バンクーバー国際空港に到着し入国審査を抜けるまでの完全手引き

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

海外旅行、特に初めての方にとって、飛行機到着後の行動ってどうしていいかわかりませんよね。

今回は、カナダのバンクーバー国際空港(YVR)に着いて、入国審査を受ける方法を紹介します!

バンクーバー国際空港に着いて入国審査まで

バンクーバー国際空港(Vancouver International Airport)は、カナダの玄関とも言える国際空港です。空港のコードは「YVR」。

場所的にはブリティッシュコロンビア州のリッチモンド(Richmond)にあります。

ヨス

そう、バンクーバーという名前ですが、厳密にはバンクーバーにないんですね!

ではバンクーバー国際空港に飛行機で着いて、入国審査を終えるまでを紹介します!

飛行機を降りて

では、飛行機を降りてバンクーバー国際空港の中を歩いていきましょう。

エアカナダ
エア・カナダを降りる

とは言っても、基本的にみんなの後をついて行けばオッケーですよ(笑)。

1「Arrivals(到着)」のサインを追って行く

飛行機を降りたら、とりあえず「カバンのアイコン(Arrivals: 到着)」を追っていけばいいですね!

「Arrivals」を目指す
「Arrivals(到着)」を目指す

……ということを知らなくても、みんなの後を着いていけば問題ありません。行くところは同じなので。

みんなのあとをついて行けばオッケー
みんなのあとをついて行けばオッケー

2エスカレーターで上へ

おそらく、すぐにエスカレーターで上に登っていくと思います。

到着したところは2階で、3階に登っていくということですね!

エスカレーターを登ったら、今度は「All Passengers(すべての乗客)」という文字を目指しましょう。

ひたすら「バッグ」のアイコンを目指す
ひたすら「バッグ」のアイコンを目指す

さっきの「Arrivals」のときとバッグのアイコンイラストは同じなので、とにかく「バッグ」のイラストを追っていけばいいです。

ちなみに、歩いていると1階が見えます。

1階が見えるよ
1階が見えるよ

このときは早朝でお店が開いていませんでしたが。

そのまま、ほかの方と同じ方向にひたすらまっすぐ進んでください。

ひたすらまっすぐ
ひたすらまっすぐ

3動く歩道を越えたらもうすぐ

すぐに「動く歩道」が見えてきます。そしたらもうすぐです!

動く歩道
動く歩道

動く歩道の向こうにこんな看板が見えてきます。

どこに行けばいいか迷う看板
どこに行けばいいか迷う看板

この看板ですが、ちょっと迷いますよね……。

4前にあるエスカレーターを降りる!

なんかややこしい看板ですが、気にせずまっすぐに行きましょう。

ほら、こんな看板がありましたよ!

「ようこそ」と書かれた看板
「ようこそ」と書かれた看板

英語とフランス語で「ようこそ」と書いてあります!

そのまま、目の前のエスカレーターを下ってください!

エスカレーターを下る
エスカレーターを下る

5大きな円形のオブジェが見えてきた!

エスカレーターを降りながら左前に大きな円形のオブジェが見えてきます。

左前に大きな円形のオブジェが!?
左前に大きな円形のオブジェが!?

こんなオブジェです!

円形の大きな木でできたオブジェ
円形の大きな木でできたオブジェ

オブジェの後ろには水が滝のように流れていますよ!

6オブジェの目の前に入国審査の場所

そのオブジェの目の前にはこんな風景が!

大きな木彫りの人形が迎えてくれる
大きな木彫りの人形が迎えてくれる

大きな木彫りの人形×2 が迎えてくれます!

ヨス

この人形を見たら「バンクーバーに来た!」って感じですねぇ。

そのままエスカレーターを降りて1階に行きましょう。

エスカレーターを下る
エスカレーターを下る

上の写真はエスカレーターを下ってから、見上げたところ。

入国審査の手続き

そして、いよいよ「入国審査」の手続きです。

以前は英語で書かれた紙に記入していく……という大変な作業が必要でしたが、今は超簡単ですよ!

それは「Border Xpress(ボーダーエクスプレス)」と呼ばれる機械をバンクーバー空港が導入したからです。

「Border Xpress(ボーダーエクスプレス)の機械
「Border Xpress(ボーダーエクスプレス)」の機械

この機械の何が素晴らしいって、画面に日本語で現れるボタンをポンポンと押していくだけでオッケーだということ! ラクすぎる……。

1「Border Xpress(ボーダーエクスプレス)」のところへ

では、「Border Xpress(ボーダーエクスプレス)」のところに行きましょう。

「Border Xpress」の場所へ
「Border Xpress」の場所へ

まっすぐ進んでいけばオッケーです。

「Border Xpress(ボーダーエクスプレス)の機械
「Border Xpress(ボーダーエクスプレス)」の機械

いっぱいあるので空いているところに行きましょう。列ができることはほとんど無いはずです!

2「日本語」を選択

まずは言語を選ぶ画面なので、日本語を選択しましょう。もちろん英語でもいいけど。

「日本語」を選択
日本語を選択

3「続ける」を押す

「個人情報保護に関する説明」が表示されます。

個人情報保護に関する説明
個人情報保護に関する説明

長い文面がありますが、どちらにしても続けるを押さないと次に進めないので押しましょう。

4申告する人数

次は「ご一行の中でこの申告に含まれている人は何人ですか?」という質問ですが、申告する人数ですね。

1人なら1を、家族5人で来たのなら5を押しましょう。

ん? 表示には5までしかないのですが、6人家族だったらどうするんだろう?

5居住地

お次は「居住地」、つまり住んでいるところですね。

これを読んでいる多くの方は日本でオッケーでしょう。

もちろん、日本以外からバンクーバーに来た方は、その国を選択してください。

6どこを経由して来た?

お次の質問「どこから到着しましたか?」という質問は不意打ちを食らうかもしれません(笑)。

回答はこちらの中から選びます。

  • 米国から
  • 米国以外の国から直接
  • 米国以外の国から米国経由で

ご自身の飛行機の経路からお選びください。

わたしはエアカナダで成田から直接来たので、米国以外の国から直接を選択しました。

7パスポートをスキャンする

ではパスポートをスキャンしましょう。

パスポートをスキャンする
パスポートをスキャンする

パスポートの自分の写真が写っているところを開いて、下の写真のようにスキャンするところに置きます。

パスポートの置き方はこちら
パスポートの置き方はこちら

もし、カナダの永住権を持っている方は「カナダ永住権カード」でもオッケーなようです。

8顔写真を撮影

そして、お次はなんと顔写真を撮影します。

この機械の上にカメラがあるので、そこで撮ってくれますよ!

カメラが付いている
カメラが付いている

こういうものは外してから撮影します。

  • サングラス
  • 帽子
  • マフラー

ということでしましま帽子を脱いで撮影です。

帽子は脱いで撮影
帽子は脱いで撮影

あと、自然な表情で撮影しましょう。笑顔はダメなようです。

9カナダを訪れた目的は?

お次は「カナダを訪れた目的は?」という質問です。

多くの場合は「旅行」だと思います。ご自分に合ったものを選択してください。

日本語なのでラクですねー。

10カナダでの滞在期間

そして「カナダでの滞在期間」を入力します。

数字のキーボードが出現するので、それで入力しましょう。

到着した日を含め、最後にカナダを出る日までの日数を数えましょう。

11カナダへの旅行者の免税範囲

そして「カナダへの旅行者の免税範囲」です。

実はわたし、ここで間違ってしまいましたので注意です。

カナダへの旅行者の免税範囲
カナダへの旅行者の免税範囲

どういうことかというと、「カナダに入国するとき」に外国で買った物を持って入国すると「税金」がかかるんですね。

でも、たとえば「一品60カナダドル以下の贈答品(アルコール・たばこ類を除く)」「ワイン1.5リットル」「たばこ200本」の場合は税金がかかりません。

でもそれを超えている場合、自分で「超えています」という申告をする必要があります。

そこで、こちらの画面ですよ(上で載せたのと同じですが)。

カナダへの旅行者の免税範囲
カナダへの旅行者の免税範囲

この画面では「免税枠を超過していますか」という質問に対してはい、もしくはいいえで答えるんです。

わたしは贈答品は何一つ持ってなかったので、本来いいえにするべきでした。

ところが、はいを押していたんですね。間違う方もいると思うのでお気をつけを。

そしたら、あとで対面で審査官に「申告するものは何ですか?(英語)」と聞かれて困りました(だってそんなモノ無いもの……)。

12申告

そして、危険物などを持ち込んでいないことの申告です。

申告
申告

簡単にまとめると……

  • 火器や武器
  • 商品の見本など
  • 生肉など
  • 1万カナダドル以上の現金
  • 現在所持している以外に別送したもの
  • カナダに来る前に農場に行ったか?

こういうことですが、全部いいえの場合は、すべて「いいえ」が右上にあるので押しましょう。

13申告が嘘でないことの証明

最後に「申告」が嘘ではないという証明です。

間違いなければ証明するを押して終了です!

14レシートが出てくる

紙(レシート)が機械から出てくるのでそれを取りましょう。

紙には先程撮影した自分の写真、名前、誕生日などが印刷されます。

ちなみに「申告するもの」がある方の場合は、紙の右上に、大きく「C」と書かれています。

審査官のところへ

さて、機械で審査を終えれば、今度は入国審査官のところに行きます。

こんなところで並ぶようになりますが、そんなに大したことありません。

対面で申告
対面で申告

審査官にはパスポートと先ほど機械から出てきたレシートを見せましょう。

すると「入国の目的は何?」とか「何日いるの?」ぐらいを聞かれるだけです。

荷物を受け取り出口へ

では荷物を受け取って出口に行きましょう。

1預けていた荷物を受け取る

さて、ここまで来てやっと飛行機に預けていた荷物を受け取れます。

飛行機に預けていた荷物を受け取る
飛行機に預けていた荷物を受け取る

わたしは機内に持ち込める大きさのスーツケースのみだったので受け取る荷物はありませんでした。超ラクです。

2出口へ

そして、出口です。

出口前には審査官(?)がいるので、先ほどのレシートを渡します。

レシートを渡して出る
レシートを渡して出る

ここにいる人はめっちゃ無愛想かも知れませんが、気にしない。

【おまけ】バンクーバー国際空港には無料Wi-Fiがある

バンクーバー国際空港には無料Wi-Fiが通っています。

スマホのWi-Fiで「@yvrairport」というのを選択しましょう!

「@yvrairport」を選択
「@yvrairport」を選択

するとこんな画面が立ち上がってきます(立ち上がらないときはブラウザを立ち上げるとこの画面になる)。

「I Agree(同意する)」をクリック
I Agree(同意する)をクリック

ここでI Agree(同意する)をクリックすればWi-Fiが繋がりますよ!

さて、今回はバンクーバー国際空港に到着してから、入国審査を通過する方法を紹介しました。

本当に機械化されてからラクになりました。

とりあえず、もしこの記事を日本で出国前に読んでいるとすれば、無料Wi-Fiのことを覚えておいてくださいね。

そして、バンクーバー国際空港で無料Wi-Fiに繋げて、もう一度この記事を読めばバッチリです!

「eTA」をまだ取っていない方はこちらの記事を!

航空会社エア・カナダを利用する予定で機内の様子が気になる方はこちらの記事を!

ちなみに、上で使っている写真はバンクーバー空港でちゃんと「撮影してもいい?」と許可をとってから撮りました。

「え?! ここの写真?!」とびっくりされ(たぶん「おいおい、こんなとこ撮って何が楽しんだ?!」という感じ)、半笑いされながら「もちろん!」と言ってもらいました。

バンクーバー国際空港のあるリッチモンド近辺でホテルを探すならこちら。

バンクーバー市内でホテルを探すならこちら!

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい