ジェンダーって? 社会・文化的に作られた幻想を指す言葉

about-gender-300

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回はこのブログでもときどき書いている「ジェンダー」について詳しく紹介しようかと思います。

社会的に作りだされた「性」のこと

先天的・身体的・生物学的性別を示すセックス(英語: sex)に対する、「社会的・文化的な性のありよう」のことを一般に日本ではジェンダーという

ジェンダー - Wikipediaより引用しました。

生物学的な性を「性(sex)」と言います。わかりやすく言うとオス・メスとかですね。「性」は身体の違いのみを表します。

それに対して、社会的に作り出された社会的・文化的な性のありようのことを「ジェンダー(gender)」と呼びます。

あくまでカタカナ英語での話で、「gender」は英語圏では単に「性別」の意味で使われています。

生まれつきの性の特性じゃない

つまりジェンダーとは、その性別に生まれたことによる特性ではなく、文化・社会の中で後付けされた「女性はこういうもの」「男性はこういうもの」のことです。

例えば、女性はピンク、男性はブルーとか、男は仕事、女は家事・育児というのもジェンダーですね。性別と関連性がないですから。

だって、女性だからって全員が全員、生まれつきピンクが好きとか、100%ありえないですよね。完全に文化の中で後付けで「なんかピンクは女って感じぃー♪」というノリ(?)で作ったものです。

当たり前だと思っているけど

男性は外で働く方が向いていて、そうあるべきだって言われています。でも私ね、ずっと心の底から「(外で)働きたくねぇ」って思っています。実際に今思うと、ブロガーをやる前は、よく頑張ってこれたなぁと思います。

もちろん外で働いたからこそ得たものも多いのかもしれませんが、それはともかく今は家で家事・育児をしながら仕事ができて幸せやなーと思っています。

逆に女性は生まれつき子育てや家事に向いているかのように言われています。このブログでも何度か書いていますが、ありえない幻想です。女性だけが「母性とやら」を生まれつき持っているとか、おとぎ話にもほどがあります。

私の周りを見ても、「子育てが苦手」とか「家事なんて嫌い」と言っている女性って少なくないんですよね。

ちょっと考えればわかるのですが、そういうのって個体差です。家で家事をするより外で働くのが好きっていう女性もいれば、家でいるのが好きって方もいる。そこを性別が女性というだけで一緒くたにすると、規格外になる人に対する風当たりが強くなるんですよね。しかも莫大な数の人が規格外だから問題になっているんです。

第3のジェンダーがある民族も

あ、そうそう。ジェンダーが「作られたもの」ということを証明するのに、おもしろい例があります。

以前、本で読んだのですが、太平洋上のある民族には、女性、男性、そして第3のジェンダーがあるそうです。その民族では、ジェンダーが「女性」の人は農耕をし、「男性」の人は漁をします。そして第3のジェンダーこと「トゥ・トゥ・ヴァイネ」と呼ばれる人たちは子育てをするんです。

トゥ・トゥ・ヴァイネの人は身体的には男性らしいのですが、小さいころからトゥ・トゥ・ヴァイネとして育てられるそうです。なので、その人たちは「自分は男性だ」という認識ではなく、「自分はトゥ・トゥ・ヴァイネだ」という認識を持って育つんですね。

面白いのは、この第3のジェンダーに子育てが割り当てられているのですが、「身体的に女性」の人ではなく「身体的に男性」の人だという点です。

ジェンダーには普遍性がない

ほかにも男性が家庭を守り、女性が外で働くという民族もいると聞いたことがあります。つまり、ジェンダーというのは普遍性がないんですね。時代や地域によって全然違うということです。

普遍性がないということは、「女性が子育て・家事に向いている」といった特性が女性が元々持っている特性ではなく、あとから文化によって付け足されたものだということがわかります。じゃないと、世界中のどんな民族でも同じなはずですよ。

ジェンダーの怖いところ

ジェンダーの怖いところは、性別に全く関連のない事例でも文化の中で「女はこういうもの」「男はこういうもの」と叫ばれ続ければ、それが当たり前になってくることです。

生まれたときからそう言われ続ければ、あたかもそれが普遍的なものだと錯覚するのも当然ですよね。ジェンダーの再生産が代々続けられているのが今の現状です。

子育てが苦手な女性が「私には母性がない、女性として失格だ!」と勘違いしなくてすむ世の中になってほしいですね。

仕事における「作業効率」という点に焦点を合わせても、目を向けるべきはその人の性別ではなく、その個体の持つスキルです。生産性を上げるには、向いている作業を向いている人がやるということは一番優先すべきことですよね。

ジェンダーという歪んだジャンル分けをとっぱらった目で世界を見るといろいろと無駄が見えてくると思いますので、オススメです。

男女の線引きを目にしたときに、まず考えてみてください。それを成し遂げるためには本当に男性器という臓器がないと困るかどうかです。まともな人は気づくはずです。リーダーシップを取るためにそんな臓器は不要なことに。

ほかにもこんな記事があります!

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!