[カナダ] ウィスラーの「Vallea Lumina」が幻想的すぎるっ! 美しすぎる「光」に時間を忘れてきたよ

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回はカナダのウィスラー(Whistler)で夜に行われる「Vallea Lumina」に行ってきました。

簡単に言うと、散歩しながら光の芸術を楽しむものですが、想像以上の美しさでした。

最初に書いておきますが、写真や動画ではその美しさが十分伝わりきれません……。まさに体験しないとわからない美しさでした。

まるでホタルのように動いている光
まるでホタルのように動いている光

ウィスラーの「Vallea Lumina」

ウィスラーにある「Vallea Lumina」という……んー、イベントって言ったらいいのかな?

でも、その日だけ行われるのではなく、夏の期間は毎日やっているので、「アトラクション」でいいんですかね? アミューズメント?

まぁ、簡単に言うと、夜の森の中を歩きながらライトアップ……というか、光の芸術を楽しむような感じ。

言葉で説明するとモヤっとしか言えないですが、この公式動画を見たら「なるほど!」と思うハズ。

これ、むっちゃすごくないですか?

ヨス

現物はだんぜん、感動度が違うのですが。

10月中旬までの夏期間しかやっていませんので、ぜひ行ってほしいですね。

チケットは下記の公式ページで購入できます。

Vallea Lumina 公式ページ

購入したあとは、ウィスラーの「Whistler Village(ウィスラー・ビレッジ)」の事務所に行って、バス乗り場の場所と、バスの来る時間を聞いてください。

こちらが事務所の場所です。

バスに乗って「Vallea Lumina」へ

では、事務所で教えてもらったバス停に行きます。

わたしが行ったのは8:20ぐらいでした。

バス乗り場にはこちらのような看板が置かれています。

バス乗り場
バス乗り場

わたしは時間より5分前に行きましたが、バスが来たのは15分遅れでした。

バスが来た
バスが来た

でも、このバスには乗れず(すでにいっぱい乗っていた)、次の次のバスにやっと乗れました

1台目のあとは、すぐに次のバスが来たので、「乗り遅れたらヤバイ」ということはなさそうです。時間にルーズなのにがんばって行ったのに(笑)。

ちなみにバス乗り場ではチケットは見せません。たぶん、誰でも乗れると思う(笑)。

「Vallea Lumina」に到着

10〜15分ほどで、「Vallea Lumina」に到着しました。

「Vallea Lumina」があるのはこんな場所
「Vallea Lumina」があるのはこんな場所

森の前の広場って感じです。

こんな「CAMP」と書かれた入り口がありますよ!

「Vallea Lumina」の入り口
「Vallea Lumina」の入り口

ここで、簡単な説明を受けて中に入っていきます。

ここでもチケットを見せたりしません(もっと奥にある本当の入り口で見せることになります)。

では、この「CAMP」の門をくぐって歩いていきましょう。

中に入っていく
中に入っていく

21:00も近づいてきて、けっこう暗くなってきました(8月の中旬)。

BASE CAMP(ベースキャンプ)

まずは森の中に探索に行く前の「BASE CAMP(ベースキャンプ)」から始まります。

このイベントにはストーリーがあります。

レオナルドというおじいさんと、グロリアという女の子が森の中に入って行った軌跡をたどっていくというものです。

あんまりストーリーは考えなくて大丈夫ですよ(笑)。

とりあえず、我々は「森の中を探索するレンジャー」という設定です。

こんな雰囲気
ベースキャンプはこんな雰囲気

この広場(ベースキャンプ)にはお土産ショップや、カフェがあります。

あとで書きますが、マシュマロを売っていて、焼きマシュマロができるのが素敵です。

この広場の奥には「RANGER」と書かれた入り口があります。

本当の入り口
本当の入り口

ここでは、チケットの確認を受けてから中に入れるようになります。

森の中に突入

中に入ると、こんな張り紙が木にありました。

こんな張り紙が木に
こんな張り紙が木に

こんな感じの光る文字も看板にあります。

手紙
手紙(?)

夜なので全般的に暗く、足元などにはこんな感じのランプが置いてあり、迷うことはありません。

どんどん歩いていく
どんどん歩いていく

しばらく歩くと、「VALLEA LUMINA」と書かれた門がありました。

「VALLEA LUMINA」と書かれた門
「VALLEA LUMINA」と書かれた門

このロゴマークがかわいいんですよね。センスが良すぎる。

そして、階段をのぼります!

階段を登っていきます
階段を登っていきます

ちなみに、この「VALLEA LUMINA」全体として、非常に乾燥しています。そのため、砂埃(すなぼこり)がけっこうすごいです。

次女

ほこりがひどいな!

乾燥しているので土埃がすさまじい
乾燥しているので砂埃がすさまじい

マスクを用意して行ったほうがいいかも? ただ、ほかの観光客はマスクをしている人はいなかったので目立ちそうですが(笑)。

テントにおじいさんと子どもの影

森の中をしばらく行くと、テントがありました。

テントの中にいるおじいさんと子どもの姿が影で見えます。

おじいさんと子どもの影がテントから
おじいさんと子どもの影がテントから

これを見たうちの子が……

末っ子

これ、本当にはおらんのやろ?

……と聞いてきましたが、そのとおりです(笑)。

中に誰かがいるようなリアルな影ですが、これは映像ですね。

2人はテントの中で歌を歌っています。

こちらはテントの中で映像が流れているところ。

こちらはテントの中で映像が流れている
こちらはテントの中で映像が流れている

ちょっと意味がわかりませんでしたが。

では、またしても階段を登っていきます。

またしても階段を登る
またしても階段を登る

ちょっと歩くと、こんなふうにランプが集まっている物がありました。

こんなランプのあつまっているもの
こんなランプのあつまっているもの

向こうの方から青紫の光が見えますね!!

向こうの方から青紫の光が見えます
向こうの方から青紫の光が見えます

あそこにむかっていきましょう!

RELAY STATION(電波の中継局)

たどりついたのは、「アンテナ」があちこちにある不思議な空間です。

RELAY ATATIONと呼ばれるところだそうです。

で、コンピューターのようなものがいっぱい置いてあるんです。

コンピューターが置いてある
コンピューターが置いてある

画面には「Ranger」と書かれていて、「ピーッピッピー」……みたいな信号音が聞こえています。

それに合わせてコンピューターにあるボタンを叩けば、アンテナが光るんです。

信号に合わせてボタンをたたくとアンテナが光る
信号に合わせてボタンをたたくとアンテナが光る
長女

よくわからんかったわ。

ただ、ちょっとよくわかりませんでした。

しばらくすると、近くにある小屋がピカピカと光り出しました!

ぴかぴかと光る小屋
ぴかぴかと光る小屋
次女

さっき見えよったやつやな!

写真ではピカピカ感が伝わらないですが、けっこうすごかったです。

Forest Guardians(森の守護者)

さらに進んでいくと、こんな看板が。

「こっち」「あっち」と書かれた看板
「こっち」「あっち」と書かれた看板

「There(あそこ)」とか「Wrong(間違い)」とか「Take This Path(こっちの道を行け)」とかごちゃごちゃです。

しばらく、また暗い道を通っていくことになります。

足元にあるランプ
足元にあるランプ

次にたどり着いたのは「Forest Guardians」がいるところ。

木に顔がある
木に顔がある

木に光が当たって、顔になっています!

次女

なんかしゃべってる!

モゴモゴと動いてしゃべっています。

この木が「森のガーディアン(守護者)」ですね。

なにを言ってるのかよく聞いていませんが。

おじいさんと子どものキャンプファイヤー

木の顔達を抜け、次はキャンプファイヤーをしているおじいさんと子どもがいました。

先ほどのおじいさんと子どもがキャンプファイヤーを
先ほどのおじいさんと子どもがキャンプファイヤーを

遠くのほうで、ちょっと見づらかったのですが、超大きなスクリーンに映し出された映像のようです。

末っ子

ほんものみたい……

ほんとにそこにいるかのようなリアルさでした。

キャンプファイヤーをすぎると、向こう側に「No Entry(立入禁止)」という看板が見えてきました。

「立入禁止」と書かれた看板がランダムで光る
「立入禁止」と書かれた看板がランダムで光る

しばらく待っていると、看板に光がともり、「No Entry」にバツが入り、「Go Down(下れ)」という文字になりました。

英語のわからないうちの子どもたちには、この演出の意味がわからないので残念です(笑)。

下っていくと、カラフルな光が見えてきます。

カラフルな光が見えてきた
カラフルな光が見えてきた

青紫と赤の光がすごくきれいですよね。

岩にも光があたって、幻想的な雰囲気に。

岩が青紫に光る
岩が青紫に光る

そしてついにたどりつきました!

橋には美しすぎて言葉にできないほどの光景

たどりついたのは橋なのですが、なぜみんなが立ち止まっているのかが一瞬でわかりました。

数多の数の小さな光
数多の数の小さな光

多分この写真だけではすごさが伝わらないと思いますが、森の中の木々に、光がいっぱい当たっています。

次女

パパ、これすごいな!

まるでホタルのように動いている光
まるでホタルのように動いている光

まるで、木に宿っている蛍のようにも見えます。いろんな色で輝くカラフルな光が、無数にありますよ!

長女

これ、むちゃくちゃスゴイな!

末っ子

きれいー!

青紫の光と緑の光が美しい
青紫の光と緑の光が美しい

写真だと上手く撮れないですねー。

写真では伝えきれない
写真では伝えきれない

ということで動画でも録ってみました(というか次女が自主的に録ってくれていた)。

でも動画でも伝えきれない!! 本物はこんなもんじゃないです!

もっと光の数がぜんぜん多いのですが、写真や動画になると減って見えますね。

あと動画の中で流れている音楽も、実際にこの場所でかかっているやつです。この音楽が幻想的ですっごくいい感じ。

クマの足跡
クマの足跡

こんなクマの足跡のようなものも?

橋を越えて、上を見上げると、こんな光が。

上を見上げるとすごい光!(この写真はかなりしょぼいですよ)
上を見上げるとすごい光!(この写真はかなりしょぼいですよ)

わー、ぜんぜん、きれいに写らない(笑)。

光がすごいです
光がすごいです

このすごさ伝えたかったのに……。

ここにずっといたいレベル
ここにずっといたいレベル

あまりにもうっとりするほどの光景だったので、一日中ここにいたいレベルでした。

まちがいなく、2018年Vallea Luminaのハイライトの場所です。

ヨス

これは「体験」しないと伝わらないですね!

流れ星?

さて、ずっと居たい気持ちを抑えながら(というか子どもたちが「はよ行こうー」とうるさかった)、さらに歩いていきます。

すると、木に丸いちょうちんのようなものが。

木に丸い光がぽつぽつと
木に丸い光がぽつぽつと

時間とともに光の色が変わっていきます。

丸いやつの色は変わっていきます
丸いやつの色は変わっていきます

光っている地図もありました。

地図があった
地図があった

その横には光るキノコが。独特の世界観を醸し出していますね。違う世界に来たみたいです。

光るきのこも
光るきのこも

さらに行くと、わたしたちを追いかけてくるように横から光が飛んできました。

その光は流れ星をイメージしているようですね。

流れ星が横に走っていく
流れ星が横に走っていく

さいしょは花火を演出しているのかと思いました。

ママ

ここ、印象的やったわ。

木漏れ日のような光

流れ星から少し行くと、「Stardust Salmon」というところです。

サーモンが泳いでる
サーモンが泳いでる

きれいに撮れた写真がこれだけだったのですが、本物の小川の中に光るサーモンが泳いでいるような演出でした。

そして、こちらもすごい!

木漏れ日のような美しい光
木漏れ日のような美しい光

まるで木漏れ日のような光景が見えています。

次女

パパ、ここもすごいな!

ほんとうの木漏れ日みたい
ほんとうの木漏れ日みたい

本当に、木漏れ日っぽい光をよく表現していますよね。

ただ……

長女

ほこりがすごいな……。

たぶん、光が強いぶん、砂埃がよく見えたんだと思いますが、煙みたいでけっこうひどかったです。

ここだけ昼間になったみたい
ここだけ昼間になったみたい

クライマックスの映像

そして、最後のクライマックスです。

おじいさんと、子どもが3回目の登場です。

おじいさんと子どもがたどり着いたのは?
おじいさんと子どもがたどり着いたのは?

おじいさんがギターを弾いて、歌っています。

そして、大きな光が!?

美しい光が
美しい光が

めっちゃきれい!!

めっちゃ綺麗!!
めっちゃ綺麗!!

美しい映像。そして音楽。光の総合芸術ですね……。

ヨス

本当はもう一度見たかったのですが、子どもたちが疲れてたので、「もう帰ろうっ!」コールで泣く泣く諦めることに。

ママ

「山の中」っていうシチュエーションがすごかったな! 幻想的で!

ベースキャンプで焼きマシュマロ

向こう側にある階段を登ると……。

階段を登ればBASE CAMP
階段を登ればBASE CAMP

スタート地点のベースキャンプに戻ってきました!

すっかり暗くなっています
すっかり暗くなっています

来たとき(21:00)はまだ少し明るかったのに、1時間以上経った今はもう真っ暗です。

お土産屋さんがあるので、見ていると、「焼きマシュマロ」のセットを売っています!

お土産も買えます
お土産も買えます

ということで、3ドルぐらいでマシュマロセットを買いました。

3ドルぐらいで買ったマシュマロセット
3ドルぐらいで買ったマシュマロセット

焼いたマシュマロを挟むビスケットと熱いマシュマロとくっつけて溶かすチョコレートも付いています。

ということで、ベースキャンプにある火で焼きマシュマロです!

そら、マシュマロ焼きますよ
そら、マシュマロ焼きますよ

これ、いいアイデアですね―。マシュマロ、売り切れになっていましたよ。

ちなみに、ほかのお客さんがマシュマロを1袋持っていて、それを分けてくれました。

知っていて持ってきたのか、たまたまマシュマロを持っていたのかわかりませんが、ラッキー(笑)。

さて、今回はウィスラーの「Vallea Lumina」を紹介しました。

本当に美しい光を楽しめますが、日没してからスタートというのがネックですね。

小さいお子さんの場合、あらかじめ昼寝などで対策しましょう。

帰る頃には23:00を過ぎてしまうと思うので……。

\ ウィスラーはめっちゃオススメです!! /

ウィスラーの宿泊情報を探す

住所
4293 Mountain Square #211 Whistler, BC カナダ
入園料
【大人】$ 29.00
【6〜15歳】$ 24.00
【5歳以下】無料
休園日
夏〜10月中旬まで
電話
8558249955
備考
イベントは日没から始まります。Whistler Village(ウィスラー・ビレッジ)からシャトルバスが出ています。そのバスに乗って行きます。バス乗り場や時間については上記の住所にある事務所にて聞いてください。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい