[カナダ]DAVIDsTEA(ディビッツティー)がオシャレでお茶が美味しすぎるので日本進出してほしい件

ノマド的節約術

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回はカナダ発の紅茶のお店「DAVIDsTEA(ディビッツティー)」を紹介します。

かなりゴリ押ししているのですが、オススメする理由はお茶が美味しいことだけでなく、デザインが洗練されていて、ついつい立ち寄りたくなるからです。

DAVIDsTEA(ディビッツティー)とは?

DAVIDsTEA(ディビッツティー)は、現在(2019年8月)ではカナダだけでなく、アメリカにも進出していて230以上の店舗があるようです。

第一号店はカナダのトロントだそうですね。

ということで、リッチモンドセンター内にある店舗に行ってきました。

DAVIDsTEAの外観
DAVIDsTEAの外観

このターコイズブルーに白抜きの文字が非常に印象的ですよね。センス良すぎて失神しそうなレベル。

お店の前を通ると、美しい色彩に吸い込まれてしまいます。

お店は美しい色彩
お店は美しい色彩

お店の中でまず目を引くのは棚に陳列された品の数々です。

棚に飾られた商品たち
棚に飾られた商品たち

この棚を一つの作品とみなしてもいいほど、美しくないですか?

色とりどりな商品
色とりどりな商品

いろんな色が配置されていると、ごちゃごちゃしてしてしまいますが、色味も考えられて配置されているためか、まったく目が痛くないです。

こちらはOakridge Centre(オークリッジセンター)の店舗で撮った写真ですが、こんな感じでいろんなタンブラーがあるんですよ。

タンブラーがいっぱい
タンブラーがいっぱい

しかも、期間限定のデザインもいろいろとあるので、何度も足を運んでしまいます。

期間限定のデザインも
期間限定のデザインも

そりゃあ、DAVIDsTEAのファンも多いはずです。

紅茶の缶も素敵です。

どのパッケージもセンスよすぎる
どのパッケージもセンスよすぎる

使用している色の「微妙な」かげんが上手いですよね。

DAVIDsTEAの紅茶の缶
DAVIDsTEAの紅茶の缶

DAVIDsTEAの紅茶は100種類以上

すみません、タンブラーとかの陳列を先に紹介してしまいましたが、主役はやっぱり紅茶でしょう。

100種類以上の紅茶があります
100種類以上の「お茶」があります

なんと、100種類以上もお茶があるそうです。

お店の奥にはこんな感じで、いっぱいの缶が置いてありますよ。

お店の奥の陳列にはたくさんの缶が
さまざまなお茶の缶があるよ
さまざまなお茶の缶があるよ

左から、こんなふうに書かれています。

  • white(白茶)
  • green(緑茶)
  • oolong(烏龍茶)
  • black(紅茶)
  • pu'erh(プーアル茶)
  • maté(マテ茶)
  • rooibos(ルイボス茶)
  • hearbal(ハーブティー)

あらゆるお茶がありますねぇ……。

あらゆるお茶がある
あらゆるお茶がある

お茶を飲ませてもらえる

このDAVIDsTEAはカフェではありませんが、飲むこともできます。

こんな感じでメニューが書いてありますよ。

メニューがある
メニューがある

わたしは、お土産にお茶を買いたかったので、その試飲も兼ねて店員さんのオススメを試すことにしました。

たぶん3ドルだったと思います。

こんなカップに入れてくれますよー。

DAVIDsTEAのカップ
DAVIDsTEAのカップ

で、わたしが頼んだのは「lychee bellini(ライチ・ベリーニ)」です。

lychee bellini(ライチ・ベリーニ)を試す
lychee bellini(ライチ・ベリーニ)を試す

りんご、紅茶、マンゴー、パイナップル、ハイビスカス、いちご、ライチが入っていて、超フルーティー!

lychee bellini(ライチ・ベリーニ)の葉
lychee bellini(ライチ・ベリーニ)の葉

甘い香りがして、これはジュース?!という香りです。上の「葉」を見ても、シリアルに入っているドライフルーツみたいですよね(笑)。

でもお茶なので、甘い味はないですよ。

ヨス

ええ。あまりにも美味しすぎたので、たっぷり買うことにしましたよ(笑)。

lychee bellini(ライチ・ベリーニ)をお土産に
lychee bellini(ライチ・ベリーニ)をお土産に

ちなみに、抹茶を頼むと、こんな感じでちゃんとお茶を立ててくれます。

お茶を立ててくれる!
お茶を立ててくれる!

素敵なお店です!

さて、この「DAVIDsTEA」。カナダでは大人気ですが、日本にはまだ店舗はないようですね。

あまりにもおしゃれだし、お茶の種類が豊富、しかもお茶以外の商品もセンスがいいので、人気店になるのは間違いありません。

……というわけで、日本にも進出してほしいなぁという希望を込めて記事にしました。

カナダに行った際にはぜひ「DAVIDsTEA」に行ってみてください。

と、記事を書きながら今も「lychee bellini(ライチ・ベリーニ)」を飲んでいます。

紅茶を飲みながら
紅茶を飲みながら
パートナー

この記事、おもしろかったわ。ほかに似た記事ないん?

ヨス

カナダ旅行のカテゴリ」にあるきん、そっち見てや。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい