カナダのビクトリアに行ってくるのでどんな町か調べてみた!

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

この8月から2週間ほど、カナダのVictoria(ビクトリア)に行ってきます。

というわけで、行く前にビクトリアがどんな町なのかを調べてみました!(また行ってから写真や情報を追加します)

カナダのビクトリア(Victoria)について

カナダにあるVictoria(ビクトリア)という町ですが、どんな町なのでしょうか?

まとめてみました。

カナダのビクトリアはバンクーバー島にある

カナダのVictoria(ビクトリア)という町は、カナダ西部……というか西の端です。

州でいうと、有名な Vancouver(バンクーバー)と同じブリティシュコロンビア州になります。

バンクーバーは大陸にあるのですが、そのさらに西にある「バンクーバー島」という島にある町ですね。

わたし、ニュージーランドもそうなのですが、島って大好きなんですよ。四国生まれだからかな。

ビクトリアは「西岸海洋性気候」

そして、ビクトリアのすばらしいところは、西岸海洋性気候ということ!

見てくださいよ! こちらは、西岸海洋性気候の部分を緑色にしている地図ですが……

Koppen World Map Cfb Cfc Cwb Cwc
By Koppen_World_Map_Hi-Res.png: Peel, M. C., Finlayson, B. L., and McMahon, T. A.(University of Melbourne)derivative work: Me ne frego (Koppen_World_Map_Hi-Res.png) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

わかりにくいですが、カナダ広しと言えど、西岸海洋性気候なのは、西海岸の一部だけ!

あ、興奮してすみません(笑)。

実はわたし、西岸海洋性気候が大好きでして、小学校で習ったときに「住むなら西岸海洋性か地中海性やなぁ」とずっと思っていたので(←本当に)。

どんな気候なのかというと……

  • 夏はそれほど暑くならない
  • 冬は暖流や偏西風気圧配置の影響で高緯度の割には温かい
  • 1年を通して気温差少ない
  • 雨量は少なめで、一年中で偏りがない
ヨス

最高じゃないですか?!

ちなみに、わたしの好きなもう1つの国であるニュージーランドも西岸海洋性気候です。

ビクトリアはこんな町

では、ビクトリアってどんな町なんでしょうか?

ビクトリアでお世話になる友達のTylerにその魅力について語ってもらいました。

  • 日本のじめっとした暑さがなく、気候がすごしやすい
  • イギリスっぽい古い町並み
  • 気候がいいので花がいっぱい咲いている
  • 小さい町ではないけど、大きい町でもない
  • ローカルのお店が多い
  • Island Farmsのミルクが美味しい
  • ハイキング、サーフィンなどアクティビティがいろいろ楽しめる
  • 住んでいる人たちがスーパーフレンドリー!

こんな感じでいっぱい言っていましたが、書ききれませんでした(笑)。

住んでいる人がフレンドリーというのはいいですねー。

ビクトリアの詳細情報

ではビクトリアの町としての規模など、データで見てみます。

1ビクトリアの面積

ビクトリアの面積は19.47km²だそうです。日本だと沖縄県浦添市と同じぐらいですが、あんまりピンと来ません。

わたしの住んでいる香川県丸亀市の面積は111.79km²なので、ビクトリアはこじんまりした町なのかなと思います。

2ビクトリアの人口

人口は2014年のデータでは8.429万人だそうです。85,000人ということです。

調べてみると静岡県袋井市、東京都東大和市、大阪府摂津市ぐらいの規模ですね。摂津には住んでいたことがあるのでなんとなくわかりました。

わたしの住む丸亀市は11万人です。

3ビクトリアの人口密度

ビクトリアの人口密度は3,765.6 人/km²です。

これまたぜんぜんピンと来ませんが(笑)、比較のために日本で同じぐらいの人口密度の市を挙げると福岡県大野城市、千葉県八千代市です。

わたしの住む丸亀市は984.42人/km²なので、丸亀と比べるとだいぶ人が密集している感じですね!

4ビクトリアへの移動手段

ビクトリアは先ほども書きましたが、島です。その上、橋もないため、移動手段はスムーズには行きません。

飛行機

ビクトリアには国際空港があります。バンクーバー空港から約25分で着くぐらいの近さです。

昇って降りるって感じですよね(笑)。

値段はわたしが買ったときは往復で150ドルほどでした。

水上飛行機

水上飛行機(seaplane)というものがあるそうです。

バンクーバーのダウンタウンから、ビクトリアのダウンタウンを約35分で飛べます。運航便数は月によるそうです。

所要時間は35分で160ドル程度でなかなか高価ですね……。

ただ、飛行機は飛行場がダウンタウンからだいぶ離れているので、お金も時間もかかります。お金を取るか、時間を取るか……ですね。

詳しくは公式サイトHarbour Air Seaplanesを。

バス(バスごとフェリー乗船)

バンクーバーのダウンタウンからバスが出ているようです。そのバスごとフェリーに乗って、そのままビクトリアのダウンタウンまで行きます。

合計4時間程度かかりますが50〜60$という安さがウリですね。

詳しくはBC Ferries Connectorのサイト(英語)を

ビクトリアでオススメの観光地

ではビクトリアでオススメの観光地をピックアップしてみます。

実際に行ってからくわしく書きなおしたいと思います。

Inner Harbor(インナー・ハーバー)

港沿いに遊歩道があり、近辺に州議事堂などが立ち並んだところだそう。

お店がいっぱいあって楽しそうです。

Royal British Columbia Museum(ロイヤル・ブリティッシュ・コロンビア博物館)

博物館です。

カナダの先住民が作ったトーテムポールも展示されているそうです。

Beacon Hill Park(ビーコンヒル・パーク)

ダウンタウンの南にある大きな公園だそうです。

Bastion Square(バスチョン・スクエア)

バスチョン・スクエアという人気のスポットだそうです。

わたしはこのあたりにある英会話スクールに2週間だけ通う予定。

Craigdarroch Castle(クレイダーロック城)

クレイダーロック城というお城です。

スコットランド出身の名士ロバート・ダンズミュアが1890年に建てた邸宅で、本当のお城ではないそうです。

……ですよね……。そんな歴史的なお城があるなんておかしいと思いました!

Fort Rodd Hill(フォート・ロッド・ヒル)

国定史跡に指定されている砦だそうです。

1873年に建設された灯台もあって、アシカも出没するんだとか。

The Butchart Gardens(ブッチャート・ガーデン)

いろんなお花を楽しめる有名なスポットだそうです。

さて、いろいろ調べましたが、やっぱり行ってみないとわかりませんね。

いっぱい写真撮ってきたいです!

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!