2014年8月2日

[まとめ]iPadでイラストを描きたいなーって方におすすめの環境を紹介

ipad-illustrationi-info-250

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

わたしは元々、アナログでイラストを描いていました。ですが2012年をさかいにデジタルイラスト専門になりました。

ヨス

iPadがわたしのお絵描き人生を変えたんです!

もはやパソコンのペンタブレットを使わなくなってもったいないです(笑)。

というわけで今回は、iPadで絵を描くときに立つ記事をまとめました。随時追加していきます。

なんでiPadで絵を描くの??

ではまずはiPadでイラストを描く理由についてです。こんなメリットがあります。

そもそもデジタルイラストは……

まずはデジタルイラストを描くときのメリットから。手描きのアナログで絵を描くときとこんな違いがあります!

  • 服とか机が汚れない
  • こすれたり色が劣化しない
  • 失敗しても、戻れる
  • レイヤーが使える!
  • トレースが簡単
  • ちっちゃく描きすぎても拡大とか簡単
  • 描き込むのも拡大でバッチリ
  • 色を塗った後、筆を洗わなくていい
ヨス

もうね、一言で言うと「面倒くさいからの解放」です(笑)。

片付けとか、画材を出すとか、掃除といった面倒くさい手間が省けることが非常に大きなメリットでしょう。

後片付けをしなくていい
後片付けをしなくていい

あとは「レイヤー」とか「1個前の手順に戻る」などで、やり直しが簡単にできるとかね。詳しくはこちらの記事で。

「iPadで」デジタルイラストを描くメリット

さきほどの「デジタルイラストを描くメリット」でしたが、今度は「iPadで絵を描くメリット」です。

  • 画材代がほとんどかからない!
  • 持ち運べる
  • クルクル回しながら描ける
  • 写真を撮ってそのまま使える!
iPadだとイラストが描きやすいのなんの!!
Apple Pencilだとイラストが描きやすいのなんの!!

パソコンでデジタルイラストを描くときと違い、iPadは持ち運びができることや、カメラと一体になっていることが一番の嬉しいところです。

あと、アプリが安いことも(笑)。

スタイラスペン(タッチペン)は必需品!

私はiPadでイラストを描くようになった当初は、指で描いていました。

別に指でも大丈夫なんですが、スタイラスペンがあった方がきっとはかどります。

オススメのスタイラスペン(タッチペン)

まずはオススメのタッチペンをまとめています。

その中でも特にオススメなのはこちら。

1Apple Pencil

まずはAppleが本気で作ったスタイラスペン「Apple Pencil」です。

間違いなく現在存在するすべてのスタイラスペンの王者として君臨しているペンです。

Apple Pencilです
Apple Pencilです

このスタイラスペンの凄さはズバリ「筆圧を感知できないiPadに代わって、筆圧感知をしてくれるペン」ということ。

ヨス

力を抜いて描いた線は細く薄く描かれ、力を入れて描いた線は太く濃く描かれるんですねー。

しかも、角度を低くすると線が太くなり、ペンの角度まで感知しているという。

フッフッフ……。この動画を見てくださいよ。

ね? まるで本物の鉛筆みたいで、スケッチとか下絵を描くときには感動ですよ。

間違いなく最強のスタイラスペンなのですが、iPad Proにしか対応していません。

ヨス

そのため、iPad Proと両方を買うと10万円を超えてしまうことがネックです。

ただ、本気でイラストを描く人にとってはこのお値段以上の価値があります。

特にProcreateとの組み合わせは最強です。

2Touch Wand(タッチワンド)

そして、こちらはスタイラスペンの先っちょが筆になっている「Touch Wand(タッチワンド)」というペンです。

コイツのすごいところは、とにかく描き心地が良いこと!!

Touch Wand Fタイプ
Touch Wand Fタイプ

タッチワンドは先っちょが毛なのですっごく気持ちよく描けます。特に着色には最高ですね。

お値段的にも買いやすいのもポイントが高いです。Apple Pencilは買えない!って方にはこちらをおすすめです。

いくつかの種類が出ていますので、その違いもまとめています! 絵を描く場合、線画は断然Dタイプがオススメです。着色ではFタイプの塗り具合が大好きです。

スタイラス(タッチペン)を買う前に知っておくこと

タッチペンを買う前に知っておいたほうが良いことをまとめた記事もご参考に。

特に言いたいのは、タッチペンってどんなに進化しても本物の鉛筆やペンの書き心地と完全に同じにはならないよ……ということです。

ヨス

でもすっごくイイから
適切な期待をしよう
ね!!

アプリは何を使う?

そして、iPadでお絵描きするのにオススメのアプリの紹介です。

Procreate

私がオススメしているiPad用アプリは、ズバリ「Procreate」です。

1,000円以内で買えて、しかも多機能で使いやすいという最高のお絵描きアプリなんです!

Procreate
720円
(2015.11.24時点)
posted with ポチレバ

詳しい使い方はこっちの記事で随時追加していきます!

絵を描くときの設定とか

デジタルで絵を描くときのストレスを軽減させるための方法なんかをまとめています。

絵を描くときのiPad側の設定

iPadで絵を描くときには、快適に描けるための設定も重要です。

それと手袋をはめるのをオススメします。

手袋をはめるとイイよ
手袋をはめると良いよ!

上の写真のように、その辺で買ってきた手袋の親指、人差し指、中指、薬指の袋部分をハサミで切るだけで出来上がりです。

詳しくはコチラの記事を!

今回は「iPadでイラストを描いてみたいなー」って思い始めた方の背中をポンっと押して、仲間が増えたら楽しいなーと思いながら書きました(笑)。

環境として最強なのはiPad ProとApple Pencilの組みわせ。

この2つがとにかく最強です。10万円以上ですが、本気でイラストを描いている人には価格以上の価値があります

高いし手が出ない方には、断然軽いくて速い「iPad Air2」をオススメします。絵を描く時は軽いに越したことがありませんからねー。

あと容量も思いっきり多い128ギガがいいと思います。私は32GBを買ってすこぶる後悔しています。アプリと絵はどんどん増えていきますからね……。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!