[カナダ]リッチモンドの「King George/Cambie Community Park」は木陰も多く親にも優しい公園です!

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回はカナダのリッチモンドにある「King George/Cambie Community Park(キング・ジョージ・キャンビー・コミュニティ・パーク)」に行ってきました。

たくさんの遊具あり、ウォーターパークありの公園なのですが、木陰も多く、親にとってもうれしいところでした。

水遊びが豊富にできる
水遊びが豊富にできる

King George/Cambie Community Park

リッチモンドにはいろいろ公園がありますが、今回は「King George/Cambie Community Park」という公園に行ってきました。

うーん、公園の名前が長いので「キング・ジョージ・パーク」で統一しますね。

こちらはキング・ジョージ・パークの駐車場です。

キング・ジョージ・パークの駐車場
キング・ジョージ・パークの駐車場

けっこう広いので安心して来られますね。

わたしが行ったときにはたまたまアイスクリーム屋さんも来ていました。

アイスクリーム屋さんも来てた
アイスクリーム屋さんも来てた

カナダではお馴染みのやつで、こうやって車でアイスを売り歩いているんですね。

公園(子どもが多いのが確実)を回って、けっこう稼いでいる気がします(笑)。

では公園の全景を見てみます。

キング・ジョージ・パークの入り口
キング・ジョージ・パークの入り口

「全景」って書きましたが、この写真に収まらないほどの広さです。

芝生のサッカー場もあるのですが、今回は子ども向けの「公園」の部分だけの紹介になります。

日陰がいっぱい

この公園のわたしの「親として」のオススメポイントはなんといっても日陰です。

いっぱい木があって、木陰が多いんですよ。

木陰がいっぱい
木陰がいっぱい

たとえば、YVR Larry Berg Flight Path Parkという公園だと、まったく日陰がありません。

そのため、夏場はかなりきついです。

でも、このキング・ジョージ・パークなら、夏場でも安心して来られるというわけです。

もちろん、敷地内完全禁煙

公園の敷地内は完全禁煙
公園の敷地内は完全禁煙

タバコの煙が流れてきて嫌な思いを……ということが一切ありませんでした。日本とは大違いだ……。

夏には水遊びが!

夏限定ですが、このキング・ジョージ・パークの見どころは、「水遊び」です。

水遊びが豊富にできる
水遊びが豊富にできる

リッチモンドのスティーブストン(Steveston)にあるスティーブストン・コミュニティ・パークも水遊びがすごかったですが、ここも負けていませんね!

子どもたちの大好きな「地面から水が吹き出すやつ」もあります。

地面から水が吹き出している!
地面から水が吹き出している!

モチーフも「南国の島」をイメージしていて、楽しそうな雰囲気満載です。

シャワーみたいなやつ
シャワーみたいなやつ

ゾウさんのシャワーもありましたよ。

ゾウさんのシャワーも
ゾウさんのシャワーも

うちの子たちは水遊びをできることを知らなかったので、何の用意もしていませんでしたが、「そんなの関係ないぜ!」と言わんばかりにびしょびしょになっていました(笑)。

子どもたちも大はしゃぎ
子どもたちも大はしゃぎ

この日は30度以上あったので、気持ちよさそうでした。

シャワー
シャワー

キング・ジョージ・パークは遊具も充実

そして、キング・ジョージ・パークは水遊びだけでなく、普通の遊具も充実しています。

子どもの大好きな複合遊具も
子どもの大好きな複合遊具も

こんな大きな複合遊具がありますよ!

滑り台の上にはカナダの国旗も。

カナダの国旗もある
カナダの国旗もある

子どもたちもさっそく遊びだしました。

キング・ジョージ・パークの大型遊具
キング・ジョージ・パークの複合遊具

うんていもあります。

うんてい も
うんてい も

そして、シャーッと行くやつもありました!

シャーっと行くやつ
シャーっと行くやつ

これ、なんて言うんですかね(笑)。ほら、手でつかまってシャーッとスピードが出て動くやつ。

あと、グルグル回る円柱の遊具も。

上に乗って回すやつも
上に乗って回すやつも

中1の娘も上に乗ってはしゃいでいましたよ。

写真ではわかりづらいですが、どの遊具も地面は「木のチップ」になっています。

カナダの公園では必ずなっていて、日本よりも安全に配慮されていますね。

こちらはクライミングのできる遊具。

クライミングのできる遊具
クライミングのできる遊具

実は、裏側にもあるんですよ!

クライミング遊具の裏側もクライミングができるようになっている
クライミング遊具の裏側もクライミングができるようになっている

小さい子向きではありませんが、小学生なら十分楽しめます。

クライミングの横には、日本の公園にもよくあるロープの登るやつ。

お馴染みの登る遊具も
お馴染みの登る遊具も

これも楽しいですよね。ただ、めっちゃ大きいやつで慣れているのでうちの子たちには物足りなかったみたいです。

こちらはブランコ。

ブランコ
ブランコ

ちなみに、ブランコは乳児用のバケツ型のやつもありましたよ。

こちらはもう1つの複合遊具。

もう1つの複合遊具
もう1つの複合遊具

こちらはトンネルがあったりと、先ほどとは違った感じです。

複合遊具がもう1つ
複合遊具がもう1つ

なぜかいろんな言語で「遊ぶ」と書いていました。

いろんな言語で「遊ぶ」と書いてる
いろんな言語で「遊ぶ」と書いてる

こういうのって、いろんな国からの移民でなりたっているカナダならではですよね。

日本語はないのかなと思っていると、アルファベットで「ASOBU」とありました。なぜアルファベットなのだ?

この遊具には「アイスクリーム屋さんごっこ」のできるところもありました。

シーソーもある
シーソーもある

となりにはシーソーもありました。

ピクニックにも

水遊び、遊具と来て、今度は芝生です。

芝生の広場
芝生の広場

広い芝生もありますよ!

ちなみに、8月の19:00ごろの写真です。まだまだ明るいよ(笑)。

芝生にはこんなテーブルとイスがいっぱいあります。

こんなテーブルとイスがいっぱい
こんなテーブルとイスがいっぱい

お弁当を持ってきて家族でワイワイしたいですね。

ただ、テーブルの上は鳥のフンがあるところもあるのでご注意を。

カラスとカモメが喧嘩してた
カラスとカモメが喧嘩してた

たぶん、カラスかカモメの仕業ですね。

大人もゆっくりできるよ
大人もゆっくりできるよ

上でも書きましたが、子どもを見ている大人もゆっくりできる「木陰」もいっぱいあるのも素晴らしいです。

木陰がいっぱい
木陰がいっぱい

ちょっとしたステージ?も

こんな場所もありました。

けっこういい感じ
けっこういい感じ

ここはコロシアムみたいな感じになっています。

こんな場所も
こんな場所も

ここでなぜかうちの子どもたちがテンション高くなって、「ジャンプしている写真を撮って」と言い出しましたよ。

なぜかハイテンション
なぜかハイテンション

周りから隔離された空間で、なんか安心したんでしょうね(笑)。

ちなみにこのスペースは「Cambie Community Gathering Place」って書いていました。

トイレについて

もちろんなのですが、この公園にはトイレがあります。

この下の写真の背景にある「家」みたいな建物がトイレです。

クライミングのできる遊具
クライミングのできる遊具の近くにトイレが

ただ、このトイレは8:15〜17:00までしか開いていなくて、それ以外の時間だと鍵が閉まってます。

うちの子がトイレに行きたいと言い出して、どうしようかと思ってるとこういう簡易トイレを敷地内に発見。

簡易トイレ
簡易トイレ

これは超ありがたかったです。

ただし、あくまで簡易トイレ。流せないトイレなので超くさいですよ。

暑い国じゃないので虫はわかないのはいいですが。

さて、今回紹介した「キング・ジョージ・パーク」ですが、いい公園です。

遊具に水遊びに、いろんな年齢の子どもたちが楽しめるようになっています。

そして何度も書きますが、木陰が多い公園というのは大人目線で言うと最高です。木陰最高!

住所
4100 Number 5 Road, Richmond, BC V6V 0A9
入園料
無料
営業時間
8:15〜17:00
※ これはトイレの開いている時間で、この時間外でも入ることはできます。
休園日
土・日曜日
※ たぶんトイレの開いていない日という意味
電話
(604) 244-1208
備考
敷地内完全禁煙です。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい