レディースデーは女性優遇なのか? ←もっといろんな問題がはらんでいるよ

こんにちは! ヨス(プロフィールはこちら)です。

日本では、レディースデーというものがあります。

女性だけオトクなサービスを受けられるようなサービスで、映画館や、ガソリンスタンド、カラオケなどで見かけますよね。

このレディースデーって性差別になるのでしょうか?

レディースデーは女性優遇なのか?

女性だけがオトクなサービスを受けられる「レディースデー」。

いまだにありますねー。映画館とかガソリンスタンドとかで「レディースデー」やってるところが。

わたしは「レディースデー」という存在に20年以上前から違和感を感じていました。

レディースデーは女性優遇だ! 男性も優遇しろ! 差別だ!」という意見を持つ男性がいますが、わたし的には焦点ではありません。どーでもいい。

それよりも「男性社会」の男性たちが女性をカモにしているような構図に嫌悪感があります。

なんというか女性が男性に操られているような感覚ですかね。

一見、女性を「優遇」しているように見えるかも知れませんが、カモにしているだけなのです。

企画的に説得力がなさすぎる

そもそも企画って、理由付けが大事です。「国際女性デー(3月8日)」に女性だけ割引ならまだ理解できます

そうじゃないのに毎週金曜は「女性という理由」だけでサービスを割引されることに違和感を感じませんか?

女性は、男性社会のなかで普段の日は軽視されているからなの?

企業のトップのおっさんたちが「女性だけ割引にしたらカモたちが寄ってくるんちゃうん? え? どない!?」みたいに女性をバカにしているように見えます。

ほら、「太っちょデー」とか「一重まぶたデー」とかあったらおかしいでしょ?

当カラオケでは毎週水曜は一重まぶたの人は半額ですっ♪

とかやってたら「いや、なんで??」と思いますよね?

この「レディースデー」をやりだしたころは、今よりも女性蔑視はひどかったと安易に予想されます。

そんな時代だったからこそ「レディースデー」というのはセンセーショナルだったのでしょう。

今は時代が変わっているのに「遺跡」のようなこの変なサービスデーが残っているのです。

性的マイノリティへの配慮がない

それともう1つ大きな違和感が、性的マイノリティー(参考: LGBTとは?)への配慮がないこと。

男性なのに女性の身体で生まれてきた人、女性なのに男性の身体で生まれてきた人はたくさんいるのです。

そういう人がレディースデーということを知らずに普通に映画館に入ろうとしたら「あなたは女性だから割引になります」になるんですよね?

これはひどい現実です。逆に女性なのに身体が男性の方には「あなたは割引対象じゃありません」というふうな対応なんですよね?

もちろん、誕生日割引のように絶対的に決まっているものであればいいんですよ。

いいかげん、この性別を境目にした妙な客引きはやめませんか?

今の時代で「レディースデー」を継続させているのは「うちの企業は人権意識ゼロですよ♪」とアピールしているのと同じですよ。

さて、今回は「レディースデー」についてずっと思っていることをまとめました。

実際のところ「一重まぶたデー」とか「太い人デー」とかあったら人権問題に発展しそうですよね。割引する理由がありませんから。

そのくらい「レディースデー」には問題を内包していることにお気づきを。

そして「女性だから割引」という説得力にかける企画に安易に乗るのもやめましょう。バカにされているだけですよ。

あなたの「想い」を「発信」してみませんか?

もし、この記事を見て共感してくださったなら、あなたも発信してみませんか?

わたしの著書『読まれる・稼げる ブログ術大全』では、ブログをこれからはじめたい人、発信をはじめたいと思っている人に必要な情報がすべて詰まっています。

ただ闇雲に発信するのではなく、「伝わりやすさ」がもっとも重要です。

ぜひ、あなたの考えている「社会のここがおかしい」をブログやSNSで正しく発信しましょう。

パートナー

この記事、おもしろかったわ。ほかに似た記事ないん?

ヨス

性差別・ジェンダーのカテゴリ」にあるきん、そっち見てや。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
この記事の「URL / タイトル」をコピー
あわせて読みたい