スタイラスペン(タッチペン)

オススメのスタイラスペン

わたしはイラストをCGではなく、ずっと手描きで描いてきました。ちなみに得意画材はパステル。

コンピューターで描くのを避けていた理由は、デジタルってやっぱ手描きほど描きやすくないしー……という思い込みからでした。

確かに比較するとそのとおりかも知れません。

でも、デジタルイラストしか描かなくなった今となっては……


ヨス

そもそもデジタルとアナログは全然違うので比較すること自体がオカシイよな!

……と思っています。

そもそもスタイラスペンは必要か?

わたしが初めてiPadを購入した当初、スタイラスペンは使わずに指で描いていました。

スタイラスペンというのは、iPadのような「タブレット端末」に文字や絵を描くときに使うペンのことです。

実は、わたしが画材を使ってイラストを描いていたころはパステル(チョークのような粉で着色する画材)が得意だったんです。

しかも、パステルは指で塗っていたものですから、タブレットで描くときも指を使うことに抵抗がありませんでした

スタイラスがあればすいすい描ける(写真はApple Pencil)
スタイラスがあればすいすい描ける(写真はApple Pencil)

でも今はスタイラスペンがないのはありえないほど依存しています。

というわけで、指でイラストを描くことに慣れていたわたしでもタブレットにスタイラスペンは必須!と声を大にして言いたいです。


ヨス

だって描きやすさが全然ちがうもの!

スタイラスペンとタッチペンの違い

「スタイラスペン(もしくは『スタイラス』)」と言ったり「タッチペン」と言ったりしますが、同じものを指します

元々「スタイラス(stylus)」は、先の尖った棒状の筆記用具のことだそうです。インクなどを使用せず、押し当てることで書けるものを指します。

現在は、スマホやタブレット向けの「タッチペン」のことを指すことがほとんどですね。

わたし個人の感覚では、ゲームをしたり、操作をするために使うものを「タッチペン」と呼びたくなりますが。

イラストを本格的に描く人は「Apple Pencil」

スタイラスペンを買うべきだ!とわたしは断言していますが、いろんな種類が出てて何を買ってよいか迷いますよねー。

でも、絵を本格的に描いている方は迷うことはありません

Apple Pencilを迷わず買ってください。

Apple Pencilです
Apple Pencilです

ほかのスタイラスをすべての機能ではるかに凌駕しています。

そこまでお金は出せない!って方は「Touch Wand」

ただ、Apple PencilはiPad Proにしか対応していないため、イラストに10万円以上も使えないという方も多いです。

そんな方にはTouch Wandという、筆型(毛先が短い)のスタイラスペンがオススメです。お値段もかなりお手頃ですから。

荒く太く短いD-type
荒く太く短い「Touch Wand」のD-type

こちらのカテゴリでは、普通にガジェットとしてスタイラスペン(=タッチペン)が大好きなので、いろいろ試して比較記事も書いています。

ちなみに「iPadでお絵描きしたい!」と思ったったときに読んでほしい記事はこちらの「iPadでイラストを描く人必見! おすすめの環境を紹介」です。

「 スタイラスペン(タッチペン) 」 の記事一覧

2014/03/13

iPadに必須! スタイラスペンのTouch Wandがスゴい!

線画を描くように買った「Touch Wand(タッチワンド)」。さっそく使ってみたのですが、使い心地の良さにビックリ! これは絵が進みまくりです。iPadで絵を描く敷居をガーッと下げてくれる最強のスタイラスペンです。

2014/03/06

スタイラスペンが欲しい!「Touch Wand」違いの比較

スタイラスペンが欲しいなーと思っていていろいろ調べていると、Touch Wandという先端が毛でできた良さそうなものを発見しました。でも3タイプあって、違いがわからないので調べて、まとめてみました。