わたしが成功するために不可欠だった「誰にも負けない才能」について

こんにちは! ブロガーのヨス(プロフィールはこちら)です。

現在、わたしは主にブログからの収益だけで生活できています。

好きなことして、それを自分のフィルターを通して記事にして、そこから収益化する。

……と、率直に言って、10年前のわたしが見たら「うらやましくてたまらない」という生活をしています。

でも、これには自分でも自覚のある「才能」が下地としてあるんです。

はい。謙遜せずに言いますが、誰にも負けない才能がわたしには備わっています。たぶん、生まれつき。

ということで、今回はわたしの恵まれた才能についてです。

わたしの誰にも負けない才能

もうもったいぶらずに言います。

わたしの「誰にも負けない才能」というのは、理解能力が圧倒的に欠如しているという才能です。

ヨス

え? 聞こえませんでした?

仕方ないですねぇ。もう一度だけ言いますから、耳の穴かっぽじってよく聞いてくださいよ。

わたしの才能は
理解能力がとてつもなく低いことです!!

驚くヨス

それダメダメやんっ!!

……と言いたいお気持ちわかります。でも、これがわたしの誰にも負けない才能なんです。

理解能力が低いってどういうこと?

わたしの理解能力が低いというのは、もちろん言葉に関してです。

主語がはっきりしてないと全く意味がわからないですし、行間を読むという能力もありません

言葉をそのまま捉えることしかできないため、わたしには「皮肉」も伝わりません。

けなされているのに「ありがとうございます」と答えてしまいます。

この才能があるからこそ伸びた能力がある

でも、この生まれ持ってのダメダメの才能があったからこそ、今のわたしがいます。

ダメダメな才能を補うために、いろんなスキルを身に着けてきました。

ダメダメな才能があったからこそ今の自分がいる
ダメダメな才能があったからこそ今の自分がいる

説明するときにも、「理解能力の低い自分」が基準なので、たぶんバカ丁寧になるのでしょう。

言葉ではない伝達手段として「イラストレーション」や「デザイン」に興味を持ったのも理解能力が低かったからなのかもしれません。

日本語の先生になったり、言語に興味を持ったのも理解能力が低かったからでしょう。

とにかく、自分の持つダメダメな才能があるからこそ、「分かりやすく伝えること」が得意になって、書籍まで発刊しました

自分のダメなところは成功のカギかもしれない

どんな人でも、生まれ持っての才能はあります。役に立つ才能もあれば、ダメな「才能」もあります

ヨス

ちなみにわたし、「欠点」じゃなくて「才能」って言いかえるの、好きです。

このダメな才能を嘆くひまがあったら、その才能を補うためのスキルを身につけるのはオススメです。

今回はわたしのダメダメな才能を超ポジティブに紹介しました。

でも、これって本当のことなんですよね。たぶん、このダメダメな才能と「ノーテンキ」という才能を組み合わせたから良かったのかもしれません。

というわけで、いろんな意味での自分の才能に気づいてください。きっとスゴいこと起きますよ。

パートナー

この記事、おもしろかったわ。ほかに似た記事ないん?

ヨス

効率化マインドのカテゴリ」にあるきん、そっち見てや。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
この記事の「URL / タイトル」をコピー
あわせて読みたい