[レビュー] Kinesis「Savant Elite2」の感想 | 使い方・設定方法とは?

Savant Elite2

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回は足でパソコンを操れる「フットペダル」の「Savant Elite2(サヴァント・エリート2)(Kinesis社)」を使ったレビュー、感想を紹介します。

Windows でも Mac でも使えるフットペダルなので、どちらを使っている人でも安心して使えますよ。

そもそも「フットペダルってなに?」という人は下記記事をお先にどうぞ。

「Savant Elite2」の外観

では「Savant Elite2」の外観を紹介しましょう。

こちらのように3つのペダルがあります。

Kinesis 社(キネシス)の「Savant Elite2」
Kinesis 社(キネシス)の「Savant Elite2」

大きさはこちらのような感じです。

Kinesis 社(キネシス)の「Savant Elite2」の上に足を置く
Kinesis 社(キネシス)の「Savant Elite2」の上に足を置く

わたしの足は25cmぐらいなのでなんとなく大きさが伝わると思います!

こちらは斜めから見たところ。

「Savant Elite2」をななめから見る
「Savant Elite2」をななめから見る

まぁ、シンプルな作りです。

ヨス

3つの足で踏むペダルがあるだけですからね。

パソコンにはUSBでつなぐ

「Savant Elite2」は Bluetooth には対応していません。そのため、パソコンにはUSBコードで繋ぐことになりますよ。

USBでパソコンに「Savant Elite2」をつなぐ
USBでパソコンに「Savant Elite2」をつなぐ

上の画像のようにUSBコードはかなり長いので、「パソコンに届かない!」ということはないでしょう。

電源がつくと、こちらのように緑のランプがつきます。

電源がつくと緑のランプが
電源がつくと緑のランプが

ちなみにペダルを踏んでいる間は、この緑のランプの隣にある赤いランプも点灯しますよ。

それぞれのペダルにもコードでつながっています。

ペダルにもコードでつながっている
ペダルにもコードでつながっている

もっと近づいてみましょう。

ペダルを後ろから見たところ
ペダルを後ろから見たところ

「Savant Elite2」を横から見た様子

こちらは「Savant Elite2」を横から見たところです。

「Savant Elite2」を横から見たところ
「Savant Elite2」を横から見たところ

では実際にペダルを踏むと高さはどのくらい変わるのでしょうか?

どのくらいの「踏み込み」があるのかを見てみます。

「Savant Elite2」を踏んでいない状態
「Savant Elite2」を踏んでいない状態

足で踏むと、「カチッ」という音とともに下の画像の高さになります。

「Savant Elite2」を踏んだときの状態
「Savant Elite2」を踏んだときの状態
ヨス

自動車のアクセルほど踏み込む必要はないです(笑)。

裏面には滑り止め付き

裏面には滑り止めがついています。

裏面には滑り止めがある
裏面には滑り止めがある

わたしの部屋はじゅうたんですが床のところでも使えますね。

あと、後述していますが、裏面に穴があります。

裏面には穴があり、その奥にスイッチがある
裏面には穴があり、その奥にスイッチがある

この穴の奥に左右に切り替える「スイッチ」があり、通常使用時と設定するときに切り替えるようになっていますよ。

「Savant Elite2」の使い方

では、「Savant Elite2」の使い方を紹介します。

Kinesis 社(キネシス)の「Savant Elite2」
Kinesis 社(キネシス)の「Savant Elite2」

「Savant Elite2」をパソコンに接続

まずは「Savant Elite2」をパソコンに接続しましょう。

1USBコードをパソコンにつなぐ

フットペダル「Savant Elite2」は、USBのコードでパソコンとつなぎます。

USBでパソコンに「Savant Elite2」をつなぐ
USBでパソコンに「Savant Elite2」をつなぐ
ヨス

Bluetooth 無線だったらよかったんですけどね。

2キーボードを認識させる

初めてつないだときは、「キーボード設定アシスタント」のウィンドウが表示されます。

「続ける」をクリック
続けるをクリック

続けるをクリックしましょう。

あとはペダルを踏むだけ

あとはペダル(スイッチ)を踏むだけです。

Kinesis 社(キネシス)の「Savant Elite2」の上に足を置く
Kinesis 社(キネシス)の「Savant Elite2」の上に足を置く

初期設定では、3つのペダルはこちらの役割が当てられています。

「Savant Elite2」の初期設定
真ん中
マウスの
左クリック
マウスの
左ダブルクリック
マウスの
右クリック

ただ、これはあまり有益ではないので設定を変更しましょう。やり方はすぐ下で紹介しますね。

「Savant Elite2」の設定方法

では、「Savant Elite2」の設定変更のやり方を紹介しますね。

ヨス

わたしは「Mac」です。そのため「Windows」の人は画面が違うことをご了承ください。

「プログラムモード」にする

まず覚えておきたいのが、「Savant Elite2」には2つのモードがあることです。

「Savant Elite2」の2つのモード
Play Mode
(プレイモード)
通常のモード
Program Mode
(プログラムモード)
設定を変更するときのモード

通常は「プレイモード」でいいのですが、設定を変更するときには「プログラムモード」にする必要があります。

では、そのやり方を説明します。

1「Savant Elite2」をひっくり返す

モードを変更する方法ですが、「Savant Elite2」の裏面からできます。

「Savant Elite2」をそっとひっくり返しましょう。

「Savant Elite2」の裏面
「Savant Elite2」の裏面

こんなふうになっています。

2楊枝(ようじ)」などでスイッチを切り替える

そして、つま楊枝などでスイッチを切り替えます

ヨス

スイッチなんてどこにあるの?

……と思いますよね。じつはこちらの穴の奥にスイッチがあるんですよ!

スイッチを切り替える場所は「穴」
スイッチを切り替える場所は「穴」

穴の上にある注意書きをよく見ると、こんなふうに書いていますよね。

裏面に書いている文字

 PROGRAM MODE      PLAY MODE 

この穴の奥に、よく見るとスイッチがあるんです。

「プログラムモード」と「プレイモード」のスイッチ
「プログラムモード」と「プレイモード」のスイッチ

この奥のスイッチをつま楊枝でカチッと左側に動かすと、「プログラムモード」になります。

ヨス

奥は「基盤」なので、傷つけないように気をつけてくださいね。

「Savant Elite2」のアプリを開く

プログラムモードにして少し待つと、パソコンの画面にアプリが表示されます(USBコードでパソコンと「Savant Elite2」は繋がっている前提)。

そのアプリを使って設定の変更をするわけですね!

1「KINESIS FP」をダブルクリックで開く

「KINESIS FP」というアイコンが出てくるので、ダブルクリックで開きましょう。

「KINESIS FP」が出てくるので、ダブルクリックで開く
「KINESIS FP」が出てくるので、ダブルクリックで開く

これが、「Savant Elite2」の本体ですね。

2アプリを選ぶ

「firmware」というフォルダの中に下の画像のようなファイルが並んでいます。

アプリを選ぶ
アプリを選ぶ

自分のパソコンに合ったアプリを選び、ダブルクリックで開きましょう。

選ぶアプリはこちらのようになっています。

選ぶアプリ
Windows SE2 SmartSet App (Win).exe
Mac SE2 SmartSet App (Mac).app

【参考】アプリのバージョンが合わない場合

ところが、
すんなりと行かない人のほうが多いと思います(すんなりといけばラッキーです)。

使っているパソコンが新しい場合、「Savant Elite2」に入っているアプリのバージョンが古すぎて動かないんですよ。

わたしの場合はこんなメッセージが出ました。

「アップデートの必要があります」と表示
「アップデートの必要があります」と表示

とりあえずOKを押しましょう。

1メーカーに問い合わせる

そして、こちらから問い合わせましょう。

わたしの場合、こちらのようなメッセージを送りました。

Mac のCatalina(バージョン10.15.1)を使っていますが、「SE2 SmartSet App (Mac).app」をダブルクリックするとこのように表示されます。

 ▼  ▼  ▼
- - - - - - - - - - - - -
“SE2 SmartSet App (Mac).app”はアップデートの必要があります。このアプリケーションをこのバージョンのmacOSで動作させるには、デベロッパによるアプリケーションのアップデートが必要です。詳しくは、デベロッパにお問い合わせください。
- - - - - - - - - - - - -


どのようにすればよいのでしょうか? 手順をご教示お願いいたします。

メーカーの問い合わせページ

ヨス

ちなみに「読みやすいメールの書き方」もうちのブログで人気の記事です。

2返信でダウンロード先を教えてもらえる

お返事のメールが届いたら、そのなかにダウンロード先のURLがあると思うので、クリックしてダウンロードしましょう。

ちなみに金曜日の14:00に送ったのですが、2時間でお返事が来ました(笑)。早すぎてビックリ!

3解凍して「KINESIS FP」の中に移動

Zipファイルでダウンロードされるので、解凍します。

解凍したものを「KINESIS FP」のなかの「firmware」のなかに移動しましょう。

「KINESIS FP」のなかに移動した
「KINESIS FP」のなかに移動した

わたしの場合、上の画像のなかの「SE2 SmartSet App for Mac(v1.2 - 64 Bit).app」がダウンロードしたファイルですね。

もしかしたら、今はバージョンがもっと上になっているかもしれませんが。

4ダブルクリックする

移動したデータをダブルクリックして開きましょう。

すると、こんなウィンドウが出ました。

「開いてもOK?」の警告が出る
「開いてもOK?」の警告が出る

これ、ダウンロードしたファイルだよね? 信頼できるかわからないけど開いてもいいの?」と聞かれるのでひるみそうになりますが、開くでオッケーです。

5「Yes」をクリック

開くと、こんなウィンドウが出ました。

こんなウィンドウが表示
こんなウィンドウが表示

下記のように書いていますが、気にせずYesを押してください。

Cannot open pedals.txt configuration file. Create a new file?
(コンフィグのファイル「pedals.txt」を開けません。新しいファイルを作りますか?)

ヨス

これで設定ウィンドウが開きますよ! できなければ、またお問い合わせしてみてください。

「Savant Elite2」の設定の手順(通常設定)

では、いよいよ「Savant Elite2」の設定の手順を紹介します。

こちらのような設定画面が開いているはずです。ここで設定をしていきますよ。

「Savant Elite2」の設定画面
「Savant Elite2」の設定画面
ヨス

とはいっても、カンタンなので問題なくできます♪

1「Configure」をクリック

まずは、画面の左下を見てください。

左・中・右のペダル
左・中・右のペダル

見ての通りですが、左、中、右のペダルの写真があります。

それぞれにConfigure(設定)のボタンがあるのでクリックします。

「Configure」のボタンを押す
Configureのボタンを押す

もちろん、左の端のペダルの設定をするときは左端のConfigureをクリックします。

2登録したいキーを押す

そして、登録したいキーを押しましょう

の写真9
登録したいキーを押す

たとえば、右端のペダル(スイッチ)を踏めばControlキーの役割にしたいときは、そのままControlキーを押すんです。

すると、上の画像の黄色い部分に{Control}という文字が出現します。

3「Done」を押す

そして、Done(完了)をクリック。

「Done」を押す
Doneを押す

4「Save」を押す

左上のほうにあるSaveボタン(保存ボタン)を押します。

「Save」をクリック
Saveをクリック

5「Exit program」を押す

つづいてExit program(プログラムを閉じる)を押しましょう(Saveボタンの近く)。

「Exit program」をクリック
Exit programをクリック

6「プレイモード」に戻す

そして、忘れてはならないのが「Savant Elite2」をひっくり返して「PLAY MODE(プレイモード)」に戻すこと!

「プログラムモード」と「プレイモード」のスイッチ
「プログラムモード」と「プレイモード」のスイッチ

楊枝などを使って、今度は右側にスイッチを動かしましょう

ヨス

これで完了です!

【複数キーを組み合わせる場合】「Savant Elite2」の設定の手順

じつは、設定するときに複数のキーを組み合わせることができます。

たとえばCommandCとか、CtrlCとかも登録できちゃうんです!

さらにはCtrlShiftAltDeleteのように2つ以上のキーも組み合わせられます

ヨス

ワクワクしてきたんじゃないでしょうか!?

そのやり方を紹介しますね。

1「Configure」をクリック

ふつうの設定と同じで、設定を変えたいペダルのConfigureを押しましょう。

「Configure」のボタンを押す
Configureのボタンを押す

2「Multiple Actions (Macro)」を押す

右上にある「Multiple Actions (Macro)」をクリックしましょう。「複数のアクション(マクロ)」と書いてありますね。

「「Multiple Actions (Macro)」」をクリック
「「Multiple Actions (Macro)」」をクリック

3組み合わせたいキーを押す

あとは組み合わせたいキーを押せばオッケーです。

コピペの鬼ならこんな登録もありかも。

コピペの鬼用の設定
CtrlC
(MacならCommandC
CtrlX
(MacならCommandX
CtrlV
(MacならCommandV

あとは、Doneを押して、SaveExit programをお忘れなく。

ヨス

個人的にはCtrlCommandのような単体キーをそれぞれに設定するのをオススメです!

【マクロで複数の手順を連続させる場合】「Savant Elite2」の設定の手順

もっとマニアックな設定を紹介します。

たとえば、「選択した文字列をコピーして、新規のメモ帳を開いてそこにペーストする」という複雑な動作をペダルを踏むだけで完了させたい人もいますよね?

そんな「マクロ」を組んだ動作にも対応しているんですよ。実際の動作をアニメーションにしたのはこちらです。

マクロを使った設定のアニメーション
マクロを使った設定のアニメーション
ヨス

効率化好きの人はヨダレが出てきたんじゃないでしょうか?

そのやり方を紹介しますね。

1「Configure」をクリック

ふつうの設定と同じで、設定を変えたいペダルのConfigureを押しましょう。

「Configure」のボタンを押す
Configureのボタンを押す

2「Multiple Actions (Macro)」を押す

右上にある「Multiple Actions (Macro)」をクリックしましょう。訳すと「複数のアクション(マクロ)」です。

「「Multiple Actions (Macro)」」をクリック
「「Multiple Actions (Macro)」」をクリック

3キーを順番に入力していけばOK

あとはキーをどんどん押していけばオッケーです。

順番にキーをどんどん押していくだけ
順番にキーをどんどん押していくだけ

上の画像ではこちらのような手順を登録しています。

【例】登録した手順

  1. CommandC(コピー)
  2. Option3でメモ帳(CotEdittor)を起動(BetterTouchToolでメモ帳を起動するショートカットをこのキーに登録している)
  3. 「Short Delay (125ms)」で125ミリセカンド動作を遅らせる
  4. CommandNで新しいメモ帳を開かせる
  5. 「Short Delay (125ms)」で125ミリセカンド動作を遅らせる
  6. CommandV(ペースト)

これを起動させると、以下のアニメーションのようになるわけです!

マクロを使った設定のアニメーション
マクロを使った設定のアニメーション

超マニアックですよね……。補足として追記します。

【補足1】アプリを起動させる方法

補足として、上の例で紹介している「アプリをショートカットで起動させる方法」を紹介します。

アプリを起動させる方法
Windows ショートカットのプロパティで「Fキー」をアプリ起動のショートカットキーに設定できるのでやっておく
Mac BetterTouchToolというアプリで「アプリの起動」をショートカットとして登録できるのでやっておく

ただし注意点があります。このショートカットを登録する前に「Savant Elite2」側の登録をしておきましょう。

そうでないと、「Savant Elite2」に登録しているときに「アプリ起動のショートカット」を押すと、アプリが起動してしまい登録できません(笑)。

ヨス

Macなら、BetterTouchTool自体でマクロ(シークエンス)を組んでショートカットを作り、そのショートカットを「Savant Elite2」で起動させるのでもオッケーです。

【補足2】「動作を遅らせる」ためのプログラム

「Savant Elite2」には、動作を遅らせるためのプログラムも用意されています。

たとえば、ふつうにメモ帳を開く動作のあとにショートカットキーを押すように連続して登録すると、ほとんど同時にこの2つの動作が行われます

ヨス

そうなると、2つめのショートカットが反応しないことがあるんですよね。

そこで登場するのが、「Special Actions(スペシャルアクション)」の項目です。

Special Actions
Special Actions

この「Special Actions(特別なアクション)」のメニューにはいろんな動作が登録されています。

たとえば、「Left Mouse Click(左のマウスクリック)」とか。

ここでは動作を遅らせる「Delay」だけ紹介します。

動作を遅らせる「Delay」
Short Delay (125ms) 125ミリセカンド遅らせる
Long Delay (500ms) 500ミリセカンド遅らせる
ヨス

このミリセカンドというのは「1000分の1秒」なので、500ミリセカンドは「0.5秒」という意味ですね。

ちなみに、1秒遅らせたいときは「Long Delay (500ms)」を2回連続で登録すればいけます。

【補足3】手順を間違えたとき

マクロを組んでいて登録するべき手順を間違えたときにはBackspaceキーやDeleteキーは使えません。

なぜなら、そのキー自体もマクロに組み込まれるからです。

そこで、マクロが入力される「黄色い領域」の下にあるボタンを使います。

ボタンの意味
Backspace 1つ前の手順を消す
Clear 入力されている手順をすべて消す
Cancel 手順を入力するのをやめる

これでバッチリ登録できますね。

「Savant Elite2」への登録例

わたしはゲーム用ではなく、ふつうのパソコン作業の効率化のために「Savant Elite2」を使っています。

どんなキーをフットペダルに登録したら効率がいいのかというお話をしますね。

登録するキーを選ぶポイント

登録するキーを選ぶポイントはこちらになります。

登録するキーのポイント

  • 頻繁に使うもの
  • 連打して使わないもの
  • いろんな場面で役に立つもの

1頻繁に使う「機能」キー

まずは当たり前ですが、「頻繁に使うもの」です。

とはいえAのような通常キーはオススメしません(笑)。そんなことよりもタッチタイピングを極めましょう。

たとえばWindowsならCtrlキー、MacならCommandキーなどは頻度からもオススメです。

2連打して使わないもの

そして、2つ目のオススメするキーの条件ですが「連打して使わないもの」です。

たとえ、頻度が高いキーだとしても連打することの多いキーは避けましょう。

たとえば、BackspaceDeleteキーって、間違った文字を削除するときに連打しますよね?

オススメしない理由は連打は足でやるよりも手でやる方が速いからです。

ヨス

キーも同じ理由でオススメしません。

3いろんな場面で役に立つもの

そして最後のポイントは汎用性(はんようせい)です。

たとえばCtrlC(MacではCommandC)はよく使うでしょう。

でもこれだけを登録してしまうと、ほかの役目への汎用性がありません

このショートカットを登録してしまうのではなく、CtrlCommandキーを登録しておけば、CtrlAのときやCtrlVのときにも使えますよね。

フットペダルが役に立つ場面が増えるということです。

「Savant Elite2」でおすすめの登録

最後にオススメする登録を具体的に紹介します。

Windowsで登録にオススメのキー

わたしがWindowsでフットペダルに登録するのをオススメするキーはこちらですよ。

オススメの登録キー

  • Ctrlキー
  • Altキー
  • Shiftキー
  • Windowsキー
  • WindowsD(デスクトップを表示)

2つのアプリを行き来する場合は、AltTabを登録してもいいかもしれません(登録できないかもしれないけど)。

Macで登録にオススメのキー

では今度は、Macを使っている人にオススメの登録キーです。

オススメの登録キー

  • Commandキー
  • Optionキー
  • Controlキー
  • FnF11(デスクトップを表示)
  • Control(ミッションコントロールを表示)
  • Control(左のデスクトップを表示)
  • Control(右のデスクトップを表示)

わたしの場合、なぜかFnF11(デスクトップを表示)が登録できなかったので、仕方なくBetterTouchToolでショートカットとしてF11に「デスクトップを表示」を設定して、それを呼び出しています。

【例】Macでわたしが登録しているキー

わたしが実際にMacで登録しているキーはこちらになります。

ヨスがMacで登録しているキー
Option デスクトップを表示(FnF11 Command

左のペダルにOptionを設定している理由も紹介しますね。

わたしの場合、Option数字を組み合わせてアプリが切り替えられるようにしています(ばんか さんのBetterTouchToolの便利でオススメな設定集を参考にしました)。

たとえばこちらのように。

「Option」+数字のショートカット
Option1 Google Chromeを起動(ブラウザアプリ)
Option2 MarsEdit4を起動(ブログ執筆アプリ)
Option3 CotEditorを起動(メモ帳)
Option4 Transmitを起動(FTPアプリ)
Option5 Evernoteを起動(クラウドのメモアプリ)
Option6 現在空いている
Option7 Adobe Photoshopを起動(写真加工アプリ)
Option8 Adobe Illustratorを起動(デザイン制作アプリ)

そのため、たとえばEvernoteに画面を切り替えようと思えば、左のペダルを踏みながら5キーを押すだけでよくなります。

これ、めちゃくちゃ便利です。

今回はわたしの使っている「Savant Elite2」の使い方から設定方法、オススメの設定を紹介しました。

かなりマニアックなガジェットで、しかも値段も高いですが、効率化が大好きな人にはオススメです。ぶっちゃけ、ヘンタイ用のガジェットです。

ふつうの人ではコスパ悪すぎるのであまりオススメできませんが、気になった人はぜひどうぞ。

こちらのように1つペダルのものや2つペダルのものもありますよ♪

パートナー

この記事、おもしろかったわ。ほかに似た記事ないん?

ヨス

その他ガジェット・商品のカテゴリ」にあるきん、そっち見てや。

Savant Elite2

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
この記事の「URL / タイトル」をコピー
あわせて読みたい