[書評]『ライフハック大全(堀正岳 著)』は紙書籍版を買ってトイレに常備しておけ!!

OMIYA!

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回は『ライフハック大全』という本を3ヶ月ぐらいかけてじっくり読んだのでその感想をまとめます!

堀正岳さんの『ライフハック大全』
堀正岳さんの『ライフハック大全』

ええ。3ヶ月かけてやっと読んだんですよ(笑)。

その理由も紹介しますね。

『ライフハック大全』を3ヶ月かけて読んだ

実は先日、『ライフハック大全』という書籍を購入しました。

いえ、先日とか言いましたが、買ったのは3ヶ月前ぐらいです。

「なんでそんなに読むのが遅いんだよ!」とツッコまれそうですが、理由があるんですよ。

実は……

『ライフハック大全』はトイレで少しずつじっくりと読む
『ライフハック大全』はトイレで少しずつじっくりと読む

トイレに置いて、ちょっとずつちょっとずつ読んでいたんですよ。

『ライフハック大全』は一気に読まないのがおすすめ!

トイレに常備して、筆者の堀さん、すみません(笑)。

でも、トイレに置いておくのが絶対にオススメなんですよ!……いえ、大事なのはトイレに置くことじゃありませんでした(笑)。

間違いました。大事なのは毎日ちょっとずつ読むことです!

なぜかというと、全部で250ものライフハックがまとめられている本なのですが、1ページ、もしくは2ページで1つのトピックになっています。

こんな感じで。

コンパクトにまとめられた250の習慣
コンパクトにまとめられた250の習慣

どれも実行したいと思ったら、1日でガーッと読んでも意味がないんです。

「いい本を読んだ!」で終わると、ぶっちゃけ身につきません(笑)。

1つ1つ「実際にやってみる」というのが大事ですから。

あと、わたしは基本的には「電子書籍派」なんですが、この本は「きっと紙の方が良さげ!」と思い、紙書籍版で購入したんですね。

元々トイレで読もうと思っていたのですが「やっぱり紙にしてよかったな……」と思いました。

仕事だけでなく日常で役に立つ奥義がぎっしり!!

この本を読む前は、パソコン系の技ばかりかと思っていましたが、パソコン以外の技の、まさにライフハックをこれでもかと集めた本でした!

中にはこんな内容もあるんですよ!

  • 冷蔵庫をすっきり収納できる3つのアイテム
  • レゴで身の回りの小物を自作する
  • 扇風機のあて方で暑い部屋を冷却する

中でも感動したのがこの技!!

コンパクトにまとめられた250の習慣
コンパクトにまとめられた250の習慣

171 会話から抜け出すために、自分自身に電話をかける

簡単に要約すると、ほら、微妙な感じで話がダラダラと長引いて、「帰りたいけど、帰りにくい状況」ってありますよね?

そんなときに、ちょいちょいとスマホの設定をしておけば、こんなことが可能です。

  1. 自分の電話を設定した手順で鳴らす
  2. 「すみません、電話がかかってきたので席を外します」
  3. 電話で話すフリをする
  4. 「すみません! 急用ができたので……」
  5. その場を去る
ヨス

シビれました!!

これだけでも買う価値のある人がいっぱいいそう(笑)。

こんな「目からウロコ」な技が250も収録されているんですよ。1,500円とか安すぎる(笑)。

というわけで、今回紹介した『ライフハック大全』はかなりオススメです!

本文でも書きましたが、紙書籍版を買って、トイレに置いておいて、ちょびちょびと読むのがいいですよー。

あと、1度読み終えても、何度も読むのもオススメです。1回ではマスターできないので。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
あわせて読みたい