褒められたら謙遜せずに「ありがとう」を! お互いが気分よくなるよ

ノマド的節約術

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

わたしは褒められるのが大好きです! あ、もしかして同じですか? 奇遇ですね!

今回は褒められたら謙遜せずに、「ありがとう」と言うのをオススメするよというお話です。

褒められると嬉しい……ですよね?

生活している中で、褒められることはときどきあります。もっと褒められたいんですけどね(笑)。

それはともかく、「すごいですね!」と褒められたら、どんな気持ちですか?

たぶん嬉しいですよね? わたしは、褒められると伸びる子なので、「褒められること」が超好きです。

まぁ、みんな同じな気がしますけど(笑)。

日本では謙虚な応答が求められる

で、「すごいですね!」と褒められたとき、どういう反応をしますか?

日本だと謙虚に振る舞うのが美徳とされてますので、こういう対応をする人が多いんじゃないでしょうか?

  • いや、すごくないし……
  • え?そうですかね
  • いや、全然そんなことないですよ

でも、わたしはほとんどの場合「ありがとう」と返します

「ありがとう」は褒めてくれたことに対する感謝

褒められて「ありがとう」と言うと「調子に乗ってる」と思う人もいますが、わたしはそうはとらえません。

この「ありがとう」は「褒める」という行為をしてくれたことに対しての感謝ですから。

もし仮に完全にお世辞だったとしても「ありがとう」と返します。

もちろん「(お世辞を言ってくれて)ありがとう」という意味です。

誰かさん

すごいですね!

ヨス

ありがとうございます!

「すごいですね!」に対してうだうだ言うよりも「ありがとう」のほうがお互い気持ちいい気がしますが、どうですか?

わたしは誰かを褒めたときに「いや、自分なんて全然……」って言われるより「ありがとう!」って言われるほうが100倍気持ちいいです。

さて今回は、わたしが褒められたときに「ありがとう」と返すことについて紹介しました。

これは自分だけではありません。家族が褒められても、わたしは「ありがとう」と返します。ぜひこちらもご覧ください♪

こちらも関連記事です!

パートナー

この記事、おもしろかったわ。ほかに似た記事ないん?

ヨス

日本について思うことのカテゴリ」にあるきん、そっち見てや。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
この記事の「URL」「タイトル」をコピー
あわせて読みたい