2014年7月13日

「愛妻弁当ですか?」って……女だけが弁当を作ると思ったら大間違いやで!

aisai-bento-250

こんにちは! ブロガーのヨス(@yossense)です。

私は主夫をしながらブログだけ書いて生活しています。なので主夫ブロガー?って言うんでしょうか? 今回は、そんな家事をする男性、特に「弁当を作る男性」なら経験したことがあるのでは?という内容です。

愛妻弁当のマンガ

聞き飽きた質問があります

今は家で仕事(ブログ)をしていますが、以前は普通に会社勤めをしていました。

毎日外食もアレなんで、基本的に私はいつも自分で作ったお弁当を持って行っていました(作ってもらうこともあるけど)。「毎日外食もアレなんで……」って今書きましたが、正直に言うと、なるべくランチ代をケチりたいわけなんですよ。そうなるとやっぱり勤務初日からお弁当の持ち込みは必須になってくるんです!

その初日に私が弁当を取り出したのを見られると、必ず聞かれる質問がありました。

それ、愛妻弁当ですか?

それが「それ、愛妻弁当ですか?」という質問です。

もちろん、私が作った弁当なので「いえ、自分で作りました」と答えると、さらに返ってくる返答が決まりきって「すごーい!」です。

もうね。いいかげん、コレやめてほしいんですよね。

その日本語やめてくれ

まず、言わせてください。

「愛妻弁当」って変な複合名詞。このセンスの悪い日本語って誰が考えたんでしょうね? 「愛妻」ですよ、「愛妻」。「愛する妻」って意味ですよ。弁当にそんな言葉付けなくてイイじゃないですか。

結婚してたら「妻を愛する」というのは前提としてあると思うんです。「愛」なんて付ける必要ないでしょ。そもそも日本語でこういう「愛」を付ける表現って、明らかにバカにしていますよね。「愛妻家」ってアホな日本語とか。「妻を大切にする」が特別扱いされるこの国っていったい……って思います。

勝手に決め付けるな!

そしてイライラするのは、私が作った弁当なのに勝手に「妻が作った弁当」と決めつけられること。これね、本当に頭にきますよ。

女性が弁当を持ってきていても誰一人として「『愛夫弁当』ですか?」 とは質問しないわけなんですよ。100人いてもたったの1人も聞かないハズです。

それは、「弁当を作る」という仕事が女性の仕事だという決め付け、つまり性別役割分業が思想の元にあるからなんですね。イヤ、性別に関係なく、弁当ぐらい自分で作れるやろ?

すごくないわいっ!

そして極めつけは「すごーい!」です。

弁当作るのってそんなに技術が必要なんですか? そりゃあ、凝りまくったらスゴイですけど、普通の弁当って前日の晩ご飯の残りと、冷凍食品を詰め込むぐらいですよね?(そんなことない?

これも女性が弁当を持ってきていても「すごい」って言われないと思うんですよね。そら、おせち料理みたいなのを持ってきていたら、すごいって言われるとは思いますが(笑)。

とにかく、ただ単に男性が弁当を作っただけなのに、それにいちいち「スゴイ」って褒めるのはバカにされている気になります。幼稚園児がひらがなを書けたときの「すごーい!」みたいに聞こえるんですけど(←これは本当にすごいけどw)。

そういえば、西洋人の友だちが「日本人は箸を使える外国人を見るといつも『すごい』って言う。バカにされている気持ちになる」と言っていたのを思い出しました。確かに。

性別役割分業的思想がひどいな

ふと思いましたが、もしかするとこの「すごい」は、「男性なのに弁当を作る行為をするなんてすごい」なのかもしれません。

女性が弁当を作るのが当たり前の世の中なのに、そこをあえて男性がやるなんてスゴイ」と。

本当にいいかげん、こういう性別役割分業的な思想、なくなってほしいです。

料理の苦手な女性もいっぱいいるし、料理が得意で作りたいと思っている男性もワンサカといるのは当然のことです。だって料理を作りたいという欲に性別は一切関係ないですからね。

こんなだから出生率が……

何十年前の日本と違って、共働きの夫婦ってめっちゃ多いですよね? それなのに弁当を作る業務を始めとする家事の割合が女性側に偏りすぎなんですよね。未だに。

そんな夫婦が子どもを持つとさらに女性の負担が増えるのは目に見えています。だから日本の出生率はいつになっても上がらないんですよ。

「だってオレ、家事苦手だし……」

いや、ただ単にやってないから苦手だと思い込んでいるんですよ。だって、会社で普通に仕事やってるでしょ?

家事ができない男性は生産性が低い

家事もできないレベルの人間なんて、会社でも生産性の高い仕事ができているとは到底思えません。だって、夫婦共働きで片方に家事を押し付けるって、どう考えても効率が悪いからです。

平日の夫の帰りが遅いのなら、休日はせめて半分はやりませんか? 平等に。だって家事は共同生活者に平等に分担するべきだと思いますので。

そういう家事を一切しない男性に限って、会社で「あいつは仕事ができないッ!」って文句ばっかり言ってるんですけどね。「いや、お前が仕事できないんや!」って誰か言ってあげてください。

今回は、私が職場が変わる度に、また、職場に新しいスタッフが入ってくる度に「私が聞かれまくった質問」について書きました。

やはり、こういう質問が出ること自体、男女差別がひどい国だという実情を表していると思います。政府が本気で出生率を上げたいと思っているのなら、男女差別をなんとかしていくことに焦点を合わせてほしいものです。セクハラヤジなんてアホなことやっている時間はありませんよ。

こちらは関連記事です。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!