2017年8月2日

「淡路島マンモス」のコテージは最高! BBQとカブトムシ狩りを満喫してきた

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

香川県に住むわたしが関西に出るときによく利用しているのが高速バス。そしていつも通っているのが淡路島です。

淡路島に橋で渡り、そのまま通過して、もう一度橋を渡り神戸に行っています。

そんないつもは通過している淡路島ですが、ステキなコテージ「淡路島マンモス」があることを知り、一泊二日で泊まって来ました。

淡路島マンモスの看板
淡路島マンモスの看板

淡路島マンモス

「淡路島マンモス」というのは、淡路島にある宿泊施設の名前です。

淡路島は、四国の北東にある香川と兵庫県の間に浮かぶ島です。

その島の真ん中の方にあるのが淡路島マンモスという場所です。

宿泊施設として、こんな感じのコテージと……

今回泊まったコテージ
今回泊まったコテージ

ホテルもあります。

すぐ近くにある建物に入る
すぐ近くにある建物に入る

食べ物は持ち込みで、素泊まりというタイプの宿泊施設です。

淡路島マンモスには車で

淡路島への移動方法ですが、車しかありません。

淡路島に渡るよ
淡路島に渡るよ

こんな看板が見えたらもうすぐです!

こんな看板が見えたらもうすぐ
こんな看板が見えたらもうすぐ

坂を上ってちょっと行けば、すぐに淡路島マンモスに着きました!

入り口はこんな緑のトンネルがあります。

淡路島マンモスの入り口
淡路島マンモスの入り口

「淡路島マンモス」と書かれた手書きの看板もいいですね!

淡路島マンモスの看板
淡路島マンモスの看板

すぐ目の前に、淡路島マンモスの駐車場がありますよ。

駐車場は目の前にあります
駐車場は目の前にあります

淡路島マンモスでチェックイン

淡路島マンモスの敷地に入ったところです。

淡路島マンモスに入ったところ
淡路島マンモスに入ったところ

あ、これは入り口から見た風景ではなく、中から入り口の方向を見たところですね。

バーベキューをする場所(有料)があって、その向こうに印象的な絵が描かれています。

バーベキューをするところもあります
バーベキューをするところもあります

これ、海外の方が泊まったときに書いてもらったんだとか。なかなかステキですね。

というわけで、チェックインをしにいきましょう。チェックインのできる時間は 15:00 ~ 18:00 です!

こんな建物がありますのでこちらで。

すぐ近くにある建物に入る
すぐ近くにある建物に入る

こちらはオーナーの りゅう さん。

オーナーのりゅうさん
オーナーのりゅうさん

気さくな方で、意気投合しました! いろんなお話が聞けて、さらにこのブログを読んでくださった方に特典までご用意してくれましたよ!!

ヨス

くわしくは後ほど……

淡路島マンモスのコテージ

ということで、りゅうさんのご案内でコテージまで行きました。

まずは階段を下っていきます。

階段を下っていく
階段を下っていく
ヨス

これが何度も行き来するとけっこうキツい(笑)。たぶん若い人だったら平気なんでしょうけど。

コテージが見えてきました!

コテージが見えてきた!
コテージが見えてきた!

めっちゃ森の中ですねぇー!

階段を下りてたどり着いたのがこちらのコテージ!

今回泊まったコテージ
今回泊まったコテージ

ステキなコテージです。テンション上がります!

コテージの前にはテーブルとバーベキューの道具が置いてあります。

コテージ前にはテーブル、バーベキュー用の道具が
コテージ前にはテーブル、バーベキュー用の道具が

イスもありますね。ここでバーベキューができます!

こちらがコテージの入り口です。

コテージの入り口
コテージの入り口

森の中なので、アブや蚊がいたりします。ドアは絶対に開けっ放しはダメですよ!

わたし、夜中にドアを開けたときにセミがコテージに侵入してえらいことになりました。子どもたちが寝たところだったのに(笑)。

コテージの目の前の景色は……

コテージの目の前の景色
コテージの目の前の景色

木がいっぱいです。あ、ここに灰皿があることから予想できると思いますが、コテージ内は完全禁煙です。

淡路島マンモスを選んだ理由も、完全禁煙なことが大きいです。素晴らしい。

淡路島マンモスのコテージの中

ではコテージの中に入りましょう。

こちらは、コテージ内から入口のドアを見たところ。

コテージの玄関
コテージの玄関
ヨス

超ログハウス!! 木の匂いが最高ですね。

玄関の靴箱にはこんな造花が飾られています。

玄関の靴箱
玄関の靴箱

横には殺虫剤が置いてありますが、コテージ内には1匹も虫はいませんでした。うるさいセミが入ってきたけど追い出したので(笑)。

そして、入り口から中を見た風景がこれ。

ログハウスの入り口から見た風景
ログハウスの入り口から見た風景

子どもたちが荷物を散らかす前に写真を撮ればよかったです。

ソッコーで、ソファーでゆったりしました。

ソファーでゆったりできます
ソファーでゆったりできます

まぁ、すぐに子どもたちに占領されましたが。

コテージの1階

コテージの1階はリビングと座敷があります。

こちらがリビング。

ログハウスの入り口から見た風景
コテージの入り口から見た風景

奥にあるのがキッチンですね。

コテージ内のキッチン
コテージ内のキッチン

テレビ、電子レンジ、電気ケトル、冷蔵庫、子どものおもちゃ、そして……

ガスコンロじゃなくて電気です
ガスコンロじゃなくて電気コンロです

そうなんです。ガスコンロじゃないです。電気コンロ!!

シンクには食器洗い用の洗剤とスポンジもありました。食洗機はありません。

リビングの隣は座敷になっています。

コテージの座敷
コテージの座敷

もちろん、エアコン完備ですよ!

こちらはカーテンを開けた写真。木々が見えて気持ちいい!

ログハウス内の座敷の窓
コテージ内の座敷の窓
ヨス

はぁ……ここで住みたいわ。

天井もついでに。

コテージの天井
コテージの天井

コテージのトイレ・お風呂

コテージ内のトイレ。

コテージのトイレです
コテージのトイレです

子ども用の便座まで用意してくれていますね。写真には写ってないですが、おむつ専用のゴミ箱もありました。

おもちゃもあったし、完全禁煙だし、淡路島マンモスは子連れの家庭にやさしいところです。

こちらはトイレの隣にある洗面所。

トイレのとなりの洗面所
トイレのとなりの洗面所

ハンドソープ、ドライヤーも見えますね。

洗面所
洗面所

ペーパータオルもあるし、タオルを乾かす用のやつも見えますね。

こちらもちゃんと用意してありますよ。

  • バスタオル
  • タオル
  • 歯ブラシ

お風呂はこうなっています。

コテージのお風呂
コテージのお風呂

シャンプー、リンス、ボディソープ、さらには赤ちゃん用のボディーソープまで!!

コテージの2階

そして、ステキなのが2階です! らせん階段気味の階段を登ります。

二階に登ろう
二階に登ろう

二階はこんな感じです。

二階は屋根裏部屋
二階は屋根裏部屋

屋根裏部屋ですよー!! 子どもたちのテンションがマックスでした。

景色もすてきです。

屋根裏部屋からの景色
屋根裏部屋からの景色

どうですかこれ!? 最高です。

布団も用意されています。

屋根裏にはふとんが
屋根裏にはふとんが

屋根裏で寝る経験なんてそうそうできませんよ!!

なお、この屋根裏部屋にもエアコンと扇風機があります。

屋根裏にもエアコン、扇風機が
屋根裏にもエアコン、扇風機が

右奥の方にありますね。

それと、小さい子が勝手に階段を降りないようにするドアが設置されていて安全です。

すばらしい心配りですね。

コテージの近くの広場

コテージの近くには子どもたちが思いっきり遊べるところがいっぱいです。

森の中に作られた遊び場
森の中に作られた遊び場

いや、子どもだけでなく大人もはしゃげますよ。

手作りの遊具がいっぱい!
手作りの遊具がいっぱい!

なんと「アーアアー」のターザンロープもあります。

アーアアー!のやつもあります
アーアアー!のやつもあります

すげぇ! これも手作りか!

さらにはハンモックも!

ハンモックもある
ハンモックもある

ただ、森の中なので季節にお気をつけを。夏場に「ハンモックやー!」って寝ていると蚊の餌食になりますよ!(笑)

もう少し散歩に行ってみると池もありました。

淡路島マンモスにある池
淡路島マンモスにある池

こんなところがありました。

子育てひろば
子育てひろば

この淡路島マンモスですが、「プレーパーク」としても利用できるようです。

くわしくはこちらを。

参考: 入園方法 | 淡路島マンモス│公式サイト

マンモス広場

もっと行くとマンモス広場というところがあります。敷地がめっちゃ広い!!

マンモス広場の入り口
マンモス広場の入り口
マンモス広場が見える
マンモス広場が見える

個人的に大興奮したんですけどね、ここはトンボの王国ですよ!

オニヤンマがブンブン飛びまくっています。

オニヤンマがブンブン飛んでいるよ!
オニヤンマがブンブン飛んでいるよ!

オニヤンマはあんまり停まらないトンボなので、飛んでいる写真しかないですが、撮るのめっちゃ大変でした。

こちらはウチワヤンマです!

ウチワヤンマ
ウチワヤンマ

ぜんぜん逃げないのでえらい寄って撮りました。

というか手づかみで捕まえられました。どんだけスキだらけやねん!!(笑)

ほかにもオオシオカラトンボ、ナツアカネ、ハグロトンボ、ギンヤンマ……などなど、いろんなトンボがいましたよー!

あ、トンボに話がそれてしまいましたが、マンモス広場にはこういうものがあります。

マンモス広場の様子
マンモス広場の様子

トンネルとか、建物みたいなのとか。

近くに水道もあって、泥遊びも出来ます。

泥遊びもしまくれます
泥遊びもしまくれます

ブラックベリーの栽培もしていました。

ブラックベリーもありました
ブラックベリーもありました

オーナーのりゅうさんに聞きましたが、ブルーベリーを現在別の場所で育成中のこと!

2、3年後にはブルーベリーが摘めるようになるのかも!

淡路島マンモスでバーベキュー!

今回は友達の のんくらさんと 松本博樹さんといっしょにコテージを貸し切って、いっしょにバーベキューをしました。

バーベキューをやったよ!
バーベキューをやったよ!

淡路島の地元の人 のんくら さんが、淡路牛を買ってきてくれたのですが……

淡路牛が豪華すぎる!!
淡路牛が豪華すぎる!!
ヨス

豪華すぎる!!

のんくら さんめちゃくちゃや!!

というわけで、最高に美味しかった「淡路牛」をたらふく食べました。

バーベキュー食べすぎてお腹痛い
バーベキュー食べすぎてお腹痛い

ほかにも のんくら さんの育てている野菜とか、淡路島の玉ねぎとか最高すぎでした!

夜にはカブトムシ狩りに!

バーベキューのあとは、ひたすらアホな話ばかりして、10時を過ぎた頃にはみんなでカブトムシ狩りに行ってきました。

ヨス

みんなって言っても大人だけですよ!(笑)

のんくら さんがとっておきのスポットに連れて行ってくれたのですが、完全に森の中でして……

アブとか蚊がブンブンしてて、子どもにはハードル高すぎでした。連れてこなくて(寝てたので)良かった!

でもそのぶん、収穫もすごくて……

カブトムシ発見!
カブトムシ発見!

カブトムシのエサでワナを仕掛けなくても、ふつうに樹液に集まっている!!

こちらはメスも!

こっちはメス
こっちはメス

ほんとにカブトムシだらけ!

めっちゃカブトムシがいっぱい
めっちゃカブトムシがいっぱい

ほかにもコクワガタ、ノコギリクワガタもいます。

で、カブトムシ狩りから帰ってくると……。

淡路島マンモスの電灯にもふつうにカブトムシがいた!
淡路島マンモスの電灯にもふつうにカブトムシがいた!

捕りに行かなくても、電灯にカブトムシがいました!

カブトムシも捕れるコテージが淡路島マンモスです! 最高だわ。

共有スペースもあります

書き忘れていましたが、淡路島マンモスには共有のスペースもあります。

すぐ近くにある建物に入る
すぐ近くにある建物に入る

入るとこんな玄関です。

そして受付があります。

共有スペースの玄関
共有スペースの玄関

受付のところではドリンクも買えますよー。

ドリンクも売っています
ドリンクも売っています

やっぱり「あわぢびーる」にトライしないと!

こんな感じの料理を作れる共有スペースもあります。

料理を作れる共有スペース
共有キッチン

背景が真っ赤で印象的ですね。

ゆっくり過ごせる共有のダイニングルームもあります。

ゆっくり過ごせる共有スペース
ゆっくり過ごせる共有スペース

無料Wi-Fiも完備されているので、ここを使って合宿やセミナーを開催してもいいですね。大きなスクリーンがあれば完璧です(まだないみたいです)。

ちなみに2階はホテルになっていて……

2階はホテルになっている
2階はホテルになっている

個人や少人数で泊まりに来る方にオススメです。

こんな部屋ですね。

ベッドは2つある
ベッドは2つある

ベッドも2つあって、その横の部屋はたたみになっています。

たたみの部屋もあります
たたみの部屋もあります

お風呂も地下にあります。

貸し切れるお風呂
貸し切れるお風呂

家族で入るときに貸し切れるのもうれしいですね。

このブログだけの特典

今回、このブログを読んでくださっている方だけの特典をオーナーの りゅう さんがご用意してくれました!

オーナーのりゅうさん
オーナーのりゅうさん

なんと……

ヨッセンスを見た!

と りゅう さんに伝えてくださると、ドリンクが50%OFFで購入できます! アルコールもだそうですよ! ぜひ「あわぢびーる」を楽しんでください♪

さらに、普段はやっていない「送迎」もやってもらえるそうです。

最寄りの高速インター「津名一宮インターチェンジ」までは高速バスで行けるので、そこまで送迎をしてもらえるようになります!

普段はやっていないそうですので、この記事を読んでくださった方、超ラッキーです♪

さて、今回は「淡路島マンモス」のコテージを堪能してきました。

子連れの方にはピッタリなのですが、合宿などで友達同士で貸し切るのもいいですね。

共有スペースも充実しているので、セミナーなんかにも使えそう。

ということで、淡路島マンモスはかなりオススメですよ~!

住所
〒656-2154 兵庫県淡路市木曽下1267
宿泊料
淡路島マンモスの料金(1人あたりの値段)
ホテル ツイン 5,000円〜
和室 5,000円〜
和洋室 7,500円〜
コテージ 7,400円〜
※ 上記は平日の料金になります。休日とハイシーズンは料金が変わります。
※ 0〜2歳は無料、3歳以上は大人と同じ料金となります。
チェックイン・チェックアウト
【チェックイン】15:00 ~ 18:00
【チェックアウト】10:00
休業日
年中無休
電話
0799621383
館内設備
【コテージ×2棟】
  • リビング & キッチン: ソファー、液晶テレビ、ミニ冷蔵庫、電子レンジ、電子ポット
  • 畳の間
  • 屋根裏部屋
  • バスルーム
  • トイレ
  • 洗面台: ドライヤー、アメニティー
  • BBQペース(有料)


【ホテル1階】
  • 共有ダイニングルーム: 30名ほどが一度に過ごせるテーブルと椅子あり
  • 共有トイレ: 宿泊者全員が利用可能
  • 共有キッチン: 冷蔵庫、炊飯器、IHヒーター、食器類、鍋、フライパンなど
  • 共有フロントガーデン: 6人がけのテーブル&椅子2台、ベンチ4台
    ※ 和洋室の宿泊者はBBQができます(1日1組限定)


【ホテル2階】
  • 和洋室(テラス付き)×2部屋: 液晶テレビ、トイレ、洗面台、ミニ冷蔵庫、ドライヤー、アメニティー、BBQペース(有料: 1日1組限定)
  • 和室×1部屋: 液晶テレビ、アメニティー
  • 洋室×3部屋: 液晶テレビ、ソファー、アメニティー
  • 共有トイレ & 洗面台(和洋室、和室、洋室のご宿泊者専用)


【ホテル地下1階】
  • 共有お風呂 : 大人2名と幼児2名ほどが一度に入れる広さのお風呂が2つ(ボディーソープ、シャンプー、リンス) ※ 和洋室、和室、洋室のご宿泊者専用
  • 共有洗濯機(有料)

※ アメニティーは歯ブラシ、バスタオル、手ぬぐい
公式サイト
公式サイトはこちら
ネットからの予約はこちら
備考
  • フリーWi-Fi完備です。
  • 館内は完全禁煙です。
  • 寝巻きは用意されていません
  • 食材は各自でご用意ください。
  • 最寄りのコンビニまで車で約10分の距離。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!