手の甲に「あいうえお」を書いてタイピングの練習をする方法

OMIYA!

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

現在、パートナーに絶賛タイピングの練習……というか特訓をしている最中です。

今回は、タッチタイピングで母音のAIUEO、つまり「あいうえお」を覚えるのに良い方法を編み出しました!!

いやー、もう上の写真を見たらバレバレですけど(笑)。

日本語の入力では母音が超重要

日本語のタイピング(ローマ字入力)をするときに重要なのが母音です。

5つのAIUEOのキー、つまり「あいうえお」ですね。

日本語は母音と子音が常に合体している言語なので、以外の文字を打つときには必ず「あいうえお」を入力します。

日本語は常に子音と母音が合体している
日本語は常に子音と母音が合体している

参考: 子音だけを発音するとは? 日本語は子音と母音が合体しているという事実 | 英語びより

「か」だったら「 K 」+「 A 」のように。

つまり、日本語では母音の入力回数がべらぼうに多いってこと!

手の甲に「あいうえお」を書く

でもその母音「あいうえお」の位置がなかなか覚えにくいので……

ヨス

ぜんぜん覚えられへんわー!!!

……な場合は、いさぎよく手の甲にマジックで書きましょう

こちらの写真のように……。

手の甲に「あいうえお」を書く
手の甲に「あいうえお」を書く
「あいうえお」の文字はどの指の甲に?
あ( A ) 【左手】小指
い( I ) 【右手】中指
う( U ) 【右手】人差し指
え( E ) 【左手】中指
お( O ) 【右手】薬指

え? そのまま買い物に出かけたら恥ずかしい? まぁ、そうでしょうけど(笑)。

最初はチラッと見ることも

わたしはタッチタイピングの上達法という記事の中で「手元を絶対に見ないように書いています。

手元を見ながらのタイピングはダメ!
手元を見ながらのタイピングはダメ!

これはほんとにそうなのですが、まあチラッと見ることはありますよね。

でもキーボードを見るのは癖になるとまずいんです。

じゃあどうしたらいいかと言うと、手の甲に書いたヒントを「チラ見」するわけ!

手の甲に「あいうえお」を書く
手の甲に「あいうえお」を書く

これらの文字を手がかりに「そうだった!『あ』は左手小指だったな!」と思い出すはずです。

というわけでこの小技、使ってみてください。

さて、今回は手の甲に「あいうえお」を書く技を紹介しましたが、子音に応用するのもアリですね。

左手薬指にS、左手中指にDみたいに。

こういうのはなるべく使わない方がいいので、やらないのに越したことはありません

いつまでも頼るのではなく、「覚えるぞ!」という意気込みですぐに文字を消して、あくまで指で覚えることを心がけてくださいね!

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい