「自分探し」をしに海外に行ったら本当に「自分」って見つかるの?

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回は「自分探し」についてです。

ポジティブで真面目で、すっごく聞こえのいい言葉ですよねー。

よく海外に「自分探し」に行くという話を聞きますが、海外に行ったら自分って見つかるんでしょうか?

「自分探し」とは

いつから聞くようになったのか分かりませんが、「自分探し」という言葉があります。

意味的には「本当の自分」を探すという意味だと思います。

じゃあ本当の自分って何なんでしょうね?

「本当の自分」って?

  • 自分の本当の能力
  • 自分が向いていること
  • 自分のやるべき仕事
  • 自分のあるべき人生

このへんですかね?

ヨス

こ……答えなんてあるんでしょうか?! すごく難しい雰囲気が満載ですね。

「自分探し」のために海外へ?

そして、そういう人の中には「自分探し」のために海外に行ったり、世界一周に行ったりする人がいます。

そう。自分はここに居るのに、海外に「自分」を探しに行くんですよ。

率直に言いますが、海外に自分探しに行っても自分なんて見つからないと思います。

だって、外に向かって行ったって自分なんて見つかるわけないじゃないですか?

自分の内面を見ないとダメでしょ?

ヨス

ぶっちゃけですが、一番手っ取り早い「自分探し」は「ストレングス・ファインダー」です。

じゃあ海外に行くのはムダ?

こんなことを書くと、「じゃあ海外に行くのはムダなの?」と思われるかもしれませんが、まったくムダじゃないです。

むしろ、わたしは海外に行くべきだと思っています。

なぜかというと、海外に行ったら日本で自信がなかった人も、きっと自信がつくからです。

実はわたしも20歳まで、自分にまったく自信がありませんでした

何1つ困難なことも達成したことないし、大学受験も失敗したし、ダメダメすぎてコンプレックスの塊でした。

アメリカに行って人生が変わった

ところが、わたしが専門学校のときに、突然海外に興味を持ったんですよ。

たぶん高校ぐらいから「日本が自分に合わない」と思っていたのが原因だと思いますが。

で、交換留学生としてアメリカに行きました(その前にカナダにホームステイもした)。

これがわたしの人生を変えたんです。

「自分探しをするぞ!」なんてみじんも思っていませんでしたし、自分も見つかりませんでした。

でもとにかく、めちゃめちゃ自分に自信がついたんですね。

アメリカで「切手1つを買うだけでもあたふたしてた経験」を乗り越えたら、日本で何かをするなんて楽勝すぎじゃありませんか?

そう。言語がなに1つ不自由なく伝わって、コミュニケーションが取れることって、すっごく楽勝なんです。

アメリカに行くまで、電車に1人で乗るのですらオドオドしていたこのダメダメなわたしがですよ!

若者は「自信」を得るために海外へ行け!

というわけで、わたしがこの記事で言いたいのは、こういうことです。

自分探しをしに海外に行っても「自分」は見つからないけど、めっちゃ自信がつくので、
とりあえず若者は海外へ行け!!

……です。

「自分探し」なんてモヤっとした言葉を使うのは自分に自信がないからです。

自分に自信がつけば、「今のありのままの自分が自分じゃい!」ということが分かるので、そんな言葉に逃げなくてもいいんですよ。

ということは、結果的に海外に行ったら「自分探し」も果たせるということになりますね!

さて、今回は「自分探し」という言葉について書きましたが、ほんとに海外に行けばいいと思います。

多くの方は知らないと思いますが、日本人って有利なんですよ。「ワーキングホリデービザ」を使えば、いろんな国に簡単に滞在することができるんですから。

普通は海外で住むには難しい試練がいっぱいあるんですが、「若い」というステータスだけで取得できるワーキングホリデービザがあれば余裕です。

ということで、若者は何も考えずにワーホリで海外に行こうぜ!!

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい