[カナダ]リッチモンドセンターの「Umi」で気軽に寿司を食べられます

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

わたしはリッチモンドに住んでいるのですが、この町で好きな場所がリッチモンドセンターというショッピングモールです。

その中でもお昼といえば、フードコートなのですが、和食好きなうちの子どもは必ず「Umi(海)」で寿司を買います。

今回はその「Umi」を紹介しますね。

寿司の食べられる「Umi(海)」

リッチモンドセンターのフードコートは2階へのエスカレーターをのぼると一面がそうです。

リッチモンドセンターのフードコートの雰囲気
リッチモンドセンターのフードコートの雰囲気

広い敷地一面にテーブルとイスがあって、いろんなお店があります。

リッチモンドセンターのフードコート
リッチモンドセンターのフードコート

その中でもエスカレーターをのぼってそのまま真っすぐ奥の奥に行くとあるのがこちらの看板。

「Umi(海)」の看板ですね。

Umiの看板
Umiの看板

めっちゃ分かりづらいですが、ロゴを見ると「海」という漢字なのがわかりますね。

平日はそうでもありませんでしたが、休日はけっこう賑わっていました。

休日は賑わっている
休日は賑わっている

お店の雰囲気はこんな感じです。

リッチモンドセンターにあるUmiの雰囲気
リッチモンドセンターにあるUmiの雰囲気

店員さんはたいてい、中国人の方です。最近行ったときはどう聞いても中国語の発音の英語で言われて、聞き取りに苦労しました。

お寿司以外にもいろいろあります
お寿司以外にもいろいろあります

メニューを見てみると「うどん」や「ラーメン」もありますね。あと、「丼」や「たこ焼き」もありました。

Umiの寿司

うちの場合は子どもが寿司大好きなので、いつも「Umi」と言えば寿司です。

すでにパックされたものが並んでいるので、ササッと買ってササッと食べられるのが良いみたいです。

のりが内側になっているものがほとんど
のりが内側になっているものがほとんど

そういえば、カナダの海苔巻きは、どれも「のり」が内側になっているんですよね。

これですが、「海苔」を見慣れないこっちの方が真っ黒い海苔で巻かれたものを見ると気持ち悪いからだそうです。

なので、アメリカや西洋の「海苔巻き」は海苔は内側になっています。

ヨス

「海苔巻き」ではなく「海苔巻かれ」ですね!!

「Umi」にはおなじみのカリフォルニアロールもありますが、見たことのないものもいろいろあります。

カリフォルニアロール
カリフォルニアロール

こちらはBC Rollだそうです。

BC Rollというものも
BC Rollというものも

今度買ってみよう。意外と美味しそう。

というわけで、うちの子が買うものと言えばきまってサーモンです。

子どもの大人気「サーモン」
子どもの大人気「サーモン」

毎回毎回こればっかり買っています。

うちの子の好物「サーモン」
うちの子の好物「サーモン」

いつも思いますが、ものすごいワサビの量です。子どもは一切食べないのでもったいない(笑)。

マグロとアボカドの「海苔巻かれ(笑)」も美味しいですね。

マグロとアボカド
マグロとアボカド

こちらは炙りサーモンとサーモンです。

炙りサーモンとサーモン
炙りサーモンとサーモン

英語でも「Aburi Salmon」と書いています。

こっちはカニカマですかね。ゴマもまぶされています。個人的に味が薄かったです。

カニカマの入った「海苔巻き」
カニカマの入った「海苔巻き」

Umiのほかのメニュー

そして「Octopus Balls(オクトパスボール)」というメニューがあったので、頼んでみました。

たこ焼き(Octopus Balls)
たこ焼き(Octopus Balls)

たこ焼きというか、銀タコみたいな「あげタコ」でした。値段の割には量がたったこれだけ(たぶん5個)……なので物足りません。味はフツーに美味しかったです。

この量ではちょっとねぇ……。

さて、今回はリッチモンドセンターにある「Umi」を紹介しました。

わたしはなまものは好きじゃないのでアレですが、味はフツーだと思います。

でも、お寿司をリッチモンドセンターに来たときに食べられるので、いつも重宝しています。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい