[詐欺サイト]「Apple Security ハッカーに追跡されています!」が出ても焦らずにすぐにページを閉じよう

こんにちは! ヨス(プロフィールはこちら)です。

有名な詐欺サイトに「年間ビジターアンケート」というものがあります。

その仲間の詐欺サイト「Apple Security ハッカーに追跡されています!」に出遭ったので紹介しますね。

結論から言うと「詐欺サイト」なので、すぐにページを閉じて問題ありません

「Apple security ハッカーに追跡されています!」とは?

「Apple security ハッカーに追跡されています!」という詐欺サイトは、Googleなどで検索して、とあるページに行ったときに現れる詐欺サイトのことです。

おそらく、iPhoneを使っている人しか出遭えません。

「とあるページ」というのは、おそらく「ハックされたサイト」、もしくは「詐欺をするために作られたサイト」です。

そんなサイトにアクセスすると、次のような画面が表示されます。

「ご使用の iPhone がハッキングされました」
「ご使用の iPhone がハッキングされました」
ヨス

なんじゃこりゃー!

ふつうに検索していたのに、突然こんな画面が出てきたらビックリしますよね。

こちらのように書いてあります。

ご使用の iPhone がハッキングされました

デバイスでのすべての操作がハッカーにより追跡されています。

すぐに対処が必要です!

いやー、一瞬焦りますよね。でも、「ハッカーに追跡される」ってどういう意味じゃい(笑)。

コンピューターなので、ハックされたら一瞬でしょ。でも、焦らすには十分効果的な文言かもしれませんね。

そして、「OK」を押すとこんな画面になります。

「(17)件のシステム通知」
「(17)件のシステム通知」

文言をテキストにしてみますね。

(17)件のシステム通知

ご使用の iOS デバイスに関する重要な通知をお読みください。

「どんな通知だ? どれどれ」と「OK」を押しましょう。

こちらのような「通知」だそうです。

Apple security ハッカーに追跡されています!
Apple security ハッカーに追跡されています!

出ました。

Apple security

ハッカーに追跡されています!

ご使用の iPhone の接続がハッキングされ、誰かに追跡されています。このページを閉じないでください。この問題が2分以内に解決されない場合、ハッカーに身元が明かされ、閲覧履歴やフロントカメラの写真がすべての連絡先に送信されます。

1分37秒

修理方法:

ステップ 1: 下の「接続を保護」ボタンをクリックします。

ステップ 2: App Store にリダイレクトされます。

ステップ 3: 推奨される保護アプリをインストールして開き、iPhoneを修理します。

接続を保護

たちが悪いことに、上の「1分37秒」という数字がどんどん減っていきます。

ヨス

まぁ、詐欺なので、再読み込みすればまた数字は戻るんですけどね(笑)。

「接続を保護」をクリックするとどうなるの?

では、「接続を保護」をクリックするとどうなるのでしょうか?

ふつうの「アプリ」の画面に行きます。

しかも多くの場合は、全部英語で、内容もよくわからないような感じ。

で、インストールすると、気がつけば継続課金になってしまい、毎月、よくわからないままにお金が引き落とされるというわけです。

「ハックされました」系の詐欺を防ぐ方法は?

「ハックされました」のような言葉を見ると焦ってしまうのですが、そういうふうに出るのはほとんどが詐欺です。

そのため、防ぐ方法としては、ページを閉じることです。

このような文言のなかに、「このページを閉じないでください」と書いてありますが、
安心して閉じてください。

Apple security ハッカーに追跡されています!
Apple security ハッカーに追跡されています!

たったそれだけで、防げます。

今回は、「Apple Security ハッカーに追跡されています!」という詐欺について紹介しました。

「Apple」のロゴを無断で使い、それっぽい文言で騙そうとしていますが、絶対にひっかからないでください。

パートナー

この記事、おもしろかったわ。ほかに似た記事ないん?

ヨス

ネット上の迷惑のカテゴリ」にあるきん、そっち見てや。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
この記事の「URL / タイトル」をコピー
あわせて読みたい