[レビュー]MEKO スタイラスタッチペンの感想

こんにちは! ヨス(プロフィールはこちら)です。

今回は、スタイラスタッチペン「MEKO スタイラスタッチペン」を紹介します。

高級感もあるスタイラスペン
高級感もあるスタイラスペン

このペンは電池が不要で使え、Bluetooth接続も不要です。

先端にディスク部分があるので、好みはわかれますが、コスパもよくオススメできるスタイラスペンですよ!

「MEKO スタイラスタッチペン」の外観

MEKO スタイラスタッチペン」の箱はこちらです。

黒い箱で高級感あり
黒い箱で高級感あり

黒い箱に銀色の文字で、万年筆が入っているかのような高級感があります。

オシャレでテンションが上がりますね。

中を開けてみましょう。

付属のペン先が6つも
付属のペン先が6つも
ヨス

なんかいっぱい入ってるぞ!

じつは「MEKO スタイラスタッチペン」にはこちらのものが入っています。

入っているもの

  • スタイラスペン × 2本(各ペンに2つのペン先つき)
  • 【付属】細いペン先 × 4つ
  • 【付属】太いペン先 × 2つ

つまり、元々のペン1本に2つのペン先があるのですが、それが2本、さらに付属のペン先が6本も入っています。

さらに、画面拭きもついていました!!

画面拭き
画面拭き

「MEKO」って、ちょっと「ネコ」っぽい名前ですが、なかなか気が利きますね。

「MEKO スタイラスタッチペン」のスペック

「MEKO スタイラスタッチペン」の全体像はこちら。

「MEKO スタイラスタッチペン」の全体像
「MEKO スタイラスタッチペン」の全体像

最初の状態ではふつうのペン先の丸いスタイラスに見えますよね。

じつは、ペンのお尻側のキャップを外すと本来のスタイラスペンが顔を出します。

フタを開けるとペン先が出てくる
フタを開けるとペン先が出てくる
ヨス

そう、このスタイラスペンは二刀流なんですよ!

ちなみにこのフタはねじって開けるタイプですよ。

高級感もあるスタイラスペン
高級感もあるスタイラスペン

さっそく持ってみました。

出てきた本来のスタイラスペンのペン先がこちらです。

ディスクの先端はこちら
ディスクの先端はこちら

先端のディスク部分はシリコンになっているため柔らかいです。

つまり、画面に接触しても「カツカツ」という音がしません

ヨス

これはメリットです!

さらには、持ち手の部分がゴム製のグリップになっていて柔らかくて持ちやすいですね。

持ち手がグリップになっている
持ち手がグリップになっている

実際のペン先は2mmのゴム製のポイントです(上の写真だと黒い部分)。

ペン先を横から見たものがこちらになります。

ディスク部分を横から見たところ
ディスク部分を横から見たところ

これの仕組みがどうなっているのかというとこちら。

先端はゴム製
ディスク部分はシリコン・先端はゴム製

ゴムの部分が折れ曲がって動きます。わりとスムーズです♪

さらに、この先端部分は付け替えが4つ同梱されていますよ。

付け替えのペン先が4つ同梱
付け替えのペン先が4つ同梱

手で外せるので、付け替えもカンタンです。

最初にお見せしたペンの逆側は、ふつうのペン先の太いスタイラスペンになっています。

逆側はふつうのスタイラスペン
逆側はふつうのスタイラスペン

直径6mmの導電繊維でできていて、使い心地はよかったです。

先端が繊維に
先端が繊維に

「赤青鉛筆」みたいに2種類のペン先をすぐに変えられるのはメリットです。

「MEKO スタイラスタッチペン」の詳細はこちらになります。

「MEKO スタイラスタッチペン」の詳細
表面 マット加工
ゴムのグリップ部分あり
円柱
重さ 24g
本体サイズ 【長さ】140mm ×【直径】9mm
ペン先サイズ 【ディスク】直径2mm
(透明ディスク部分: 6.8mm)
【スタイラス】直径6mm
筆圧感知 なし
対応機種 何でも
Bluetooth 接続不要
充電方法 充電不要
充電時間 充電不要
バッテリー持続時間 充電不要
その他
  • 両端がそれぞれ別のタイプのペン先になっている
  • キャップ付きで持ち運びに便利
  • 付け替えのペン先が計6つ同梱
  • ペン自体も2本入り
  • 画面拭きもついている
  • キャップにクリップ付き
  • ゴム製のグリップ部分あり

「MEKO スタイラスタッチペン」の描き心地

では、肝心の「MEKO スタイラスタッチペン」の描き心地をチェックしてみましょう。

まずは、ディスクのついている側のペン先で描いてみます。

ディスク部分を横から見たところ
ディスク部分を横から見たところ

この先端のシリコンのディスク部分ですが、描くときにどこに線が出るかが見やすいように付けられているようです。

ディスク側のペン先で描く
ディスク側のペン先で描く

じつは、ディスプレイの上にペンを置いても、影が出ない(ディスプレイから光を発しているから)ため、立体感がないのです。

持ち手がグリップになっている
持ち手がグリップになっている

そのため、ふつうのスタイラスペンだと「ペン先」があるのかわかりづらいのですが、このディスク型ペンだとわかりやすいというメリットがあります。

じつはわたしはこのディスクタイプは苦手なのですが、いつもスマホでイラストを描いている高校生の姪っ子は「描きやすい」と言っています。

ヨス

つまり、好みの問題ですよね!

以下、姪っ子の感想をまとめます。

姪の感想

  • けっこう思い通りのところに線が引ける
  • 長い線を引くときはちょっとラグが起きるけど許容範囲内
  • 適度な重さが描きやすい
  • 両端が別タイプのペンで使い分けできて便利

そして、逆側の描き心地はというと……

逆側はふつうのスタイラスペン
逆側はふつうのスタイラスペン

ちょっと厚めのスマホフィルムをしていると強めに押さないと反応しにくいですが、問題なく使えます。

こちら側は着色するときに便利そうですね。

逆側のスタイラスペンは着色に便利そう
逆側のスタイラスペンは着色に便利そう
ヨス

個人的にはこっちのほうが使いやすいです。

あと、ポイントはキャップができるということでしょう。

ペン先が傷まないように、キャップができます。使っている間はお尻の部分に付けられるので紛失もないです。

高級感もあるスタイラスペン
高級感もあるスタイラスペン

高級感もあってプレゼントにもいいですよね。

さて、今回紹介した「MEKO スタイラスタッチペン」ですが、スマホでイラストを描く姪っ子にはすごく好評でした。

メリットを最後にまとめますね。

  • 両端がそれぞれ別のタイプのペンなので使い分けができる
  • キャップ付きで持ち運びに便利
  • 重さがある(とはいっても24g)ので描くときにちょうどいい
  • ペン先の替えが計6つも同梱されている
  • ペン自体も2本入っているので友達や恋人とおそろいで使える
  • 画面拭きが付いているのでお得感がある
  • 箱に高級感があるのでギフトにもよさそう
  • 胸ポケットに挿してても違和感なさそう
  • 充電不要だから好きなだけ使える
  • ディスク部分が柔らかく、画面にペン先を当てたときのコツコツという音がしない

ただ、「ペン先」の替えがあるってことは消耗が早い…?かもしれないのでもっと使ってから追記しますね。

パートナー

この記事、おもしろかったわ。ほかに似た記事ないん?

ヨス

スタイラスペンのカテゴリ」にあるきん、そっち見てや。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
この記事の「URL / タイトル」をコピー
あわせて読みたい