[カナダ] バンクーバー水族館はラッコだけじゃない! 映画や展示物もクオリティ高いよ

ノマド的節約術

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回はカナダのバンクーバーにある「バンクーバー水族館(Vancouver Aquarium)」に行ってきました。

バンクーバー水族館の看板であるラッコ
バンクーバー水族館の看板であるラッコ

バンクーバー水族館はラッコが看板ですが、ほかにもいろいろと見どころがあるのでガッツリ写真多めで紹介しますね!

「バンクーバー水族館」の詳細情報

まずは、バンクーバー水族館の詳細情報をまとめました。

「バンクーバー水族館」の詳細情報
店名 Vancouver Aquarium(バンクーバー水族館)
住所 845 Avison Way Vancouver, BC, V6G 3E2
電話 (604) 659-3474
料金 ※ こちらに記載しています
営業時間 10:00 〜 17:00
定休日 年中無休
駐車場 あり(料金はこちら
クレジットカード 使用可能
喫煙状況 完全禁煙
公式サイト https://www.vanaqua.org/
備考
  • 飲食物の持ち込み禁止
  • 風船の持ち込み禁止
  • インラインスケート禁止
  • ペット禁止

「バンクーバー水族館」への行き方(アクセス)・地図

バンクーバー水族館は、バンクーバーで一番有名な公園である「Stanley Park(スタンレー・パーク)」の中にあります。

アクセスは車、もしくはバスがオススメです。

Waterfront駅から4分ほど歩いたところの「W Pender St @ Richards St」から「019」のバスが出ています。

ヨス

バスは「Stanley Park(スタンレー・パーク)」行きなので、終点で降りて下さいね。

バスを降りてから、徒歩で10分ほど歩くとバンクーバー水族館につきますよ。

カナダのバスについてはこちらに詳しく書いてあります。ご参考に♪

「バンクーバー水族館」の最寄り駅

バンクーバー水族館の最寄り駅は「Waterfront」駅です。

最寄りとは行っても、駅から徒歩では40分もかかってちょっと遠すぎるので、車の無い方はバスで行きましょう

「バンクーバー水族館」の混雑状況

バンクーバー水族館の混雑状況ですが、人気の観光地になっているので、週末や祝日はいつも混んでいると思います。

でも、わたしが行ったのは春休みの時期でしたが、そこまで混んでいませんでした。

「バンクーバー水族館」の料金

バンクーバー水族館の料金はこちらです。

「バンクーバー水族館」の料金
幼児(3歳以下) 無料
子ども(4〜12歳) $21
ユース(13〜18歳)/学生 $30
大人(19〜64歳) $38
シルバー(65歳以上) $30

かなり高めの料金です!!

年に3回以上行くなら年間会員のほうがお得

もし、バンクーバーでお住まいの方で、年間で水族館に3回以上行くのでしたら絶対に年間会員の方がお得です。

「バンクーバー水族館」の年間会員の料金
幼児(3歳以下) 無料
子ども(4〜12歳) $43
ユース(13〜18歳)/学生 $57
大人(19〜64歳) $86
シルバー(65歳以上) $57

「バンクーバー水族館」の外観・内観

今度はバンクーバー水族館の建物や雰囲気を紹介しますね。

「バンクーバー水族館」の外観

バンクーバー水族館の外観の様子です。

バンクーバー水族館の外観
バンクーバー水族館の外観

近代的な建物ですね!

「バンクーバー水族館」の駐車場

バンクーバー水族館にはかなりたくさんの駐車場がありますが有料です。

水族館というか、スタンレー・パークと駐車場は一緒です。

水族館の前を抜けて奥に行くといっぱいあるので、わかると思います。料金はパーキングマシーンで払うことになります。

わたしが行ったときは1日置いても最大7ドルでした。くわしくはこちらの表を。

スタンレーパークの駐車場料金(6:00〜23:00)
  1時間 1日
4/1〜9/30 $3.50 $13.00
10/1〜3/31 $2.50 $7.00

「バンクーバー水族館」の入り口付近の様子

バンクーバー水族館の入り口付近の様子です。

「バンクーバー水族館」の入り口付近
「バンクーバー水族館」の入り口付近

目の前にはこんな像がありますが、何かわかりますか?

オルカの像
オルカの像

「オルカ」のブロンズ彫刻ですね。ビル・リードという方がデザインしたものだそうです。

「バンクーバー水族館」の中の様子

では、バンクーバー水族館の中に入りましょう。

「バンクーバー水族館」の受付

バンクーバー水族館の入り口では料金を払います。

そのときに、「Donation(募金)をしますか?」と聞かれます。たぶん、1ドルだったと思います。

募金をすると、募金をした証的なラッコのシールがもらえますよ。

募金をしたらもらえるラッコのシール
募金をしたらもらえるラッコのシール

あと、入り口では手にハンコを押されました。再入場のときに見せるやつですね!

手にハンコを
手にハンコを

料金を支払って奥に行くと、水族館の建物への入り口があります。

壁沿いに魚のプレートがあって、かわいいですよ(下の写真)。

壁に魚のプレートが
壁に魚のプレートが

環境問題について展示している広場

水族館に入ってすぐのところは広場(テック・コネクションズ・ギャラリー)になっています。

こんな感じの広場で、環境問題について、色々と展示がされているんです。

バンクーバー水族館に入ったところの広場
バンクーバー水族館に入ったところの広場

上を見てみると映画のように何かが映し出されています。

環境問題を訴える映像
環境問題を訴える映像

環境問題を訴える映像で、プラスチックごみがだんだん粉々になって下に落ちていっている様子を表現しているんですね。

こちらはプラスチックを細かく切ったものを水槽に入れているコーナーです。

プラスチックごみを砕いたものが水槽の中を回っている
プラスチックごみを砕いたものが水槽の中を回っている

クルクルと回っていて、「プラスチックゴミが水の中で分解されないこと」を表現しています。

じつは、海洋生物たちがプラスチックを間違って飲み込んでしまうことが多発していて、バンクーバーではプラスチックのストローが2019年から禁止になります。

こんな感じで、バンクーバー水族館のあちこにち環境問題を訴えるポスターなどが貼ってありますよ。

ゴミで変装しているカニ
ゴミで変装しているカニ

このポスターでは、カニがポイ捨てのフォークを爪にして、パックを殻にしています。ほかにヤドカリがゴミの家に入っているポスターもありました。

熱帯の海の魚たち

最初に見られるのは、熱帯の海の魚たちです。

熱帯の海の魚たち
熱帯の海の魚たち

ん? 水槽の前でスケッチをしている学生?がいましたよ。

スケッチしている人が?
スケッチしている人が?

さすがバンクーバーですねぇ。←たぶん関係ない(笑)。

丸い水槽
丸い水槽

アマゾンギャラリー

熱帯の魚コーナーに入ってすぐ右手側には「Amazon Gallery(アマゾンギャラリー)」への入り口があります。

アマゾンギャラリーの入り口
アマゾンギャラリーの入り口

アマゾンって言っても、ネットショップじゃないですよ(笑)。アマゾン川のアマゾンです。

淡水魚で最も大きなピラルクや、おなじみのピラニアもいました。

ピラニア
ピラニア

そして、アマゾンギャラリーには魚だけでなく、動物たちもいます。

途中からこんなふうにジャングルの中に入っていきます。

途中からジャングルに
途中からジャングルに

こちらはスミレコンゴウインコ(Hyacinth Macaw)だそうです。

Hyacinth Macaw(スミレコンゴウインコ)
Hyacinth Macaw(スミレコンゴウインコ)

青くてきれいなインコですね。

おや? みんな上のほうを見ていますね。

上になにかがいる?
上になにかがいる?

こんな「Sloth(ナマケモノ)」の注意書きが!

Sloth!(ナマケモノ)
Sloth!(ナマケモノ)

上を見ると木の上にナマケモノがいましたよ!

ナマケモノ
ナマケモノ

英語では「Sloth」って言うんですねぇ。

「ゲルディモンキー(Goeldi's Monkey)」もいました!

ゲルディモンキー
ゲルディモンキー

40種類もの違う鳴き声をすると書いてありました。すごいですね……。真剣に聞いてみればよかった。

美しいグリーンの「エメラルドツリーボア(Emerald Tree Boa)」もいました。

エメラルドツリーボア(Emerald Tree Boa)
エメラルドツリーボア(Emerald Tree Boa)

すごくきれいな色ですよね!!

ヨス

図鑑では見たことがあったけど、本物は初めて見た!

個人的にバンクーバー水族館で一番よかったのがこちらです。

ブラジリアン・レインボー・ボア(Brazilian Rainbow Boa)
ブラジリアン・レインボー・ボア(Brazilian Rainbow Boa)

ブラジリアン・レインボー・ボア(Brazilian Rainbow Boa)です!! 日本語では「ニジボア」と呼ぶそうですね。

なぜ「虹」なのかというと……

鱗が虹色に!
鱗が虹色に!

これ、本物を見ないと分かりづらいですが、すごくきれい!

末っ子

きれいだったね!

20年も生きるんだそうです。

アナコンダもいました!!

超大きな蛇「アナコンダ」
超大きな蛇「アナコンダ」
長女

めっちゃ大きいな。

真っ暗なところにコウモリもいました。

コウモリも
コウモリも

上の写真に写っているのはバナナですね。コウモリの餌のバナナを上から吊らしています。

真っ暗だし、コウモリの飛ぶスピードも速いので写っていません(笑)。

こちらは「カイマン(Caimen)」という種類のワニだそうです。

カイマン(Caimen)
カイマン(Caimen)

全然動かず、水の上に浮かんでいるだけでした。展示にも「これは生きています」みたいに書いていました(笑)。

カナダ太平洋

水量26万リットルの水槽にブリティッシュ・コロンビア州ジョージア海峡の生態系を再現したエリアです。

こんなふうに水槽の内側に顔を出せる水槽もいくつかありました。

水槽の内側に顔を出せる
水槽の内側に顔を出せる

こんなふうにはいって写真を撮るのもオススメです。子どもだけでなく大人でもオッケーです。

人気のニシキアナゴ、チンアナゴももちろんいますよー。

ニシキアナゴ、チンアナゴももちろんいます
ニシキアナゴ、チンアナゴももちろんいます

イソギンチャクとカクレクマノミもお約束ですな。

カクレクマノミとイソギンチャク
カクレクマノミとイソギンチャク

そして、超大きな水槽です。

超大きな水槽
超大きな水槽

ウミガメも泳いでいるとウミガメを目で追ってしまいますよね? しません?

ブリティッシュコロンビア沿岸の魚

「Treasures of the BC Coast(ブリティッシュ・コロンビア沿岸の財宝)」というコーナーがあります。

Treasures of the BC Coast(ブリティッシュ・コロンビア沿岸の財宝)
Treasures of the BC Coast(ブリティッシュ・コロンビア沿岸の財宝)

ブリティシュ・コロンビア沿岸の魚たちが展示されているようです。

ブリティッシュコロンビア沿岸の魚たち
ブリティッシュコロンビア沿岸の魚たち

ここでわたしが一番目を引いたのは意外や意外、イソギンチャクです。

Giant Plumose Anemone
Giant Plumose Anemone

しかもただのイソギンチャクではありません。「Giant Plumose Anemone(ジャイアント・プルーモウス・アネモニ)」というカリフラワーのような形のもの。

真っ白ででっかいんです! オレンジ色のもいるけど。

ほかにもいろんなイソギンチャクがいました。こっちは「ジャイアント・グリーン・アネモニ(Giant Green Anemone)」。

Giant Green Anemone
Giant Green Anemone

細い魚の「チューブスナウト(Tubesnout)」もいました!

チューブスナウト(Tubesnout)
チューブスナウト(Tubesnout)

あと、くらげも。

くらげ
くらげ
末っ子

タコ、見つからんかったな。

「タコを探せ!」みたいな水槽もありましたが、残念ながら見つけられませんでした。ってか無理やわ。

カナコード・エクスプロレイション・ギャラリー

カナダの魚たちを抜けると、「カナコード・エクスプロレイション・ギャラリー」というところに出ます。

なんか上に、灯籠のようなクラゲを飾っていました。

クラゲのオブジェ?
クラゲのオブジェ?

なぜだと思いますか?

じつは、よく見ると、クラゲのオブジェだけでなく、ビニール袋も吊らしているんです。

そして、「あなたは、クラゲとビニール袋を簡単に判別できますか?」みたいに書いていました。

どうやら、ウミガメがクラゲを食べようとして、間違えてビニール袋を食べることが多いみたいなんですね。

食べてしまうと、消化できないため、体の中にずっと残ってしまうんです。

ヨス

それをこういう形で訴えているんです。すごく上手いですね。

こちらはTシャツをつって、ライトを当てていました。

上からTシャツが
上からTシャツが

これも意味があるはずですね。ちゃんと見てきたら良かった……。

カクレクマノミの入り江(キッズコーナー)

「カクレクマノミの入江(Clowfish Cove)」というキッズコーナーもありました。

カクレクマノミの入り江(キッズコーナー)
カクレクマノミの入り江(キッズコーナー)

うちの子たちはもう大きくなっているので、ここには行きませんでしたが(笑)。

ゴールドコープ4-Dシアター

そして、「Goldcorp 4-D Theatre(ゴールドコープ4-Dシアター)。

これは15分ぐらいの映画ですね。

ゴールドコープ4-Dシアター
ゴールドコープ4-Dシアター

こんな眼鏡をかけて見る、「飛び出す映画」です。

こんな眼鏡をかけて見る映画です
こんな眼鏡をかけて見る映画です

写真撮影はできないので、アレですけどすごかったです。

ストーリーとしては、サメが狩りをするのを迫力満点な飛び出す映画で見るというもの。

ママ

子どもに「どんな映画?」て聞かれて「熱帯魚が泳いでいて楽しい映画じゃない?」と適当なこと言ってたらぜんぜん違ってた……。

末っ子

怖かった……

次女

水の中で泡が出るとき、自分のまわりに泡があってすごかった!

しかも、イスが凝っていて、サメがほかの魚を襲うときに、イスがプルプルと震えるんです!

波が来るときには、風も吹いてきて、波しぶきが本当に飛んできたり!(霧吹きみたいなのが前の座席の後ろから出る)

これはぜひとも体験してほしいですね。

バンクーバー水族館の地下

バンクーバー水族館の地下に降りてみます。

バンクーバー水族館の地下へ
バンクーバー水族館の地下へ

地下には「Frogs Forever ?(カエルは永遠?)」というコーナーがありました。

Frogs Forever ?(カエルは永遠?)
Frogs Forever ?(カエルは永遠?)

こんな毒々しい色のカエルとか……

毒を持ってそうな色のカエル
毒を持ってそうな色のカエル

ウシガエル的なカエルとか……

ウシガエル?
ウシガエル?

いやー、なにげに上の写真気に入っています。

カエルだけでなくサンショウウオとか……

サンショウウオ
サンショウウオ

ウーパールーパーも!

ウーパールーパー
ウーパールーパー

「バンクーバー水族館」の外のコーナー

バンクーバー水族館は、館内だけでなく外のコーナーもあります。

バンクーバー水族館の外のコーナー
バンクーバー水族館の外のコーナー

外にはイルカやラッコなどの動物、そしてカフェ(最後に紹介しています)がありますよ。

「バンクーバー水族館」の看板「ラッコ」

まずは、なんといってもバンクーバー水族館の看板アニマルであるラッコです。

バンクーバー水族館の看板であるラッコ
バンクーバー水族館の看板であるラッコ

じつは、わたし本物のラッコを見たの初めてです! むちゃくちゃかわいいですね!

ちなみに上の写真ですが、奥に人がいるのが見えますか?

ラッコが水の中にいるのを見られるようになっているんですね。

裏側から水の中のラッコを見られる
裏側から水の中のラッコを見られる

イルカのショー

そして、イルカのショーもあります。

こんな感じのところで、いろんな方向から見られます。

イルカのショー
イルカのショー

日本の水族館のショーと比べると、そんなに大した技などはやっていませんでした。

イルカのジャンプ
イルカのジャンプ

さすがカナダ。車椅子用の見る場所もありました。

車椅子のマーク
車椅子のマーク

奥にはペンギンやアシカも

こんなところの奥に行けば、アシカやペンギンもいます。

奥にはペンギンやアシカも
奥にはペンギンやアシカも

先ほどの水の中のラッコを見られる水槽の奥ですね。

左手にラッコの水槽
左手にラッコの水槽

こちらはアシカです!

アシカ
アシカ

ペンギンはこちら。

ペンギンもいる
ペンギンもいる

わたしが行ったときは4羽だけでしたが。温かいところに住むマゼランペンギンですね!

こんな感じのペンギンの大きさのわかるコーナーがいい感じでした。

ペンギンの大きさがわかる
ペンギンの大きさがわかる

バンクーバー水族館のカフェとギフトショップ

最後にバンクーバー水族館にあるカフェとギフトショップを紹介します。

カフェ

バンクーバー水族館にはカフェもあります。

野外にある「Upstream Cafe(アップストリーム・カフェ)」というお店です。

Upstream Cafe(アップストリーム・カフェ)
Upstream Cafe(アップストリーム・カフェ)

ドリンクや、ソフトクリーム、サンドイッチ、サラダ、フライドポテト、ハンバーガーなどが買えます。

今回は「Kids chicken Strips & Fries(フィッシュ&チップス $9.00)」と、「チーズピザ($7.00)」を買いました。

フィッシュ&チップスとピザ
フィッシュ&チップスとピザ

なかなかの観光地価格ですね。あ、上の写真のピザは1かけらになっていますが、写真を撮るのが遅かっただけです。ちゃんと1枚でした。

ちなみに食べる場所は外です。

食べる場所は外
食べる場所は外

この日は気持ちがよかったのですが、寒い季節はキツイかも(笑)。

ちなみにちゃんと、テーブル、イスもありますよー。

ギフトショップ

最後にギフトショップ(お土産物屋さん)です。

ギフトショップは、入り口の近くと、地下にあります。

こちらは地下にあるお店のほうです。

地下にあるギフトショップ
地下にあるギフトショップ

ぬいぐるみがたくさんありました!

このラッコのぬいぐるみ、可愛かったのですが、やっぱり買ったらよかったかな。

ラッコのぬいぐるみ
ラッコのぬいぐるみ

「ラッコ」ですが、英語だと「Sea Otter」と言います。

そして、こちらは入り口の近くにあるギフトショップ。

入り口近くにあるギフトショップ
入り口近くにあるギフトショップ

こちらのギフトショップには水族館を出るときに行きましょう。

この店はいろんなものがあって、広かったです。

さて今回は「バンクーバー水族館」に行ってきました。

スタンレー・パークにあるので、朝からスタンレー・パークに行って午後から水族館……のようにすれば一日遊べますよ。

最後にもう一度言っておきますが、バンクーバー水族館にきたときには、ぜひ映画も見てください。すごいよアレは。

パートナー

この記事、おもしろかったわ。ほかに似た記事ないん?

ヨス

バンクーバーのカテゴリ」にあるきん、そっち見てや。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい