2017年7月22日

フランス在住の絵本作家 Chiaki さんと対談してきました!

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回はフランス在住の絵本作家Chiakiこと宮本千安紀さんと対談してきました!

フランス国内でも注目されている作家さんですよー!

Chiaki Miyamotoって?

Chiaki Miyamoto(宮本 千安紀)さんは、フランス在住で、主にフランスで活動している日本人絵本作家です。

ヨスと Chiaki さん
ヨスと Chiaki さん

フランス国内でも注目されている人気絵本作家で、とにかく可愛いキャラクターを描くのが得意です。

色彩豊かな絵。
色彩豊かな絵。どれもキャラクタが可愛いな。

絵本のほかには、フランスの幼稚園とか図書館でワークショップをして、絵を描くことの楽しさを伝え歩いています。

和を感じるような絵
和を感じるような絵。切り絵調で渋い。

ほかにもたくさんの絵本を手がけているのですが、どれもかわいいでしょ?

その他にもいろいろ。
その他にもいろんな絵を。

フランスに惹かれたきっかけ

今回はフランス在住で絵本作家として大活躍している Chiaki Miyamoto さんとの対談です。

ヨス

さっそくですが、Chiaki さんがフランスに住み始めたのはいつですか?

Chiaki

2000年に渡仏したので今年(2017年)で17年目になります。

フランスの町並み
フランスの町並み
ヨス

すごい! もう17年になるんですね。

そもそもなんですけど、いろんな国がある中でなぜフランスに行こうと思いましたか?

Chiaki

デザイン専門学校(日本)の卒業旅行で、前から興味のあったフランスに行ったのがきっかけです。

元々、漫画『ベルサイユの薔薇』を中学生のときに読んでから、フランス革命のことなどに興味を持っていた国でした。

フランスの「蚤の市」
フランスの「蚤の市」
ヨス

興味の発端がマンガというのがさすがですね(笑)。

旅行で行って、フランスのどういうところにひかれたのですか?

Chiaki

街の雰囲気とか色々あるけれど、一番印象に残ったのはある美術館に入ったとき、絵画の前でイーゼルを立てて模写している人を見かけたことです。

日本では見たことのない光景で、芸術に対してなんて懐が深いんだろうと思いました。

フランスの夕暮れの風景
フランスの夕暮れの風景
ヨス

確かにそんな光景は見たことない!

日本だと美術館って敷居が高い場所のように思えますが、フランスではどうなんでしょうか?

Chiaki

フランスでは美術を学ぶ学生は美術館などに無料で入れたりします。

たしかに「芸術」というと日本ではちょっと敷居が高いイメージですよね。

フランスでは一般レベルで普通に浸透しているんです。

そういうのを目の当たりにして、日本でデザイン専門学校を卒業したばかりでしたが、フランスで「絵」というものをもう一度根本から学んでみたいと思いました。

ヨス

なるほど。芸術に対する意識の違いにひかれたということですね。

で、実際に留学しようと思った。

そのときにどういうふうに動いたんですか?

何を学びたいかよくわからなくなったときに「運命」の出合い

Chiaki

当時はインターネットも普及してなかったので、フランス留学関係の情報を見せてくれる機関を訪ねたり、本や冊子なんかで学校を探しました

でも情報を集めているうちに、美術留学といっても絵画やデザイン、壁画、騙し絵など色んな分野があることを知り、目移りしてしまったんです。

自分は具体的に何を学びたいのかわからなくなってしまって戸惑ってしまいました。

ヨス

なんと! それでどうなったんですか?

フランスの川
フランスの川
Chiaki

悶々とした気持ちを抱えていた時に偶然、大谷美術館でボローニャ国際絵本原画展が開催されることを知って。

海外の絵本や物語が子どものときから好きだったので興味を持って、観に行ったんです。

ヨス

わたしもそれ、観に行きました(笑)。めちゃくちゃ良かったですよね!

Chiaki

そう! その時に目から鱗が落ちたというか「私も絵本がやりたい!」と留学の目的が一瞬で決まりました

ヨス

ああー、その気持ちすごくわかります!

実はわたしもあの原画展に行ってから、絵本を買うようになりました。トップクラスの絵本って、人生を変えるほどの魅力がありますよね。

Chiaki

ですよね。あのとき、絵本を見に行ったことが人生の分岐点だったんですね。

ヨス

それにしてもスゴイ……。フランスに行くことも、何を学ぶか決めることもまさにインスピレーションですね!

完全に右脳人間だ(笑)。

Chiaki

はい。右脳人間ですよ(笑)。

フランスの良いところは?

ヨス

フランスに長年住んでみて、フランスのどういうところがいいなぁと思いますか?

Chiakiとヨスの対談
Chiakiとヨスの対談
Chiaki

私が暮らすリヨンでいうと、のんびりした町の雰囲気とか、仕事ではオンとオフとはっきり分ける働き方とかいいなあと思います。

残業なんてしてる人は稀でしょうねえ。

あと、バカンス休暇が長いのがいい(笑)! まぁ、私はフリーランスなのでその恩恵は受けてませんが。

ヨス

「のんびりした町の雰囲気」……素晴らしいですね。写真を見てのイメージどおりです。

こんな風景で残業ばっかりしてたらイヤですね(笑)。

フランスはのんびりしたイメージ
フランスはのんびりしたイメージ
Chiaki

たしかに(笑)。

ヨス

では、そんな町で、Chiakiさんはどんな1日を過ごしているんですか?

Chiaki

朝起きたらまずメールチェックをして、それから仕事にかかります。

……が、家で仕事していることもあって、途中で普段の買い物に出かけたり雑用を片付けたりと、なかなか日中は仕事だけに集中できなかったりします(笑)。

Chiaki さんの仕事場
Chiaki さんの仕事場
ヨス

めちゃくちゃわかる(笑)!「在宅あるある」ですね。

Chiaki

やっぱり(笑)?

なので、私は夕方か夜から仕事し始めることがけっこう多いです。

そうなると必然的に寝るのは遅くなりますね。

去年くらいから寝る前にはストレッチなんかの運動を1時間くらいして汗をかいて寝るように習慣づけています。

Chiakiさんが自分の作品でお気に入りTOP3

ヨス

絵本の話に戻りますが、Chiakiさんが自分の作品で気に入っているものトップ3はなんですか?

Chiaki

初めてストーリー制作にチェレンジした『Le petit renard a la recherche du vent(キツネちゃん、風を探しに)』が、難しかった分思い入れが深くてその意味でトップ1でしょうか。

『Le petit renard a la recherche du vent(キツネちゃん、風を探しに)』
『Le petit renard a la recherche du vent(キツネちゃん、風を探しに)』
Chiaki

あとは日本を意識した版画絵本の『Le petit monde de MIKI(ミキちゃんの小さなせかい)』。

『Le petit monde de MIKI(ミキちゃんの小さなせかい)』
『Le petit monde de MIKI(ミキちゃんの小さなせかい)』
Chiaki

あと、版画と千代紙を使った絵本で『MON PANDA(ぼくのパンダちゃん)』も気に入っています。

『MON PANDA(ぼくのパンダちゃん)』
『MON PANDA(ぼくのパンダちゃん)』

Chiakiさんが絵本を描くときにこだわっているところ

ヨス

Chiakiさんのイラストはキャラクターがいつも凝っていますよね。

どのキャラクターも魅力的で、めちゃくちゃかわいい。

そんな絵を描くときにこだわっているところはなんですか?

Chiaki

絵本だから動物だったり子供だったりするけど、やっぱり登場人物の表情かな。

ってことはやっぱり「」ですね。

ヨス

なるほど! 漫画と同じですね!

Chiakiさんの絵本の朗読会での様子
Chiakiさんの絵本の朗読会での様子
Chiaki

元々、漫画家を目指していましたからね。

あと、文章の内容と絵ができるだけ重ならないように気をつけています。

文章と同じものを描いても面白味がなくなりますから。

だから文章から離れすぎない程度で、できるだけ想像力を膨らませるようにしています。

ヨス

へー! その話を聞くと、なるほど!と思います。絵本ならではのテクニックですね。

では最後に、今後やってみたいこと、展望なんかを教えてください。

Chiaki

さっきも言いましたが、私は最初は漫画家になりたくてその時からずっと絵を描いてきています。

今になってまた漫画を描いてみたいという気持ちが蘇ってきていて

漫画を描いてみたい!
漫画を描いてみたい!
ヨス

おお! ここに来て漫画!!

そう言えば、某少女漫画雑誌に投稿して賞を取ったこともありましたね!これは楽しみ!

Chiaki

なつかしい! でも今後、描くとしたら、当時描いていた少女漫画ではなく、動物漫画を描いてみたいですね。

もう世の中には動物漫画は数多くあるけど、違った視点の面白いものを描けたらな〜と夢想しています(笑)。

ヨス

今のChiakiさんの描く動物漫画ですか!

むしろ、絵柄的に漫画に向いているような気もしますね。 ぜひ描いてください!

期待しています。

Chiaki

がんばります!

ヨス

今回は対談ありがとうございました!

今回の対談は岡山県の倉敷にある「つづきの絵本屋」さんでさせていただきました。すてきな絵本屋さんです。

つづきの絵本屋
つづきの絵本屋

参考: つづきの絵本屋

日本で買えるChiakiさんの書籍

Chiakiさんはフランスで活動している絵本作家なので、残念ながらその作品は日本では買えません。

でも、実は日本で販売されている書籍もあるんです!

どちらの書籍もフランスの写真たっぷりで、Chiakiさんの可愛いイラストもしっかり堪能できます。

両方読んでの感想ですが……ハッキリ言ってうらやましすぎです

さて、今回対談させていただいたChiakiさんですが、実はわたしのデザイン学校時代からの古い友達です。

対談というコンテンツなので丁寧な文章に直していますが、本当はこんな丁寧な言葉遣いではありません(笑)。

というわけで、Chiakiはブログもやっているので、そちらでもフランスの暮らしを垣間見れて楽しいですよ♪

参考: 恋してフランス*絵本と旅とリヨンの暮らし*

参考: chiaki miyamoto : Biscotte

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!