「単語登録の鬼」がアルファベット1文字に登録している単語まとめ

こんにちは! 単語登録の鬼、ヨス(@yossense)です。

単語登録って1つのアルファベットで登録できるのってご存知ですか(ローマ字入力の話です)? 今回は私がアルファベット1文字に登録している単語をまとめてみます!

私がアルファベット一文字に単語登録している表

私がアルファベット1文字に登録しているものはこんな感じです。

アルファベット一文字に登録している単語
※母音なので登録しない。
代わりに「a;」で<a href="#">が出るようにしています。
※ちなみに「aa」で</a>を登録。
<b>
※ 「bb」に</b>を登録。

※ 「cc」に「」を登録。
※母音なので登録しない。
※ 登録していない。
/*
※「hh」で「*/」が出るようにしている。
※母音なので登録しない。
代わりに「i;」で<i>が出るようにしている。
!

※ 「kk」に「 」を登録。
━━━━━━━━━━━」のようなラインを登録。
※ 登録していない。
※ 母音なので登録しない。
代わりに「o;」に「♪」を登録。
<p>
※ 「pp」に</p>を登録。
?

※ 「ss」には「 】」を登録
※ 登録していない。
※母音なので登録しない。
<!--
「vv」には-->を登録。
※ 登録していない
※ 登録していない。
(^_^;ゞ」など顔文字全般

登録しているものについて

私がアルファベット1文字に登録している単語は、基本的に私的に使用頻度の高いものです。

文章の中でよく使う!とか?はその代表格でしょう。

あと、メールで分かりやすい文章を書くときに「リスト」を作ったり、見出しを作ることが多いので、や、━━━━━━━━━━━といったものも多く登録されています。ちなみには私の中ではテンプレート用の伏せ字として使用しています。

こちらの記事も役に立つかも。

母音に単語登録しない理由

私の例を見ると、母音のアルファベットである「a」「i」「u」「e」「o」には単語登録していないことが分かります。

これはアルファベット単体で入力しても、勝手に日本語に変換されるからです。

例えばAを打ってSpaceで変換した場合、「挙」とか「亜」とか「有」とかいろんな「あ」と読む漢字が変換候補で出てきますよね? なので、母音に登録しても、ほかの変換候補に埋もれてしまい、スムーズに変換 & 出力できなくなります。これはストレスになるので、母音アルファベット単体には単語登録していません。

「セミコロン」を付けている?

母音アルファベットには単語登録しませんが、代わりに「;(セミコロン)」をプラスしたものが登録されています。これはなぜでしょうか?

これはAだけで変換すると問題だから、押しやすい;を足して登録しているんです。あ;なんて単語が存在しないのがコツです。

こちらはややこしいので、以前書いた記事をご参考に!

やたらとカッコの登録が多いね

アルファベット一文字に「カッコ」の登録が多いと思います。

これも私がいろいろ模索した結果「カッコ」を入力するときに一番手っ取り早い方法だからです。

これも別の記事で書いていますので、こちらをどうぞ。

コードの登録も多いね

<p>のようなHTMLコードの登録も多いのが私の特徴です。私の場合、ブログの文章は直にHTMLで書いているので、テキストエディターを使っている人には不要です。

今回、私がアルファベット一文字に登録しているものをまとめてみて気づいたことがあります。

それは、「意外と登録していないところがあるやん!」ということです。

まとめるとGJNTYが空いている(母音は省く)んですね。知りませんでした(笑)。

まぁ、こんな風に紹介していますが、何をどこに登録しても自由ので参考程度に見て下されば嬉しいです。

参考記事たちです。単語登録はショートカットで登録しましょう。作業効率が断然違いますので。

単語登録って何? な方はこちらの記事を!

もっと踏み込んだテクニックについてはこのマニアックな記事をどうぞ。

カナ入力の方や、スマホのフリック入力の方にはこちらの記事がオススメです。

効率化の本を執筆しました!

2018年4月20日に出版されたわたしの著書『効率化オタクが実践する 光速パソコン仕事術』。

おかげさまでめちゃくちゃ好評で、1ヶ月後には重版もされました!

こちらからもご購入いただけますよ♪

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい