?

それは国際結婚をしたカップルです。

国際結婚での名字の例
国際結婚での名字の例
ヨス

なんと、すでに正式に別姓を選択できるんですよ! この日本国内に住む同じ人間なのに! 不公平すぎる!

というわけで、夫婦別姓ができるようになれば日本にいても「国際結婚なら正式に別姓にできる」という矛盾がなくなりますね。

戸籍制度すら不要ですけど…

ちなみに外国人配偶者は日本人じゃないので「戸籍」というものが日本にありません。

そのため国際結婚のカップルの場合は、日本人側が新しい戸籍を作りますが、その配偶者の欄は無記入だそうです。

うーん……。もう戸籍制度自体どうなの?って気がしないでも……。

こちらに結婚制度の矛盾についてくわしく書いているのでぜひご覧ください。

社会的信用を継続できる

働いている女性が今や当たり前となっています。

社会的地位のある方や個人のネームバリューで活動されている女性もいっぱいいらっしゃいます。

でも「結婚すれば女性が改姓」という圧力があるため仕方なく改姓するのですが、突然名字が変わるのはデメリットですよね?

「名前を覚えてもらってナンボ」な仕事の方は大ダメージですね。

「通称」ではより複雑になる

「通称を使えばいいでしょ?」という方がいますが、「ここは『通称名』は使えない」という場面がたくさんあるので逆に混乱するんですよ。

ヨス

「通称名」を強引に使うことで夫婦別姓を実行しているわたしが言ってますよ!

法的効力のない名字が「通称名」です。「確認のために免許書をコピーさせて」と言われた時点で通称名は使えなくなります。そうなると、「通称名をあきらめる」ことが一番効率的になるわけです。

こっちは通称名でオッケー、こっちはダメ……
こっちは通称名でオッケー、こっちはダメ……

これ、本当に不便ですので早くなんとかしてほしい……。「通称でいいでしょ?」という方、「電車や車なんて使わなくても歩いていけばいいでしょ?」と今の時代に言っているのと同じですよ。

「離婚すべき夫婦」が別れやすくなる

日本社会では「離婚はよくないこと」と思われています。

ですが、世の中には離婚をすべき夫婦も存在します。結婚生活を続けていることで、夫から妻への暴力が続いたり、子どもへ暴力などの被害が及んだりする場合です。

離婚するべき夫婦
離婚するべき夫婦

そういう「別れるべき夫婦」が、離婚に踏み切れない理由の一つが姓をいっしょにされていることでしょう。

夫婦別姓を選択できるようになることで、別姓の夫婦は離婚をするハードルが低くなります。

「離婚率が上がるのはよくない!!」と叫ぶ方もいるかもしれませんが、人生で大切なのは「無理やり結婚生活を続けること」でしょうか?

そんなムダな時間はさっさと終了させ、新しい人生を始める方が大切でしょう。

別れた夫の姓を名乗り続けられることが法的に認められている

その対策としてなのかわかりませんが、離婚をした夫婦は、別れた相手の姓を名乗り続けることが法的に認められています

ヨス

正直なところ、別れた憎き夫の姓を一生背負い続けるなんて屈辱ですよね?

でも名字を戻すと子どもが可愛そうだとか、離婚したことがみんなに伝わるから……と、別れた夫の姓を名乗り続ける人がけっこう多いそうです。

女性に対する罰ゲームかなんかですかコレ?

「家」を継げる

そして、実はこれが「別姓を許容しなければならない」という理由の中で一番直接的で急がれるもの。

相手の名字になると「家(名字)」がこの世からなくなる

……という問題。大問題ですよね。

ヨス

「男の子」が生まれない家は途絶えるという「それっていつの時代の話?」という状況がいまだにあるんです。

夫側に改姓してもらうのは今の男尊女卑社会では困難なことは簡単に想像できるでしょう。

女に生まれてごめんなさい……
女に生まれてごめんなさい……

「男のきょうだいがいないのが悪い」という問題ではないことも誰しもがわかっているでしょう。

少子化で一人っ子の多い現代。お子さんが女の子1人だけの家庭は山ほど存在します。

「男性も改姓できる」という法律の問題ではない

「今の法律なら男性も変えられるから、夫に変えさせないのが悪い!しっかり言えよ!」と言う方がいますが、法律の問題じゃないんです。

法律よりも強いのが「女が姓を変えろ」という周りからの圧力ですから。

家を途絶えさせたくない……という想いに性別は関係ありません。

日本は「女に生まれたことが不運」な国でいいんですか?

