「自分に生きる価値はあるのだろうか?」という問いに対する答え

こんにちは! ヨス(プロフィールはこちら)です。

自分に生きる価値はあるのだろうか?」と思ったことありませんか?

わたしはネガティブだった10代のころにそう思ったことがあります。

では「自分には生きる価値はないのか?」ということについて考えてみましょう。

自分に「生きる価値」はあるのか?

「自分に生きる価値はあるのか?」

いやー、めちゃくちゃ壮大な問いかけですよね。

「自分が生きる価値」なんて、たぶん地球から見れば「ない」でしょうね。

むしろ人間は、たった1人だとしても地球の環境を悪化してる一部だともいえるので、いないほうがいいのかもしれません(笑)。

地球からの視点で見ると「生きる価値がない」になってしまうので、ここでは視点を変えましょう。

家族から見ると「生きる価値」がある

では、家族からの視点に変更してみましょう。

自分の母や父から見ると、自分の生きる価値はどうでしょうか?

どんなにダメダメな生活をしていても「生きているだけで価値がある」と思われてることが多いです。

ヨス

3人の子どもの親であるわたしは、しみじみとそう思います。

先ほど、地球から見た視点と比べると「価値が逆転している」ことにお気づきでしょうか?

そうです。どこに焦点を当てるかで「生きる価値」は180度変わるのです。

おまえに生きる価値はないッ……の?

現実に「おまえに生きる価値はないッ!!」みたいに言う人がいるかわかりません。

でも、漫画では見かける表現ですよね。

ヨス

なので、「もし言われたら」ということを仮定して話を進めます。

「おまえに生きる価値はない」と言ってきた相手にとって、言われたほうは生きる価値はないのでしょうか?

それは「本当のこと」かもしれません。……いえ、事実ではなく、主観としてそう思っているということですよね。

でも、そんなイヤなことを言う相手自体、こちらから見ると「生きる価値がない」ですよね(笑)。

そうなのです。そんなものなのです。

すべての人の視点が違う

前述したように、すべての人は視点が違います。

そのため、誰の視点にするかによって「自分の生きる価値」は180度変わるんですよね。

もし「おまえに生きている価値がない」とゴミのような上司に言われたとして「オレには生きている価値がないのか……」と落ち込む必要はありません。

そんな「イヤな人からの視点」になるなんて馬鹿げていますよね。

ヨス

なぜ、自分に対してネガティブなことを言ってくる「イヤな人(嫌いな人)」の気持ちになって考える必要があるのでしょうか?

そんな時間を自分の人生に1秒でも作ったらもったいないです。

ということで、どうせなら家族のように「自分の大切な人」からの視点になりましょう。

そうすることで「生きる価値」は最大値になりますから。

今回は「生きる価値」という相対的な言葉について考えてみました。

もし「おまえ、生きる価値あるの?」なんて言われたら、心のなかで「オレから見たらおまえが生きる価値ねーよw」と笑い飛ばしてやってくださいね。

あなたの「想い」を「発信」してみませんか?

もし、この記事を見て共感してくださったなら、あなたも発信してみませんか?

わたしの著書『読まれる・稼げる ブログ術大全』では、ブログをこれからはじめたい人、発信をはじめたいと思っている人に必要な情報がすべて詰まっています。

ただ闇雲に発信するのではなく、「伝わりやすさ」がもっとも重要です。

ぜひ、あなたの考えている「社会のここがおかしい」をブログやSNSで正しく発信しましょう。

パートナー

この記事、おもしろかったわ。ほかに似た記事ないん?

ヨス

思考癖のカテゴリ」にあるきん、そっち見てや。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
この記事の「URL / タイトル」をコピー
あわせて読みたい