「Kindle Unlimited」最大のメリットは「読書習慣」を身につけること! メリット・デメリットまとめ

こんにちは! ヨス(プロフィールはこちら)です。

効率化オタクのわたしは、書籍を読むときの9割は電子書籍の「Kindle」だけになっています。

そんな電子書籍派の人に絶対におすすめなのが、Amazonのサービスである「Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)」です。

基本的には少し前のベストセラーから読める
「Kindle Unlimited」のトップページ

今回はKindle Unlimitedを愛用しているわたしが、そのメリット、デメリットについてくわしく紹介します。

>> Kindle Unlimited 公式ページをチェックするならこちらから

「Kindle Unlimited」とは?

「Kindle Unlimited」とは、Amazonの書籍を読むサービスです。

基本的には少し前のベストセラーから読める
「Kindle Unlimited」のトップページ

「Unlimited(アンリミテッド)」を直訳すると、「制限がない」という意味ですが、いったいどんなサービスなのでしょうか?

月額980円で読み放題

「Kindle Unlimited」をひとことで言うなら、「月額980円で無制限に読み放題ができるサービス」ということです。

本好きじゃないと損をするサービスでは?

「無制限に読み放題」という言葉を聞くとすごさは十分伝わると思いますが、……当たり前ですがほとんどの人は忙しいですよね?

よっぽどの本好きじゃないと無制限とは言え、月に30冊以上読む(1日に1冊以上読む)のは不可能でしょう。

そうなると、こんな不安がよぎるはず……。

ヨス

けっきょく損するんじゃないの?

月に1冊読めばもとはとれるサービス

では、実際には損をするのかどうかを判断するために、値段をもう一度確認してみましょう。

月々980円です!!

ふつうに売っている本を考えてみましょう。いくらぐらいでしょうか?

ほとんどの場合、1,000円以上しますよね?

つまり、「Kindle Unlimited」は月に1冊読めば、もとがとれるという計算になるのです。

ヨスの書籍も1,000円以上
ヨスの書籍も1,000円以上

ほら、わたしの書籍も1,000円以上します。

ということで、毎月1冊の本を読むなら「Kindle Unlimited」がオススメですね。

30日間無料で試せる!

Kindle Unlimited 公式

月々たったの980円
解約も簡単にできます

対象の本(和書)は12万冊以上

「Kindle Unlimited」の対象になっている書籍のページに行くと、読み放題で読むというボタンが表示されます。

「Kindle Unlimited」対象の書籍例
「Kindle Unlimited」対象の書籍例

これをタップするとダウンロードできるようになるんですね。

ただし、「Kindle Unlimited」に契約したからと言って、すべての本が読み放題になるわけではありません

当然ながら、新作は対象からはずれます。そうじゃないと売れませんからね(笑)。

ヨス

「じゃあ古い本ばかりなの?」と思いますが、古い本には「いい本」が無限にあります!!

そんななかから、書籍、コミック、雑誌を含む和書12万冊、洋書120万冊以上が「Kindle Unlimited」の対象になっています。

基本的には少し前のベストセラーから読める
基本的には少し前のベストセラーから読める

基本的には少し前のベストセラーから読めるようになっている印象ですが、冊数はどんどん増えているようですね。

「Kindleアプリ」か「Kindle端末」で読める

この「Kindle Unlimited」ですが、Kindleアプリ、もしくはKindle端末で読むことができます。

1Kindleアプリ

まず紹介するのは「Kindleアプリ」です。

アプリ「Kindle」のアイコン
アプリ「Kindle」のアイコン

アプリをスマホやタブレットに入れるだけで、「Kindle Unlimited」の電子書籍が読めるようになります。

スマホでもタブレットでもKindleアプリでAmazonの電子書籍が読める
スマホでもタブレットでもKindleアプリでAmazonの電子書籍が読める

アプリはこちらからダウンロードできますよ♪

iOS版

Android版

ただし、購入は「Kindle端末」もしくは、ブラウザで行う必要があります。

2Kindle端末

もしくは、Kindle端末を使うことで「Kindle Unlimited」を読むことができます。

Kindle端末というのは、Amazonが開発した「電子書籍リーダー(電子書籍を読む専用の機械)」のことです。

Amazonの「Kindle」端末
Amazonの「Kindle」端末

見た目はiPadのような「タブレット」と似ていますが、この端末では電子書籍しか読めません

しかも電子書籍とは言っても、読めるのはAmazonの電子書籍だけです。

ヨス

楽天の電子書籍「楽天Kobo」のような他社の電子書籍は読めない仕様になっています。

Amazonの電子書籍を読むことだけに特化した機器(ガジェット)なので、読みやすいしコスパ的にもオススメできます。

以下の記事も人気なのでぜひご覧ください。

「Kindle Unlimited」のメリット

では、いよいよ「Kindle Unlimited」のメリットから見ていきましょう。

月に1冊読めばもとがとれる

先ほども紹介しましたが、「Kindle Unlimited」の料金は、毎月980円がかかります。

でも1,000円より安い本よりも、1,000円以上の本のほうが多いので、月に1冊読むだけで元は取れます。

ヨスの書籍も1,000円以上
ヨスの書籍も1,000円以上

月に2冊読めば、かなりの確率でお得になりますね。

読書習慣が身につく

さて、「安い」ということをメリットの1つ目に挙げましたが、今からお話しするメリットが最大のメリットだと確信しています。

それが
読書習慣が身につくこと。

ヨス

「仕事のできる人ほど読書をしている」という話は聞いたことがありますよね? 体感的にもそう感じます。

つまり、読書習慣を身につけることはスキルを上げるために有益なのです。

でもここで疑問が生じますよね?

なぜ、「Kindle Unlimited」に契約すれば読書習慣が身につくの?……という疑問です。

その答えは「もったいない魂」です。

「Kindle Unlimited」対象の書籍例
「Kindle Unlimited」対象の書籍例

「毎月980円を払っているのだから読まなければもったいない」というマインドが生まれませんか?

「もったいない魂」は行動を起こすときのエネルギーになるので、ぜひ月額980円を払ってその習慣を身につけましょう。

30日間無料で試せる!

Kindle Unlimited 公式

月々たったの980円
解約も簡単にできます

面白くない本を途中で手放せる

そして、「面白くない本を途中で手放せる」というメリットです。

これはちょっと説明が必要ですよね!

「面白くない本」もがんばって最後まで読む悪癖

前述したように、人間には「もったいない魂」があります。

もし、1,500円ぐらい払って書籍を購入したら、「なんか面白くないなぁ」と思っても最後まで読みませんか?

ヨス

だって、読まなかったら使ったお金がもったいないもの!!

でも、「面白くない」と思うということは、自分にとって不要であることが多いので、そんな本はさっさとやめたほうがいいのです。

面白くない本に使う時間を面白い本に使えるシステム

もしがんばってしまったとして、その面白くない本を5時間ぐらいかけて読んでしまったら、どうでしょうか?

ヨス

その時間がもったいなくないですか?(参考: 人件費について

でも、「Kindle Unlimited」なら、980円払って無制限に読めるため、ためらいなく読むのをやめられます

読みたくない本を読む時間を、もっと読むべき本に使えるということですね。

Kindle Unlimitedは10冊までキープできる

ちなみに、この「Kindle Unlimited」は、一度に10冊までしかキープできません

つまり、11冊目を読むためには、ダウンロードしている10冊のどれか1冊を手放さなければないのです。

ヨス

システム的には図書館に近いですね!

端末を選ばずに読める

「Kindle Unlimited」は、ふつうにKindle書籍を読むときと同じで、どの端末でも読むことができます。

たとえば、iPhone、Androidをはじめとしたスマホ、そしてiPadのようなタブレット。

スマホでもタブレットでもKindleアプリでAmazonの電子書籍が読める
スマホでもタブレットでもKindleアプリでAmazonの電子書籍が読める

どの端末でも読めるため、家ではiPad、外に出たときはiPhoneで読む……というスタイルもいいですね。

しかも、ほかの端末で読んでいるところを同期(同じページから見られるようにしてくれる機能)してくれます。

個人的には、AmazonのKindle専用端末「Kindle」を購入するがオススメ!

ネットにつながっていなくても読める

そして、「Kindle Unlimited」は、一度端末にダウンロードしてしまえばネットがなくても読めます

わたしの場合は、いつも飛行機に乗るときに、新しい本を何冊かダウンロードして乗ります。

エコノミークラスの席に座った
エアカナダの機内にて
ヨス

ネットのつながらない機内で大活躍です。

無料体験が30日間もある

そして、この「Kindle Unlimited」には無料体験期間が30日もあります。

「けっきょく本を読まないかも?」という疑惑や、「読みたい本がないのでは?」という心配も30日間もあれば確かめられますよね!

前述しましたが、「読書の習慣」が身につくだけでも980円の価値があるので、1冊読めたら万々歳という認識でOK。

30日間無料で試せる!

Kindle Unlimited 公式

月々たったの980円
解約も簡単にできます

英語の勉強に最適

前述しましたが、洋書は120万冊以上あります。

つまり、英語の本を読めまくれるため、多読にはピッタリだということです(参考: 英語の多読について)。

洋書はなんと120万冊も
洋書はなんと120万冊も

ハリーポッター』シリーズもKindle Unlimitedで読めますよ〜♪

「Kindle Unlimited」のデメリット

では、つづいて「Kindle Unlimited」のデメリットについて紹介しましょう。

月に1冊も読めなくてもお金が取られる

まず、最大のデメリットは、月額980円というシステム自体です。

たとえ、1冊もダウンロードしなくて、1冊も読めなくても、この980円はAmazonに引き落とされます

ヨス

そ……そんな?!

……と思うかもしれませんが、これは書籍に支払っていると思うからそういう発想になるのです。

「読書習慣を身につけるプログラム」への参加費だと思いましょう!

「損するかもしれないからイヤだ!」と言う暇があれば、さっさと「Kindle Unlimited」をはじめて読書習慣を身につけるのをオススメです。

30日間無料で試せる!

Kindle Unlimited 公式

月々たったの980円
解約も簡単にできます

読める書籍が限られている

そして、読める書籍が限られているというデメリットもあります。

最新の書籍は対象にならないのは残念ではありますが、当然といえば当然ですよね。

ヨス

新作映画を映画館でやっているのに、同時進行でテレビで放映しないのと同じでしょう。

それでも、少し前のベストセラーはかなり充実しているので、満足できるはずですよ。

基本的には少し前のベストセラーから読める
基本的には少し前のベストセラーから読める

解約すると手もとに残らない

そして、解約すると、ダウンロードした書籍が手もとに残らないというデメリットもあります。

先ほども書きましたが、月々に払う980円というのは「書籍自体の値段ではない」のです

「毎月980円を払うことで、自由に本を読める」というサービスに支払っているお金なので、解約すれば書籍は消えてしまうのは当然でしょう。

対象書籍が入れ替わる

「Kindle Unlimited」でダウンロードできる対象書籍に変更があることもあります。

つまり、気に入ったからといって、ずっと手もとに置いておいても「対象外書籍」になった瞬間、読めなくなります

でも、そこまでして気に入っている本なら、お金を出して買うのがオススメです。

ヨス

筆者への感謝も込めて!

一度に読めるのは10冊まで

前述しましたが、「Kindle Unlimited」で一度にダウンロードできる数は10冊までです。

これは人によっては不満があるかもしれませんが、個人的には収集がつかなくなるので、10冊という制限は賛成です。

「読まない本」をデータとして持っておくと容量も圧迫しますし、効率的ではありません。

さて今回は、「Kindle Unlimited」について、メリット、デメリットをまとめました。

この記事ではひたすら、「読書の習慣を身につけることが最大のメリット」と言い続けましたが、本当にそうなのです。

たった月々980円を払うだけで、読書習慣を身につける確率がアップするとしたら、こんなに安いことはありません。

今の人生ではダメだと思っている人は、ぜったい(・・・・)に「Kindle Unlimited」をやりましょう。

30日間無料で試せる!

Kindle Unlimited 公式

月々たったの980円
解約も簡単にできます

ちなみに、ネットで情報を得ることと、書籍(電子書籍を含む)で情報を得ることの違いについてもまとめました。

パートナー

この記事、おもしろかったわ。ほかに似た記事ないん?

ヨス

Kindleのカテゴリ」にあるきん、そっち見てや。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
この記事の「URL / タイトル」をコピー
あわせて読みたい