エアカナダの機内ってどんなの? カナダまで行ってきたのでレビューするよ!

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回はカナダに行くときに航空会社エアカナダを利用しました。

前回は中国経由でえらく時間がかかって大変でしたが、今回は成田から直通でだったので快適にカナダに行けましたよ。

ということで「エアカナダ」の機内の様子を紹介しますね!

エアカナダにチェックイン

では、まずはエアカナダでチェックインしましょう。

こちらは成田空港のエアカナダのところです。

エア・カナダでチェックイン

すごく感じの良い対応でした。まぁ、基本的に日本の空港で嫌な対応をされたことはありませんが。

預ける荷物(受託手荷物)には制限があります。

エア・カナダの受託手荷物

  • 【エコノミー / プレミアムエコノミー】
    重量: 1つに付き23kg・個数: 2つ
  • 【ビジネスクラス】
    重量: 1つに付き32kg・個数: 2つ

エアカナダの場合、預ける荷物には重さ制限がありますが、「機内持ち込みの荷物」は重さに制限がありません(大きさには規定があります)。

わたしは持ち込める大きさのスーツケースを愛用してるので、預ける荷物は無し!

ちなみにエアカナダのチェックインは、こんな機械でもできますよ。

エアカナダのチェックインの機械

ただ、わたしの場合、なぜか上手くいかず、エラーが出ました。

たまにできないこともあるらしく、そんなときは普通にチェックインですね。

チケットを見ると「Gate 45」になってるので、45ゲートを目指しますね。

というわけで、こちらが45ゲートです。

「ゾーン」ごとに乗る順番があるので、自分の「ゾーン」をチケットで確認しましょう。

わたしのは「ZONE 5」って書いてますね。

乗る順番は最後の最後です。かなり並んでたのでまあまあ待ちましたので、隣りにいたアメリカの方と雑談してました。

というわけで、チケットを見せたらこちらの飛行機に乗り込みますよ!

エアカナダに搭乗

では、エアカナダに搭乗しましょう。

入り口で日本語の話せる方が席を案内してくれました。

自分の席に着いて、荷物を棚に乗せますね。

機内の様子はこんな感じです!

かなり綺麗です。あ、わたしはもちろんエコノミーです(笑)。

座席には簡易な枕とブランケットがありました。

前の席の背もたれにはこんなモニターが。

ここで、いろいろ見られます。

あとどのくらいで着くのかとか、映画とかゲームとかいろいろあるのでいじりましょう。

そうこうしていると離陸の時間になりました。

緊急時の対応についてのビデオが始まりました。

ビデオは日本語字幕で、説明の音声は英語とフランス語を連続で流れます。

エアカナダの離陸後

離陸後落ち着くと、まずイヤホンが配られました。

ビジネスクラスは「ノイズキャンセルヘッドホン」を貸してくれるそうですね。すげぇ。

イヤホンが配られた後はさっそく夕食です。

ちなみにメニューはモニターの中で確認できますよ!

メニューはモニターで確認

「Eat & Drink」のところで。

食べ物の写真はありませんでしたが、飲み物は写真付きです。

飲み物の写真

ワインなんかもありますよー。

エアカナダの夕食

こちらはわたしが乗ったときの夕食です。

「フィッシュ」か「ビーフ」かを聞かれますので、「フィッシュ(魚)」にしました。

こんな感じです。

五穀米(?)に白身魚のあんかけでした。

美味しかったですが、隣の人が食べていた「ビーフ」の方が美味しそうでした。

「ビーフ」の場合は、ミートソースのかかったビーフとスパゲッティがついてましたよ。

飲み物はいろいろありますが、わたしの大好きな「トマトジュース」があったのでそれを!

おかずのこんな豆サラダがかなり美味しかったです。

豆サラダ

いろんな種類の豆が入っていて、ポリポリと食感も良かった!

ガーリックの味付けなので、苦手な人はだめかも。

こちらはデザート。

夕食の後は免税品の紹介がありました。

わたしはなんとか時差ボケを作らないようにねるように心がけましたが、残念ながらあんまり寝られませんでした。

エコノミーは背もたれもあんまり倒せないし、狭いのでよっぽど疲れていないと寝れないですね……。キツイ……。

こちらはバンクーバーから成田に向かう飛行機の中での食事。

チキンとビーフを選べたので「チキン」を選びました。

バンクーバーから成田に向かう飛行機の中での食事

チキンにトマトソースがかかっています。左側にあるのは米ではなくパスタを丸っこくしたものです。

ビーフの方は焼き肉っぽいものがご飯に乗っていたのですが、そっちの方が当たりだったかも知れません(笑)。

エアカナダの朝食

着陸の1〜2時間前には朝食が出ました。

「おかゆ」か「スクランブルエッグ」を聞かれたのですが、「え?パンとおかゆじゃないの??」と戸惑いました(笑)。

わたしはスクランブルエッグにしました。

あ、パンはどちらにしてもついてくるんですね。なるほど。

こちらがスクランブルエッグです。

スクランブルエッグ

スクランブルエッグというと、オムレツみたいですね。中身は何もありませんが。

卵にはホワイトソースがかかっていて、茹でたミニトマトと、ジャーマンポテト、ハム、ほうれん草がついてました。

わたしの場合は、成田からバンクーバーまでエアカナダで行きましたが、心地よかったです。

エアカナダは、フライトアテンダントの方は日本語も話せるし、放送も日本語で言ってくれますので、何も困ることはありませんよ。

追記:「エア・カナダ ルージュ」は別の会社

エア・カナダ ルージュ」という飛行機もあります。先日、関西国際空港からカナダに行くときに使いました。

関西国際空港から「エア・カナダ ルージュ」に乗った
関西国際空港から「エア・カナダ ルージュ」に乗った

こちらはエア・カナダが設立した新しいレジャー航空会社だそうです。

わたしが感じた一番大きな違いは、テレビのモニターがないこと。

テレビのモニターがない?!
テレビのモニターがない?!
ヨス

国際便なのに映画とか見られへんの?!

……と驚きましたが、搭乗前にアプリを入れて、飛行中に機内のWi-Fiに繋ぐと、それで映画などが見られるんだそうです。

わたしは後で知りましたが、まあ、常に自分のPCでブログ書いているのでどちらでも良いのですが。

エア・カナダ ルージュのエコノミーでの足元の広さはこのくらいでした。

足元の広さはこのくらい
足元の広さはこのくらい

あと、シートの背もたれにはちょっとした工夫がありました。

シートの背もたれには工夫が
シートの背もたれには工夫が

上の画像の中で、シートの上の方が二重になっていますよね。ただのクッションかと思いきや、これ、「コ」の字型に少し曲げられるんです。

説明が難しいですね。ほら、飛行機に乗るとき「C」の形になった枕を首にひっかけて使う方が多いと思うのですが、ちょっとあれみたいな効果になります。

あと、USBを繋ぐコンセントはありませんでしたが、座席の足元にはコンセントがありました。

足元にあるコンセント
足元にあるコンセント

110V、60HZと書いています。スマホとかのコンセントは大丈夫だと思うので、安心ですね!

わたしもノートPCを使うときに大活躍しました。

あと、エア・カナダ ルージュには日本語での放送はありませんでした。これはエア・カナダとは大きな違いですね。

ということで、今回はエアカナダの機内がどんな感じかについてまとめました。

特に、アナウンスが日本語付きというのはメリットだと思います。

中国経由は子連れにはムリゲーすぎたので、なるべく使いたくないですね……。安いんですけどね。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい