カナダでザリガニを食ってきた! 豪快に「手」でシーフードを楽しむ店「The Captain's Boil」

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回はカナダにあるシーフードのお店「The Captain's Boil(ザ・キャプテンズ・ボイル)リッチモンド店」に行ってきました!

The Captain's Boil(ザ・キャプテンズ・ボイル)リッチモンド店

今回行ってきた「The Captain's Boil(ザ・キャプテンズ・ボイル)」というシーフードレストランは、バンクーバーのRichmond(リッチモンド)にあります。

こちらが外観です。

「The Captain's Boil」の外観
「The Captain's Boil」の外観

カナダでは何店舗かあるチェーンのお店です。

カナダでよく見かける「OPEN」のネオンも。

「Open」のネオン
「Open」のネオン

「The Captain's Boil」の店内

では入りましょうか!!

店内の雰囲気はこんな感じです。

「The Captain's Boil」の店内の雰囲気
「The Captain's Boil」の店内の雰囲気
 

こざっぱりした店内ですが、天井の物体が気になりますね。

「The Captain's Boil」の天井
「The Captain's Boil」の天井

ああ! シーフードだからロープなんですね! たぶん、船を連想させているんでしょうね!

黒と茶色を貴重とした落ち着いた雰囲気です。

お店の中
お店の中

そして、壁を見ると、なにかビデオが流れています。

壁では「食べ方」のビデオが流れている
壁では「食べ方」のビデオが流れている

なんと! このお店でシーフードを食べるときの食べ方を解説しているんです。

そう。この店、フツーのシーフードレストランとは違うんですよッ!

「The Captain's Boil」での食べ方

このお店のテーブルにはこんなものが置かれています。

テーブルには手袋のようなものが?
テーブルには手袋のようなものが?

手袋?でしょうか?

手袋とエプロン
手袋とエプロン

手袋とエプロンですね。一瞬、エプロンのイラストが「肉」っていう漢字に見えましたが気のせいです(笑)!

つまりこの2つを装備して、手づかみで料理を食べるということです!!

こんな装備で料理を食べる
こんな装備で料理を食べる

なんか上の写真ではいっぱいエビみたいなのが並んでますよね。あとで書いていますが、実はコレ、ザリガニなんですよ!!

「The Captain's Boil」のメニュー

では「The Captain's Boil」のメニューを見てみましょう。

「The Captain's Boil」のメニュー
「The Captain's Boil」のメニュー

「STEP 1」ではまず、何を食べるかを選びます。

こんなものがありますね。

  1. Lobster(ロブスター)
  2. Dungeness Crab(アメリカイチョウガニ)
  3. King Crab Legs(タラバガニの足)
  4. Snow Crab Legs(ズワイガニの足)
  5. Shrimp(エビ)
  6. Mussels(ムール貝)
  7. Clams(ハマグリ)
  8. Crawfish(ザリガニ)
  9. Chicken Slices(チキン・スライス)

これはどれも美味しそう!!

なかでも「ザリガニ」はやっぱり試してみたくなりますよね……。だってザリガニだもの!

そして、「STEP 2」では風味を選びます。こちらの4つの中から選択できますよ!

  1. Cajun(ケイジャン)
  2. Garlic Sauce(ガーリックソース)
  3. Lemon Pepper(レモン・ペッパー)
  4. Captain's Boil(キャプテンズ・ボイル)

個人的には味ナシで食材の味を楽しみたかったのですが、そういう風習はないんですね!

最後に「STEP 3」で辛さを選びます。

  1. Non-Spicy(ノンスパイス)
  2. Mild(マイルドな辛さ)
  3. Medium(中辛)
  4. Fire(激辛)

そして、サイドメニューにはこういうものが。

メニュー2
メニュー2

なんだこの牡蠣(かき)の写真のパンチ力は!! 超美味しそうに見えます(わたしは生は苦手にもかかわらず)。

「The Captain's Boil」の料理

ということで、ザリガニ、ロブスターとDungeness Crab(アメリカイチョウガニ)を注文しました。

まず届いたのがザリガニ!!

The Captain's Boil(ザ・キャプテンズ・ボイル)の料理
The Captain's Boil(ザ・キャプテンズ・ボイル)の料理
ヨス

えええー!? ビニール袋に入ってる!?

そうなんです。「The Captain's Boil」では料理はお皿に乗ってきません。

全部ビニール袋に入ってワイルドにやってきます!! 超ビックリですよね(笑)。

中にはもちろんザリガニですよ!!

ザリガニきたー!
ザリガニきたー!
ザリガニとレンコン
ザリガニとレンコン

ザリガニなんて食べたことないと思いますが、実は日本にいる一般的な赤いザリガニ「アメリカザリガニ」は食用のためにアメリカから輸入されたと聞いたことがあります。

ということで、とりあえず、並べてみました。

全部で20匹ほど!
全部で20匹ほど!
こんな装備で料理を食べる
ザリガニを並べた

全部で20匹もいましたよ! すごいボリューム!!

ザリガニの殻を剥くという初体験をします。

ザリガニの殻をむいた
ザリガニの殻をむいた

どう見てもエビですよね! そして食べてみてもエビでした!!

ザリガニは臭みがあるという話を聞いたことがありましたが、まったくありませんでした。

ザリガニのハサミも食べられますが、小さいので身があまりないです。

ザリガニのハサミ
ザリガニのハサミ

ちなみにソースは「Captain's Boil」です。個人的にはレンコンが超美味しかった!(笑)

お次に届いたのはロブスターと、Dungeness Crab(アメリカイチョウガニ)!

ロブスターとDungeness Crab(アメリカイチョウガニ)
ロブスターとDungeness Crab(アメリカイチョウガニ)
ヨス

同時に来たから、机の上がスゴイことに!

まずはロブスターです。わたし、初体験ですよ!!

ロブスターがすごい迫力
ロブスターがすごい迫力

ガーリックソースにしたので、むちゃくちゃガーリックが乗っていました!

ガーリックがびっしり
ガーリックがびっしり
ロブスターを初体験
ロブスターを初体験

とりあえず食います!

ロブスターの身
ロブスターの身

このロブスターの身の凄さには圧巻ですね。さっきのザリガニと大違い!!(←いや比べるなよ)

せっかくなのでロブスターとザリガニの大きさを比較するとこんな感じ!

ロブスターとザリガニを比較
ロブスターとザリガニを比較
ヨス

ロブスターでかすぎ!!

その爪の身もすごいです。

身がめっちゃ詰まっています
身がめっちゃ詰まっています

食べごたえがありすぎます……、そして幸せすぎます!

爪先も見てくださいよ……。

爪先まで身がびっしり!
爪先まで身がびっしり!

身がびっしり!!

そして、最後はカニですよカニ!!

Dungeness Crab(アメリカイチョウガニ)
Dungeness Crab(アメリカイチョウガニ)

Dungeness Crab(アメリカイチョウガニ)というカニは初めて食べました。

Dungeness Crab(アメリカイチョウガニ)の足
Dungeness Crab(アメリカイチョウガニ)の足

……が!

ヨス

激ウマすぎるっ!!

すみません、超夢中で食べていたのでカニの写真が全然ないんですよ。まじで無我夢中だわ。

最後にはミントのキャンディーをくれました。

ミントキャンディー
ミントキャンディー

いやー、2人で食べに行ったのにくれたのは3つ……という適当な感じがいいですね(笑)。取り合いになって気まずくなるやろっ!!(←ならんわ)

書き忘れましたが、テーブルにはハサミとペンチみたいなのが用意されています。

ハサミが使いやすかったのですが、身を取るときに、日本にあるような「ほじるヤツ」はありませんでした。これがあったらもっと食べやすいのになーと思います。

とにかく、何度も通って全種類を食べ尽くしたいと思ってしまうほどのインパクトでした。

カナダに来たときにはぜひ「The Captain's Boil」へどうぞ。もちろんお値段はしますので、その点にはご注意を! 2人で1万ちょい行ったと思います。

住所
1226-8338 Capstan Way, Richmond, BC V6X 4B5 カナダ
電話
+1 604-279-0158
営業時間
【日〜木】11:00 〜 23:00
【金・土】11:00 〜 24:00

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい