ブロックエディタで「自分で作ったテンプレート」を爆速で出す方法

WordPressのブロックエディタで「自分で作ったレイアウト」を呼び出す方法

こんにちは! ヨス(プロフィールはこちら)です。

WordPressのブロックエディタで決まったテンプレートを使いまわして効率よくブログを書きたいですよね?

そんなムシのいい話……実はあります!!

今回は、テンプレート(レイアウト・デザイン)を自分で作って、それを爆速でブログ内に出す方法玄人向け素人向けに分けて紹介しますね。

【前提】WordPressのブロックエディタの仕組み

まずは、WordPressのブロックエディタで行われる「コピペ」の仕組みから紹介します。

知っておくことで理解しやすくなるので!

コピーするとそのままペーストできる

WordPressのブロックエディタでは、コピペが簡単にできます。

まず、適当なところにカーソルを持っていって、適当にクリックしてコピーしましょう。

適当にクリックしてコピー
適当にクリックしてコピー

そのままペーストすると、先ほどコピーしたものが現れました。

ペーストできる
ペーストできる

これは便利ですよね! なにも考えずにコピペができます!

【注意】<div>でグループ化している場合

上では省略しましたが、わたしの例のように「グループ化(<div>の入れ子)」を使ってレイアウトをしている場合は以下の手順が必要です。

コピーしたい範囲をクリックすると出てくるアイコンの左端にある「グループを選択」をクリックします。

このアイコンをクリックするとその範囲を囲むdivごと選択
このアイコンをクリックするとその範囲を囲む<div>ごと選択

この状態、つまりグループを選択した状態でコピーしなければ全体をコピーできません。

これでそのグループ(<div>)ごとコピーされますよ。

2つの<div>で入れ子にしている場合、もう一度「グループを選択アイコン」を押す必要があります。

クリップボードには何がコピーされている?

ここで問題が生じるでしょう。

クリップボードには何がコピー(保存)されているの?

ということで、メモ帳などにペーストしてみましょう。

次のような文字列が出てきます。

<!-- wp:group {"className":"txt_example-wrap"} -->
<div class="wp-block-group txt_example-wrap"><!-- wp:group {"className":"txt_example"} -->
<div class="wp-block-group txt_example"><!-- wp:paragraph {"className":"headline"} -->
<p class="headline">箇条書きの例</p>
<!-- /wp:paragraph -->

<!-- wp:list {"className":"stk-list-icon\u002d\u002dcheck02","listIconSetting":"stk-list-icon\u002d\u002dcheck02"} -->
<ul class="stk-list-icon--check02"><li>友情</li><li>努力</li><li>勝利</li></ul>
<!-- /wp:list --></div>
<!-- /wp:group --></div>
<!-- /wp:group -->

コードのわかる人が見ると「なんか余計なコードがいっぱい混じってるぞ!」と思うはず。

<!-- wp:group {"className":"txt_example-wrap"} -->」のようなコメントアウトタグが多いですよね?

実はこれが、コピペできるカギになっています。

これを一瞬で出せたらいいのでは?

先ほどのコードをWordPressのブロックエディタにペーストすればコピーできる。

……ということは、このコードを一瞬で出力できれば、簡単にテンプレートが使えるという意味になりますよね?

では、それを解決する方法を紹介していきますね。

【解決方法】スニペットツールに登録する

文字列を登録するといえば、単語登録ですが、登録できる文字数に限りがあるため難しいです。

そこで使うのがスニペットツールになりますよ。

スニペットツールとは?

スニペットツールとは、次のアニメーション画像のようなことができる入力補助アプリです。

PhraseExpressの例
スニペットツール「PhraseExpress」の例

一瞬で長い文字を出力しています。しかも改行も反映される!

参考: スニペットツールとは? テンプレートを一瞬で呼び出せる「最強の単語登録ツール」

一瞬で出力される例

ということで、スニペットツールに登録し、ブロックエディタ上で使ってみました。

次のアニメーション画像のようになります。

自分で作ったレイアウトを一瞬で出しているアニメーション
自分で作ったレイアウトを一瞬で出している

ul;と文字を打った瞬間に、レイアウトが出現していますよね?

爆速すぎる!

スニペットツールを使えば、次のように「プルダウンで選択」することもできます。

スニペットツールでプルダウンを使っている例
スニペットツールでプルダウンを使っている例

yos;と文字を打った瞬間に、ウィンドウが出現し「アイコンの表情」を選んでいますよ。

【簡単】STORK19でテンプレートを作る方法

本記事で紹介している方法は少し高度かもしれません。

よくわからない人には、WordPressテーマ「STORK19」に最初から備わっている「再利用ブロック(ブログパーツ)」を使うのをオススメです。

その手順を紹介しますね。

  1. 「再利用ブロック(ブログパーツ)」に登録

    まずは「再利用ブロック(ブログパーツ)」に、テンプレートとして使いたいものを登録します。

    「再利用ブロック(ブログパーツ)」をクリック
    「再利用ブロック(ブログパーツ)」を押す

    詳しい登録の仕方はストーク19で複数の記事に同じ情報を入れる方法で紹介しています。

  2. 「ブロックパターン」に変換

    ブロックパターンに変換を押しましょう。

    「ブロックパターンに変換」を押す
    「ブロックパターンに変換」を押す

    これで、簡単に呼び出すことができるようになりました

  3. 「パターン」から登録したものを選ぶだけ

    あとは「パターン」から登録したものを選ぶだけになります。

    1. 記事編集画面で左上の「+」を押す

      記事編集画面に行き、文字を入力できる状態で画面の左上にある「+」を押し、メニューを表示させます。

      左上の「+」を押す
      左上の「+」を押す
    2. 「パターン」から選ぶ

      あとは「パターン」のタブを押し、登録したものを選ぶだけです。

      「パターン」を押して選ぶ
      「パターン」を押して選ぶ

      ちなみに上の画像内にある「パターン」の下にあるプルダウン「STORK: MYブロックパターン」が自分で登録したものになります。

      ここを変えると、STORK19に最初から登録されているテンプレートを使えますよ。

    3. 出てきたテンプレートの文字を直す

      あとは、出てきたテンプレートの文字を直すだけです。

      文字を直す
      文字を直す

      「パターン」は「再利用ブロック」ではないので、直しても登録したデータには影響がありません。

今回は、WordPressのブロックエディタで「自分で作ったテンプレート」を爆速で出す方法を紹介しました。

コーディングに慣れている人は絶対にスニペットツールをオススメします。おそらく
これ以上に速い方法はありません。

よくわからない人はSTORK19を使って、ラクにテンプレートを使うようにしましょう。ブログだけでなくサイト制作にも使えるWordPressで最高のテーマです。

STORK19

>>ストークの使い方の手順はこちらの記事をごらんください

パートナー

この記事、おもしろかったわ。ほかに似た記事ないん?

ヨス

ブログの作り方のカテゴリ」にあるきん、そっち見てや。

WordPressのブロックエディタで「自分で作ったレイアウト」を呼び出す方法

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
この記事の「URL / タイトル」をコピー
あわせて読みたい