人間は指摘されないとわからないことが絶対にある

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

人間って、自分が成長すれば何でもわかってくると思われがちですがそうでもないんですね。私は指摘されないと絶対にわからないものがあると確信しています。

友達にめっちゃ怒られた経験

私は諸事情で、半年ほど友達の家に居候していたことがあります。兵庫の妙法寺ってマニアックなとこですけど。

友達と専門学校は別でしたが、高校の時の友達でずっと仲が良かったので特に問題なく住んでいました。でも1回だけめっちゃ怒られたことがあります。

それはレンジのフタをバーン!!って閉めてたこと。

逆ギレした

これだけ書くと「いや、意味わからんわ!」って言われると思います。

私がレンジのフタを閉めるとき、結構力強く閉めていて、壊れると思うぐらい音が出ていたんだそうです。私の方は全くそんな意識ないんですけど友達はずっと嫌だったんだとか……

「なんでいっつもそんな風にフタ閉めるんや!!」

ってキツく怒られました。でも、私も逆ギレしたんですよ。

「じゃあどうやって閉めたらええんや!!」

……って。

ホントに気づかなかった……

そしたら友達は教えてくれました。そーっとフタを閉めながら「こうやって閉めるんや!」って。

「ウソやーん」って言われそうですが、そうなんですよ。私はそーっと閉めることが想像できなかったんです。

そう言われて、目からウロコ状態でした。まさに「その発想はなかった!!」でした。

この事件のあとに実家に帰って納得しました。実家の家族を見ても、みんなレンジのフタをバーン!って閉めていたからです。つまり、レンジのフタを閉める動作として「バーン!」って閉める以外を見たことがなかったんです。親も弟もみんなそうやって閉めていましたから。

指摘するだけで改善するかも

こういう経験って、誰しも一度か二度はあるんじゃないですか? 私はそんな数どころじゃないです。何度もあります。

生まれた家族とか周りの環境でしか身につかないことってあります。今回の例みたいに「レンジのフタを閉める」なんて、一緒に住まないと見ませんよね(笑)。

こんな感じで、人間って他人に指摘されないと絶対に気づかないものがあるってことですね。職場のあの人のイラっとする行動も全く悪意がないのかもしれません。ちょろっと指摘するだけで一気に解決するというオチになるかもしれないです。

ただ、その相手が年上だったり、上司だったりすると難しい。そう考えると、年上に指摘をしにくい文化である日本では高齢者は学ぶ機会が妨げられています。それによって若者との隔たりが他の国よりも大きいかもしれませんね。無礼な話し方をする高齢者とかいっぱいいますもん。

さて、今回は私が友達と一緒に住んだことで初めて気づいた自分の乱暴な動作についてでした。

ほかにも、リスみたいに口にいろいろと詰め込んでもぐもぐする癖もカナダのホームステイで指摘されたり、そういうことっていろいろあります(笑)。

なので、周りの人で「なんでアイツはこんな無礼な態度を取るんだ!」って思う場合、ちゃんと指摘するだけで改善する可能性は高いってことです。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!