「男だったら泣くな!」が自殺する男性を再生産していることを知っておこう

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

日本は自殺が多い国ですが、特に男性に多いという事実をご存じですか?

男性に自殺が多いのは、「ジェンダー」が原因だとわたしは確信しています。

今回は男性に対するジェンダーの話、「強くあれ」という偏見について思っていることをまとめました。

男性に自殺が多いのはなぜ?

日本は自殺の多い国です。

東京に行っているときに、「人身事故で電車が遅れている」という体験をしたのは一度や二度ではありません。

その自殺ですが、約7割が男性だそうですね。正確には69.4%(16,681人)だそうです。

参考: 平成 27 年中における自殺の状況

ではなぜ男性に自殺が多いのでしょうか?

間違いなく、男性には弱いことが認められていないからでしょう。

会社をリストラされた、会社で上手く行っていない……こういう状況になったとき、男性はとたんに弱くなる方が多いです

だって外から見て「自分が弱い立場にある」ということを認めたくないですし、弱音を吐くということも「男のくせに」と言われるのが怖くてできないんですよ。

男は強くあるべき?

男性は「社会的に作られた性(ジェンダー)」では、「強くあれ」という期待値が高いんです。

たとえば会社にいても、こんな言葉を聞いた経験はありませんか?

荷物が多いから男性は運ぶの手伝ってくれ!

ほかにも……

男手がほしいからお父さん方はなるべく参加お願いします。

たぶん、何度も耳にしたことがあると思います。

これらは、物理的に「男は女よりも強い」という偏見から普通に使われている言葉ですが、問題だと思ったことはありませんか?

はぁ? そんなことでつべこべ言うなんて男らしくない!

もしかして、わたしに対してこう思いましたか? それも「男は強い」という偏見です。

男でも力の弱い人はいっぱいいる

「男の方が女より力が強いのは当たり前だろ」と思う方もいるかもしれません。でも、それって本当でしょうか?

平均ではそうかもしれないですが、そのセリフは「力の最も弱い男性」よりも「力の最も強い女性」の方が弱くないと成立しません

あなたが男性なら、地球上のすべての女性より力が強い自信はありますか? ……もちろん、ないですよね。

多くの女性に力で負けている男性はいたって普通であり、ゴロゴロいるのも当然なんですよ。

たとえば、わたしは筋肉がつきにくい体質なのか力が弱いです。2012年にバセドウ病になってからは体力も激減しました。

わたしの周りでも、友達の白井 祥剛さんは筋ジストロフィー(ベッカー型)という病気で、筋力が人よりありません。

駅の階段を登るのさえ大変で、思い荷物を運ぶなんて到底ムリなんですね。

でも、もし会社に在籍していたら言われるはずなんですよ。

男性社員は荷物運ぶの手伝ってー。

……と。

実際に、わたしより力の強い女性が荷物を手伝わずに、物を運ぶというスキルにおいては特性のないわたしが「男性である」という理由だけでかりだされるのです。

いやー、「作業」という観点から見ても非効率的ですね。まぁ、日本ぽいと言えば日本ぽいのですが。

女は「お茶くみ」な!

と同じレベルだということにお気づきでしょうか?

男性への偏見が問題になりにくい理由

こんな男性への偏見が日常にはあふれているのですが、実は問題になりにくいのです。「問題になりにくい」という問題があります。

それはその偏見が、どちらかというと「上位」にあるからです。

「男性は女性より力が強いから手伝って」というのは、いわば「頼られている」という構図に見えます。それって嫌な気はしませんよね?

(まぁ、利用されているだけなんですけど)

逆に「女は力が弱い」という見下すような偏見だと、問題になりやすいのです。

見下されることには、誰しもが不満を持ちますから。

偏見は今もなお再生産されている

こんなことを書いている間にも、「男は強くなければならない」という偏見は今もなお再生産され続けています。

子どもに向かってこういうことを言っている方、多いですよね……。

  • 男のくせに泣くな!
  • 女の子に負けて悔しくないのか?
  • 男だったら1回ぐらいであきらめるな!

どれも愛情を持って言っているのはわかります。でもね、
「男」に関連付ける必要性ってあるんですか?

子どもに「あきらめるな!」って言うのはいいんです。いえ、大事なんです。

でもそこに「男だから」というスパイスって必要ですか?「泣くな!」「あきらめるな!」ではダメなんですか?

逆を言うと、いっしょにそのセリフを聞いているお姉ちゃんや妹は……

  • 女は泣いてもいいんだ
  • 女は男より劣っているんだ
  • 女の子ならあきらめてもいいんだ

……と学んでいますよ?

さて今回は、「男は強い」という偏見について書きました。

この記事を読んで「男がつべこべ言うな」と思った方、あなたは完全な男性差別主義者です。

こういうことって言う人が本当に少ないし、言うこと自体がかっこ悪いと思っている方が多いですよね。

わたしは「自分の力も体力も大したことがない」ということを知っていると同時に、「ほかに人よりも優れた能力がある」という自信があるから堂々と書けるんですけどね。

そういう意味では、男性は自分に自信がないと「弱音」すら吐けないんですね……。本当にひどい状況です。

少しでも自殺が減ることを願っています。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい