[北海道]登別の山奥にある「森の湯 山静館」に泊まってきた

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回は北海道の登別市にある「森の湯 山静館」に行って泊まってきました。

行ったのは4月の頭でしたので、まだ雪が残ってましたよー。

山静館の外観

森の湯 山静館は、けっこう山の中にあります。こちら旅館の外観です。

木目の壁がいい感じですよね。

こちらは入り口です。

入り口では、階段だけではなく、車いすの人でも行きやすいようになだらかな坂もありました。

では、山静館に入りましょう!

山静館の内装

こちらは受付。

山静館に入ってすぐの景色です。

リラックスできる場所がありました。

イスもいくつかありますね。

このイスの近くには、ゼブンティーンアイスの自動販売機もあって、案の定、子どもたちに買う羽目になりました(笑)。

このスペースの横は、こんな坂になっています。奥にはお風呂の入り口がありますね。

坂を登っていき、自分たちの部屋に向かいます。

通路を通っていくと部屋に着きました!

山静館のお部屋

こちらが、わたしたちの泊まった部屋です。

和室ですね。

窓際にはイスが2つ、小さなテーブルもあります。

窓から雪景色が見えました。

綺麗ですねぇ。

となりの部屋(?)には、超小さい台所もあります。

湯沸かしポットも見えてますね。このシンクの下には冷蔵庫もありました。

その向かいにはトイレもありますが、お部屋にお風呂はありません

テレビと金庫もありました。

そして、クローゼットを開けると……。

クローゼットには、浴衣や、タオルなどがありました。

廊下にはこんな洗面所もありました。

ちなみにフリーWi-Fiもあるのですが(パスワードは教えてもらえます)、Wi-Fiの範囲がロビーの近くに限るので、ほとんどのお部屋には届きません。

たぶん、山静館のWi-Fiじゃないとネットは使えないと思います。

山静館の夕食

山静館の夕食はこんなお部屋でいただきました。

お願いしていた時間になるとスタッフの方にお部屋に通され、すでに家族分が用意されていました

家族ごとに違う部屋なのが、個人的には落ち着いてて良かったです!

こちらが、1人ぶん。

美味しそう!!

こちらは、左から「あんきも豆腐」、「紅葉カモ(オレンジ添え)」、「いいだこ塩から」です。

個人的に「いいだこ塩から」が美味しかった!

そして、「赤魚のみそ焼き」と、「鳥西京焼き」、「酒かすチーズ紅白はじかみ」です。

これが、もずくですね。

レンコンとキュウリと合わせています。

そして、茶わんむしです。

北海道らしく、カニが入ってますよ!ぜいたくな!

そして、これが、海鮮まんじゅう小なすあんかけです。

これがねー、むちゃくちゃ美味しかった! このまんじゅうみたいなやつが!!

ほたて、サーモン、まぐろ、甘えびの刺身です。

超新鮮です。

いかとんび。

「地鶏のたたきなべ」です。

「厚真産の桜ひめ鳥」が入ってますよ。

もちろん、これは1人の量ではありません。4人分ですが、もはやお腹いっぱい……。

デザートは杏仁豆腐。

上に生クリームが乗って美味しかった!

一食でこれだけあるのですが、けっこうすごい量ですね(笑)。

追加メニュー

今回は、これだけでなく、うちの家族はさらに1人1品ずつ選んで付けてもらいました。

わたしが行った4月の頭です。この季節に選べたのはこちらの3つです。

  • 毛ガニの姿盛り(登別前浜)
  • 登別牛ステーキ
  • アワビの陶板(豊浦)

まずは子どもの食べた毛ガニを紹介します。

美味しそうなカニ味噌が見えますね〜。

子どもたちは、カニが大好きなので、食堂が静まりかえっていました。全然喋らずに夢中で食べてましたよ。

ぶっちゃけ、カニだけで子どもたちはお腹いっぱいになりました

子ども1人に1匹のカニは絶対にやめておきましょう!

そして、こちらは登別牛のステーキです。

豪華で肉厚の登別牛ステーキですよ!!

これを、自分で焼きます。

「ジュー」と良い音がしました。匂いも美味しそう!!

そして、こちらは、アワビです。

しかもこれ、生きている!!

そのアワビを陶板に入れ、バターを乗せてバター焼きにします。

ぷりぷりで、バターが香ばしくて、美味しかったです!!

先ほども書きましたが、普通の夕食で量が多い上に鍋があります。これだけで十分多いので、さらに一品を追加するときには量を考えましょう。

山静館の温泉

さてさて、お次は、温泉です。

中は、こんな感じです。

ちょっと写真はちゃんと撮れていませんが、お湯を飲める場所があります。

男女それぞれの内風呂に設置させていただいております。 正式な効能は『カルルス温泉の特徴』に記載させていただいておりますが、常連の客様の中には呑む前に飲むと二日酔いをしないという方もいらっしゃいます。 湯治等で継続的な飲用が勿論良いのですが、『飲む温泉』を是非体験してみませんか? 当館は飲泉の許可を保健所よりいただいております。

お風呂 | 森の湯 山静館より引用しました。

わたしは飲んでいませんが、ぜひトライしてみてください。

そして、露天風呂です。

露天風呂からは……

こんな綺麗な、雪景色が見えました。

この旅館の名前「森の湯 山静館」ですが、まさに森の中にあるみたいでした。

4月上旬なので、少し寒かったですが、それ以上に雪が美しかったです。

山静館の朝食

そして、翌日の朝食です。

朝からお腹いっぱいでした。前日の夕食が食べすぎたのですが、朝食はぺろっといけました。

とくに、魚がめっちゃ美味しかったです!

子どもたちには量が多く、温泉卵やサラダを3人前食べる羽目になりましたが……。

さて、今回は北海道の「森の湯 山静館」を紹介しました。

電話予約するときから感じがよかったのですが、当日の接客もよかったです。

こじんまりした旅館ですので、登別の地獄谷やクマ牧場に行くときにぜひ泊まってみてください。

住所
〒059-0553 北海道登別市カルルス町16
受付時間
受付時間9:00~21:00
電話
0143842856
備考
・JR登別駅までの無料送迎しております。前日までに予約をお願いいたします。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい