「あなたは夫婦別姓についてどう思いますか?」→「賛成 VS 反対」の対立構造がズレているよ

ノマド的節約術

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

ときどき「夫婦別姓に賛成ですか? 反対ですか?」のようなアンケートが取られています。

その回答への「賛成派」は、年々増えていき、今や反対派を超えるほどになっています。

今回は「賛成派が増えたぞ!」という話ではありませんし、「反対派」を否定するという話でもありません。

そもそも、この「夫婦別姓に賛成 VS 反対!」という対立構造がおかしいということについてお話します。

「夫婦別姓に賛成 VS 反対」の対立構造のおかしさ

テレビやネットをはじめ、メディアは「夫婦別姓に賛成ですか? 反対ですか?」とか「夫婦別姓についてどう思いますか?」のようなアンケートを取ることがあります。

年々、「賛成!」という人が増えてきて、今では反対派を超えていますよね。まぁ、反対するのは高齢者ばかりなので、必然なのですが。

でも、この質問に対してずっと前から違和感を持っていました。

サイボウズの青野さんが起こしている裁判などをはじめ、どの裁判もすべて「名字を同姓か別姓で選べる自由を!」という申し立てなんです。

名字をそろえてもOK! 自分の名字のままでもOK!
名字をそろえてもOK! 自分の名字のままでもOK!

すべての日本国民を夫婦別姓に塗り替えてやる!」なんて誰ひとりとして思っていません

今まで通り夫婦同姓がいいと思えば同じ名字のままでオッケー。生まれたときの名字をずっと使いたい人はそのままでもオッケー。

ヨス

かなりシンプルですよね?

つまり、「夫婦別姓賛成派」と「夫婦別姓反対派」が戦う必要もないし、戦う意味もないわけです。

「選択的夫婦別姓」の焦点は「多様性」

大切なのでもう一度言います。

国民に「夫婦別姓に賛成ですか? 反対ですか?」のアンケートに対して「ワイは賛成!」「ワシは反対ぢゃぞ!」という意見を戦わせてもまったく意味がないということです。

では、どんな対立をすれば有意義なのかというと、こちらです。

本来の質問

結婚後の「改姓(片方の名字が変わること)」を
強制したい?

    VS
強制したくない?

言い換えてこんなふうに言っても同じです。

本来の質問2

結婚後の「改姓」を
強制されたい?

    VS
強制されたくない?

ここまで読んでくださった賢い方はお気づきでしょう。そうです、焦点は「夫婦同姓 VS 夫婦別姓」では断じてありません。

多様性を認めるか認めないか」なのです。

さて、今回の問題ですが、メディア的にはあえて「賛成派 VS 反対派」という対立構造にしたほうが分かりやすいからという理由からですかね……。

もしくはお互いケンカになって「見た目的に」面白いからでしょうか?

どちらにしても視点がズレていて残念な感じです。

パートナー

この記事、おもしろかったわ。ほかに似た記事ないん?

ヨス

夫婦別姓のカテゴリ」にあるきん、そっち見てや。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい