タイピングごときに頭を使っていたら生産性の高い仕事はできない

OMIYA!

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

将来はスマホだけで仕事ができるようになるかどうかわかりませんが、今はパソコンがないと生産性の高い仕事は難しいですよね。

で、パソコンで必須なのがキーボード、つまりタイピングですが、今回はタイピングに頭を使っていたらダメダメですよ!というお話です。

なんとなくキーボードで文字を打てる人

たまにこういう人いないですか?

タイピングをしてて、なんとなく文字入力ができてて……

手元を見るとタイピングする指がめちゃくちゃ。半分ぐらい人差し指で打っている!……みたいな人。

でも、もし「タイピングする指がめちゃくちゃですぞ!」と指摘しても……

べつに文字は打てているし問題ないやろ!

……という返事が返ってきそうですよね。

タイピングに手間取っているのは論外

でも、気づいてほしいんですよ。

ヨス

そんなレベルでは能率が悪いし、生産性の高い仕事はできないということに!

キーボードはあくまで文章を出力するための道具で、タイピングで一番大事なのはアウトプットされる内容です。

頭では常に文章を考えていて、「どんなふうに表現するか?」にすべてを注力するべきなのです。

えっとTはこの辺にあったから……とキーの位置を0.1秒でも考えているのは論外です。

思考のスピードに入力スピードがついてこないのではムダがあるということです。

まずは正しいタイピングを!

そんな人で問題なのは、正しい指でキーを打っていないことです。

キーの位置は頭で覚えるものではありません。わたしもめちゃくちゃ速くキーボードをたたけますが、位置を頭で考え出すと「え?!」となって止まります。

正しい位置を頭で覚えて、そのキーをどれかの指で押すという作業ではなく、決まったキーを決まった指で打つことを身体に叩き込むのです!

キーボードと指の配列/対応表
キーボードと指の配列/対応表

タイピングごときに頭を使っているようでは生産的な仕事は出来ませんよ!

ヨス

歌手は音程が取れるのは当たり前で、いかに歌に感情を乗せられるか……が重要ですよね。それと同じ!

ということで、自己流でタイピングに慣れてしまった方、今からでも遅くありません。

タッチタイピングをマスターし、間違った打ち方を矯正しましょう!

さて、今回はふと他人のタイピングを見て「文字をタイピングできること」と「文字を正しくタイピングできること」の間にはとんでもない壁があるなと思ったことがきっかけです。

タッチタイピングができることは一生モノの財産です。ぜひともその技術を身につけてください。

能率のよい文字出力を体得し、人生を有利にしましょう。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい