[カナダ] Qoola(クーラ)リッチモンド店で自分だけのフローズンヨーグルトを!

ノマド的節約術

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回はQoola(クーラ)というお店のフローズンヨーグルトを紹介します。

自分でフローズンヨーグルト(というかアイス)を選んで、その上にチョコやらフルーツやらお菓子やらを好きなだけトッピングできるお店です!

子連れで来ると超盛り上がるのでオススメのお店ですよー!

わたしのフローズンヨーグルト
わたしのフローズンヨーグルト

今回はQoolaのカナダのリッチモンド店に行ってきたのでそのレポートです!

Qoola リッチモンド店の外観

こちらが、「Qoola(クーラ)リッチモンド店」の外観です。

Qoolaの外観
Qoolaの外観

場所はウォルマートのすぐ近くにあります。

こちらがQoolaの入り口です。

Qoolaの入り口
Qoolaの入り口

では店内に入ってみましょう!

Qoola リッチモンド店の中の様子

Qoola リッチモンド店の店内に入ったらこのような感じです。

Qoolaの店内の様子
Qoolaの店内の様子

店内に入って、入り口を振り返ってみました。

入り口を振り返ったところ
入り口を振り返ったところ

右手にはカウンターがあります。

右手にはカウンターが
右手にはカウンターが

ですが! このお店では、注文無しでまずは奥に行ってオッケーなんです。

カップにフローズンヨーグルトを入れる!

奥に行って、まずはフローズンヨーグルトを選びます。

奥にあるフローズンヨーグルトのコーナー
奥にあるフローズンヨーグルトのコーナー

上の写真のようなフローズンヨーグルトの機械があるんですよ。

その手前にはカップがあります。

フローズンヨーグルトを入れるカップ
フローズンヨーグルトを入れるカップ

このカップに好きなだけ入れるんですね。ただし、値段は100gで$2.99ですので、調子にのるとすぐに$10を超えてしまいます(笑)。

ではカップにフローズンヨーグルトを選んで入れましょう。

こちらのようにレバーを引くだけで簡単に入れられますよ。

フローズンヨーグルトを自分で入れる!
フローズンヨーグルトを自分で入れる!

好きなものを混ぜてもオッケーなので、わたしは大好きな塩キャラメルとストロベリーバナナにしました。

Salted Caramel(塩キャラメル)
Salted Caramel(塩キャラメル)

ちなみにこれだけの種類がありましたよ!

  • Original Tart(オリジナル・タルト: ヨーグルトみたいなやつ)
  • Taro(タロイモ)
  • No Sugar Added Blueberry(加糖されてないブルーベリー)
  • No Sugar Added Strawberry Banana(加糖されてないストロベリーバナナ)
  • Vanilla(バニラ)
  • New York Cheesecake(ニューヨークチーズケーキ)
  • Chocolate(チョコレート)
  • Salted Caramel(塩キャラメル)
  • Pink Lemonade Sorbet(ピンクレモネード・シャーベット)
  • Mango Sorbet(マンゴー・シャーベット)

公式サイトにはもっといろいろ書いてあったので、ときどき変わるんだと思われます。

次女

チーズケーキはもっとチーズケーキっぽい味を期待してたけど、あんまりしなかったよ。

すごい数のトッピング!

そして、ここからがお楽しみです。それはトッピング!

トッピングコーナー
トッピングコーナー

上の写真の背景に見えるのがトッピングコーナーです。めっちゃ種類が多い!!

まずはナッツ系、チョコ系のトッピングです。

ナッツ系のトッピング
ナッツ系のトッピング

ココナッツ、くるみ、アーモンド、オレオ、チョコ、ブラウニーなど、を好きなだけトッピングできます!

そして、フルーツとゼリーのコーナー。

フルーツとゼリーのコーナー
フルーツとゼリーのコーナー

ピーチ、ブルーベリー、マンゴー、ライチ、いちご、マンゴーゼリー、ラズベリー、ライチゼリー……などですね。

このコーナーが一番子どもが盛り上がるかも? オススメはライチゼリー(ナタデココのライチ味)です。

そして「Poppers(ポッパーズ)」というのも子どもが大好きです。

子どもはポッパーズが大好き
子どもはポッパーズが大好き

上の写真の中にある「イクラ」みたいなやつで、まさにイクラなんですよ。

かむと、プチッとしていて、中にストロベリー味のジュース?みたいなのが入っているんです。

そして、お菓子コーナー。

お菓子コーナー
お菓子コーナー

ここではグミキャンディーとか、M&M(チョコ)とかのコーナーです。小さい子の場合、目を離すと狂ったようにトッピングしそうなコーナーですよ(笑)。

あとで気づきましたが、「Rainbow Mochi(レインボーもち)」とか「Green Tea Mochi(グリーンティーもち)」のような「モチ」という名前のお菓子もありました。

最後にチョコなどのシロップもあります。

チョコレートなどのシロップも
チョコレートなどのシロップも

これはかけたくなりますよねー。でもこのあたりまで来ると、もはやお菓子などを載せすぎている気がします。

末っ子

トッピングがめっちゃ楽しかった♪

レジ前の測りで値段が決まる!

そして、トッピングしまくったフローズンヨーグルトをレジ前に持っていきます。

こんな測りの上に載せましょう。

わたしのフローズンヨーグルト
わたしのフローズンヨーグルト

わたしは調子に乗って、いろんなトッピングしまくったので、$10近くいってしまいました。

ヨス

子どもかよっ!w

ちなみにうちの子どものやつはこちら。

子どものフローズンヨーグルト
子どものフローズンヨーグルト

ああ! 今、この写真を見て気づきましたが、スプーンをこの状態で載せたらあかんですよね!

余分に重くなって値段に上乗せされるじゃないですか!

こちらはうちのパートナーの作品(?)です。

うちのパートナーのフローズンヨーグルト
うちのパートナーのフローズンヨーグルト

パートナーはフルーツが好きなのでマンゴーをいっぱい取っていましたが、残念ながら酸っぱかったようです……。

そもそも、フローズンヨーグルトとかほかのスウィーツが甘いのでフルーツは控えめにしておいた方が良いかもしれません。

逆にフローズンヨーグルトよりもさらに甘いものだと美味しいと思います。

甘いアイスの上にはさらに甘いものが合う
甘いフローズンヨーグルトの上にはさらに甘いものが合う

糖分たっぷりですけどね(笑)。

個人的に、Qoolaのスプーンがかわいいので好きです。

スプーンがかわいい
スプーンがかわいい

捨てるのはもったいないので持って帰りました。

今回は食べませんでしたが、Qoolaにはサンドイッチやジュースなども売っていますよ!

サンドイッチやジュースもあります
サンドイッチやジュースもあります

店内は明るいし、雰囲気がいいので、ついゆっくりしてしまいました。

Qoola の天井
Qoola の天井

さて今回は、自分でカスタマイズできる「Qoola」のフローズンヨーグルトを紹介しました。

とくにお子さんを連れて行くと、めっちゃ盛り上がるの間違いなしです。ただ、100グラムが$2.99なので思ったより高くなる点だけはご注意を!

住所
4771 Mcclelland Road #1440, Richmond, BC V6X 0M5
電話
(604) 370-1123
営業時間
【月〜木曜日・土曜日】11:00 〜 21:30
【金曜日】11:00 〜 23:00
【日曜日】12:00 ~ 19:00

すぐ近くにあるこちらの中華料理店もオススメですよー!

パートナー

この記事、おもしろかったわ。ほかに似た記事ないん?

ヨス

リッチモンドのカテゴリ」にあるきん、そっち見てや。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
この記事の「URL」「タイトル」をコピー
あわせて読みたい