実際にその問題に直面している方にインタビューした記事もあります。ぜひ、生の声をご覧ください。

選択的夫婦別姓制度のデメリット

さて、上では選択的夫婦別姓制度が導入された際のメリットを書いてきましたので、今度はデメリットだと思われていることをまとめてみました。

……が、実は選択的夫婦別姓にデメリットは存在しないので、そのことを紹介しています。

家族がバラバラになる?

まずよく聞くのが、「家族がバラバラになる」という意見。

えっと……実際に夫婦別姓をしているうちの家族はバラバラになっていないのですが(笑)。

夫婦別姓で家族はばらばらにならない
夫婦別姓で家族はバラバラにならない

そういうことを言う人って、夫婦別姓を実行していないですよね? つまり、体験もしていないことに妄想で言っているだけです。

家族がバラバラになるのは夫婦同姓も同じ

「夫婦別姓は家族がバラバラになる」と言ってますが、「夫婦同姓だとバラバラにならない」のでしょうか?

夫婦同姓でも夫婦別姓でもバラバラな家族は存在するでしょう。だって関係ないもの。

ヨス

そもそもですが、「選択的夫婦別姓」ですからね。

不安な夫婦は今まで通り同姓にできますので大丈夫です。

子どもに好ましくない?

そして次に聞くのが「子どもに好ましくない」という意見。両親の名字が統一されていないと「え? なんで同じじゃないの?」と不安になるという話ですね。

わたしの場合、生まれたときから同居していた祖母の名字が違っていましたが、何1つ疑問に思いませんでした。

上でも書きましたが、96%の夫婦で女性が名字を変えているという偏った現状の方が「男性が社会の主軸で女性は脇役」というメッセージをまき散らしていて問題です。

つまり、現在の夫婦同姓制度の方が子どもたちに悪影響を与えているのです。

夫婦別姓の家庭で育った人の意見

こういうことを書くとこんな反論も来そうです。

子どもに好ましくないかどうかは子どもに聞いてみないとわからないだろ?!

では、夫婦別姓を実行している家庭で育って成人した方の意見も読んでみてください。

そして、「家族や子どもに悪影響を与える」と思っている人は、そのあなたの持つネガティブな思想そのものが家族や子どもを不幸にすることを知っておいてください。

もう一度言いますが、そういう不安がある方は同姓にすればいいのです。

もし法律が変わっても「選択的夫婦別姓」になるのですから。心配はいっさいありませんよ。

社会が混乱する?

そして、「夫婦で別々の名字を名乗ると社会が混乱するぞ!」という意見。

そもそも、今の日本でも国際結婚の夫婦は夫婦別姓が可能ですし、離婚後に元夫(元妻)の名字を名乗り続けるというトリッキーなこともすでに可能です。

すでに複雑ですが、社会に混乱は生じていませんよね?

くわしくはこちらの記事に書いていますのでご覧ください。

というか「法的に認められていない通称名」が混在する方が問題ですよね……。

女性がいばるように?

「女性がいばるようになる」という意見も聞いたことがあります。

ヨス

いやー、怖い。何を言っているんでしょうね……。

おそらく、女性が自分の姓を名乗り続けられると女性の地位が上がるから男性にとって面倒くさいのでしょう。

つまり現在の夫婦同姓制度というのは、女性差別を温存するために機能しているということですよね。

そりゃあ、国連の女性差別撤廃委員会が日本に勧告するでしょう……。だって差別につながっていますから。

離婚が増える?

そして、離婚が増えるということをデメリットに挙げる人がいます。

そもそもですが、離婚ってダメなんですか? 上でも書きましたが、世の中には「離婚をすべき夫婦」もいます。

離婚するべき夫婦
離婚するべき夫婦

そんな夫婦が離婚ができにくい社会の方が問題ありませんか? DVとか児童虐待を温存しているのも離婚しにくい社会が元凶でしょう。

「離婚すべき夫婦が離婚できる社会」を目指しましょう!

ちなみにわたしは、夫婦別姓を選択する夫婦の離婚率は下がると思っています。

人権侵害だ!?

夫婦別姓は人権侵害だ!という方がいます。

ヨス

これは間違いなく、「今後はすべての家庭で夫婦別姓をしなければならなくなる」とカン違いしている人の言葉でしょう。

たとえばすでに結婚している夫婦でも「今後は必ず夫婦の名字を別々にしなければならなくなる」と。

それはたしかに人権侵害っぽく見えるかもしれませんね、勝手に名字を変えさせられるなんてありえません

現状はすでに人権侵害じゃ?

アレレ??

今の婚姻制度ではどちらかの名字に強制的に変えさせられていますよね?

結婚したい夫婦が、市役所に婚姻届を出したいのに、生まれながらの名字のままいたいだけなのに、どちらかが名字を諦めないかぎり届けを受け取ってもらえない現状です。これは人権侵害じゃないのでしょうか?

もう書くのに飽きましたが、法律が変わっても「選択的」夫婦別姓ですので、夫婦の名字を統一したければそのままで問題ないんです。

法が変わっても、なんのデメリットもありません。

日本の伝統が壊れる?

「夫婦が同じ名字なのは日本の伝統だ!」とキレ気味に言う方もいます。

日本で夫婦が同じ姓を名乗らなければならなくなったのは割と最近だということはさておき……。

「伝統を守る」を最優先しては進まない

そもそもですが、「今まで続いてきたことを守る」ということを最優先していると何も進みません

極端に言うと……

  • パンなんて食べるな! 米を食え!
  • 洋式のトイレなんて使うな! 日本人は和式だろ!
  • 日本にはそもそも文字は存在しない! 文字なんか使うな!
  • インターネットなんて使うな! 直接人に聞け!
  • 医学なんて使うな! 神に祈りを捧げろ!

こういうことです。

伝統というのは、歴史の中でいずれかのタイミングで発生して、それがたまたま続いてきただけのものです。

伝統を変えてきたから住みやすい今がある

必要なのは、時代にそぐわなくなったらそぐうようにアレンジすること。伝統に虐げられるより、人間が生きやすくするように伝統を変えることが大事です。

今までの日本人が「続いてきたこと(=伝統)」を思い切って変えてきてくれたからこそ、住みやすい「今」があります。

伝統が好きな方に、サイボウズ社長が爽快な一言を言っていますのでお聞きください。

じゃあ、お前、明日からチョンマゲな。

選択的夫婦別姓への反論へ(その2)|青野慶久|noteより引用しました。

ぜひ明日には、日本の誇る伝統であるチョンマゲをご披露くださいね♪

さて、長くなりましたが、選択的夫婦別姓のメリット、デメリットという形で見てきました。

正直なところ、メリット・デメリットなんて言葉を使うのはふさわしくありません。利点とかのためにやるわけではありませんから。

今の強制的夫婦同姓制度では人権侵害になっているし、女性差別になっているし、法的にも矛盾があるから、それを正しくしようとしているだけです。

そして最後にもう一度書きますが、あくまで「選択的夫婦別姓制度」になろうとしているということを覚えておいてくださいね。

自分が生まれたときからの名字を結婚後も使いたいという人にその望みを叶えられる「選択権」を与えるだけです。

夫婦の名字を統一させたい人のデメリットは一切ありません。選択が減るのではなく、増えるだけですから、あなたの生活が脅かされることはありえません。

最後に、青野さんがネット上で署名活動も行っております。なるほど!と思っていただけたら、ぜひこちらのページからご署名ください!

詳細はこちら

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい