[カナダ]リッチモンドのMinoru Arenas(ミノルー・アリーナス)でスケートを満喫したよ

ノマド的節約術

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回はカナダ・リッチモンドにあるアイススケートリンク「Minoru Arenas(ミノルー・アリーナス)」に行ってきたのでそのレポートです。

ミノルー・アリーナスの外観

ミノルー・アリーナスは、リッチモンドセンターのすぐ近くの「Richmond Public Library: リッチモンド公共図書館(Brighouse Branch: ブリッグハウス支所)」の隣にあります。

図書館の隣にミノルー・アリーナスがある
図書館の隣にミノルー・アリーナスがある

ただ、上の写真のところ(図書館に近い側)は出口専用なので、入れません。

入り口はこっち側になりますよー。

ミノルー・アリーナスの入り口
ミノルー・アリーナスの入り口

こちらがミノルー・アリーナスの入り口になります。

ミノルー・アリーナスの入り口付近
ミノルー・アリーナスの入り口付近

ちなみに、「ミノルー・アリーナス」の「ミノルー」ですが、発音が気になりますよね。

それもそのはず、この語源は日本人の名前「ミノル」から来ています。リッチモンドには日本人ゆかりの名前の道路とか多いんですよねー。

ミノルー・アリーナス料金

では、ミノルー・アリーナスの中に入ってみましょう。

こちらの写真の左手側が受付になり、右手側がリンクへの入り口になっています。

入り口に入ったところ
入り口に入ったところ

料金はこちらになります。

ミノルーアリーナスの料金
幼児(0〜2歳) 無料
子ども(3〜12歳) $3.40
ユース(13〜18歳) $3.80
大人(19〜54歳) $5.35
シニア(55歳以上) $3.80
家族(1人の値段) $3.40

この「家族」というのが嬉しいですね……。うちの場合、本来は大人 × 2($10.7)・ユース×1($3.80)子ども×2($6.8)で、$21.3になります。

ところが、家族割引になり、$3.40 × 5($17)になります!

なんと、$4.3も安くなるんですよ!! これは大きい……。

ヨス

ぜひ家族で行きましょう!

さらにスケートシューズの無い方の場合(まぁ、ほとんどがそうだと思うけど)、1人$3.05が必要になります。

受付ではクレジットカードでの支払いももちろんできます

お金を払うとこんな2つのものをもらいます。

受付でもらうもの
受付でもらうもの

スケートシューズのレンタルのところで、この「Valid for One Skate Rental(1スケートレンタルに有効)」と書いているカードを渡すんですね。

もう一つのビニール製の短冊のようなものは、借りたスケートシューズのヒモなどにくくりつけ、レンタルしているという印にするようです(くわしくは後述しています)。

ミノルー・アリーナスの中の様子

では、スケートリンクの方にいきましょう。

スケート場に入ったところはこちらの写真です。

スケート場にはいったところ
スケート場に入ったところ

このまままっすぐ行けばオッケーです。右前にシューズをレンタルしてくれるところがあります。

こちらが「Skate Shop」、つまりシューズのレンタルです。

「Skate Shop」のところがシューズのレンタル
「Skate Shop」のところがシューズのレンタル

ここで、先ほどの「Valid for One Skate Rental」のカードを渡しましょう。

そして、自分の片方の靴を預けることになります(笑)。

片方の靴を脱いで渡しましょう
片方の靴を脱いで渡しましょう

ちょっと驚きましたが、自分の片方の靴を渡し、スタッフの方がその靴のサイズを見て、こちら側がサイズを言わなくても勝手に選んでくれます。ラクですね。

そしてたぶん、シューズの盗難を防ぐために、片方の靴を預けるんだと思います。

シューズを借りたら、目の前にある靴はき場で履いてください。

靴はき場は目の前に
靴はき場は目の前に

上の写真のようにヘルメットも置いてありますね。ヘルメットを借りるのは無料ですよ。

片方の靴を預けているので、靴下を汚したくない場合は「けんけん」する必要があります。

マジで けんけんしている人が多いので、絵的に面白いです。

靴を借りたら履きましょう
靴を借りたら履きましょう

脱いだもう片方の靴は、靴はき場のイスの下に入れておきましょう。

脱いだもう片方の靴
脱いだもう片方の靴

あと、受付でもらったビニール製のヒモも結びつけるのをお忘れなく。

受付でもらったヒモを結ぶ
受付でもらったヒモを結ぶ

すぐ近くに、小さいコインロッカーがあります。

25セントのロッカー(小)がある
25セントのロッカー(小)がある

25セント必要ですが、サイフとか貴重品はぜひ入れておきましょう。

ミノルー・アリーナスのリンク

では、ミノルー・アリーナスのリンクに入りましょう。

ミノルー・アリーナスのリンクに入る
ミノルー・アリーナスのリンクに入る

リンクへの入り口は1箇所しかありません(たぶん)。

貴重品以外の荷物は観覧席に置いていてオッケー。

荷物などは観覧席に置いておきましょう
荷物などは観覧席に置いておきましょう

あ、2階にも観覧席があるみたいですね。

2階にも観覧席があるらしい
2階にも観覧席があるらしい

ミノルー・アリーナスのリンクはこんな感じです。

ミノルー・アリーナスのリンク
ミノルー・アリーナスのリンク

わたしは日曜の13:30ごろに行きましたが、最初はそこまで多くなかったのですが、15:00ごろにはかなりの人がごった返していました。

リンクの入り口近くにはこんなものが!

アザラシの補助があるよ
アザラシの補助があるよ

アザラシ型のかわいい補助です。

こんなふうに使いますよ♪

アザラシの補助
アザラシの補助

手前はうちの小3の末っ子ですが、まったく滑れなくてもこうやって歩いてリンクを回れるようになります。

後ろに写っている子どものように、アザラシの上に乗ってもオッケーです。

たまに、「いや、自分、アザラシの補助いらんやろ!」というレベルの人がものすごいスピードで使っているのですが、数に限りあるから使わんでくれよ……。

末っ子はこのアザラシのおかげで、5周ほど回ったころにはけっこうスピードも速く滑れる(歩ける?)ようになっていました

末っ子

けっこう速くなってきたで!

小6の次女も滑れなかったのですが、アザラシのおかげで、最後のほうには補助無しで滑れるようになりました!

次女もこのとおり
次女もこのとおり
次女

アザラシ無しで滑れるようになったで!

そして、運動神経バツグンの中2の長女はこのとおり……。

長女は運動神経抜群
長女は運動神経抜群

スキーをやらせても1日でスイスイ滑れるようになるし、この子の運動神経はヤバイですね……。すげぇ。

長女

ヨユー、ヨユー!

え? わたしですか?

滑るヨス
滑るヨス

実はフツーに滑れるんですよ。意外なことに(笑)。

10代のころ、わりと近場にスケート場があって(今は無くなっている)、よく行ってたもので。

ミノルー・アリーナスの売店

ミノルー・アリーナスでは売店もあります。

ミノルー・アリーナスの売店
ミノルー・アリーナスの売店

値段はこんな感じです。

  • Fries(フライドポテト)…… $3.50
  • Hot Dog(ホットドッグ)…… $3.95
  • Corn Dog(アメリカンドッグ)…… $4.95

値段はもちろん高めになっていますよ。

わたしはフライドポテトを買いましたが、量はまあまあありました。

ミノルー・アリーナスのフライドポテト
ミノルー・アリーナスのフライドポテト

お菓子もいっぱい売っています。

売店にはお菓子もいっぱい
売店にはお菓子もいっぱい

もちろん、スーパーで安く買って持ち込むのがオススメですが、あとから欲しくなったりするもんですよねー、こういうお菓子って。

子どもは急に……

末っ子

お腹すいたー

……って言うものですから。

スーパーで買って持ち込むのがおすすめ
スーパーで買って持ち込むのがおすすめ

ちなみに自動販売機もありますよー。

自動販売機もあるよ
自動販売機もあるよ

スケートのあと

スケートを楽しんでシューズを返す前には、スケートシューズをタオルで拭きましょう。

スケートシューズをタオルで拭く
スケートシューズをタオルで拭く

売店とシューズレンタルの間にタオルを吊らしているところがあります。

出口はシューズレンタルのとなりにあります。

出口はシューズレンタルの横から
出口はシューズレンタルの横から

ここを出ると、最初に見たここに出ます。

図書館の隣にミノルー・アリーナスがある
図書館の隣にミノルー・アリーナスがある

ここは出口専用なので、一度出るともう入れませんよー。

長女

間違えてヘルメット持って帰るところやったわ!

次女

これ、あるあるちゃうかなと思うわ。

追記:「Family Day」に無料だったので行ってみた

「Family Day」という祝日にミノルー・アリーナスが無料になっていたので、行ってきました。

なんと、入場料だけでなく、スケートシューズのレンタルも無料という太っ腹具合だったので、とんでもなく混んでいましたよ!

とんでもなく混んでいた
とんでもなく混んでいた

あざらしも借りられないし、混雑具合はすごいし、大変でした(笑)。

さて、今回行ったミノルー・アリーナスですが、場所的にもリッチモンドセンターの隣で行きやすいです。

個人的に気に入ったのは、「アザラシの補助」ですね。日本のスケートリンクでは見たことがなかったので。

うちの末っ子も次女も、アザラシのおかげで上達したと言っても過言ではありません。アザラシよ、ありがとう。

住所
7551 Minoru Gate, Richmond, BC V6Y 1R8
入園料
ミノルーアリーナスの料金
幼児(0〜2歳) 無料
子ども(3〜12歳) $3.40
ユース(13〜18歳) $3.80
大人(19〜54歳) $5.35
シニア(55歳以上) $3.80
家族(1人の値段) $3.40
営業時間
【金曜】18:30〜20:00
【土曜】14:00〜17:00
【日曜】12:00〜16:00
※ その時期、曜日によって違うので詳しくは公式サイトでご確認ください。
電話
(604) 238-8465
備考
【シューズのレンタル】$3.05
クレジットカードでの支払い可能
フリーWi-Fiは図書館のWi-Fiが使える

すぐ目の前にはスイミングプールの「Minoru Aquatic Centre」もありますよ!

リッチモンドのカテゴリ」のほかの記事もぜひご覧ください♪

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい