もっと褒めて! 同じジョークでも私なら「ポジティブな返し」をしますよ

こんにちは! ヨス(プロフィールはこちら)です。

会話のなかで「おどけて調子に乗るジョーク」というものがあります。

今回は、そんなジョークに対する「ポジティブな返し」と「ネガティブな返し」について考えましょう。

おどけて調子に乗る系のジョークとは?

話の流れで、ワザとおどけて調子に乗る系のジョークってありますよね。

たとえば、こういうジョークです。

Aさん

でしょー! ほら、あたしってかわいいから

こういうジョークに対して「ネガティブな返し」をする人がよくいます。

Bさん

え? なんか言った

Cさん

いや、めっちゃブサいし!w

さすがにジョークでも「ブサい」まで言う人はいないかもしれませんけど。

まぁ、こういう返しが日本では一般的だと思います。

「ポジティブな返し」をしよう!

わたしは、こういうジョークに対して「ポジティブな返し」をするのが好きです。

Aさん

でしょー! ほら、あたしってかわいいから

わたしが言っている「ポジティブな返し」というのはこういう返しのことです。

ヨス

わかるわかる。かわいすぎてハエとか寄ってくるもんな!

このように、ジョークの上ですが「かわいい」ととりあえず言ってます

「かわいい」って言われるのは完全にジョークとわかっていても気持ちがいいですよね。

しかもこの返しだと「ツッコミの余地」を与えられ、相手の「ツッコミ度」が高い場合、こんな返しがさらに返ってきます。

Aさん

あたしはウンコかいっ!!w

人間はジョークでも「褒められる」のが好き

わたしは褒められのが大好きです。それゆえに褒めてくれる人が好きです。

これは、誰でもそうじゃないですか?

明らかに社交辞令でも、ウソでもオッケーです。

目の前で褒めてくれると「ありがとうございます!」と言います。ええ、謙遜しません(笑)。

ということで、ぜひ今後とも褒めてください!

…………

………………………

……ん?

この記事で言いたいことってソコじゃなかった気がするけどまぁ、いいや。

あなたの「想い」を「発信」してみませんか?

もし、この記事を見て共感してくださったなら、あなたも発信してみませんか?

わたしの著書『読まれる・稼げる ブログ術大全』では、ブログをこれからはじめたい人、発信をはじめたいと思っている人に必要な情報がすべて詰まっています。

ただ闇雲に発信するのではなく、「伝わりやすさ」がもっとも重要です。

ぜひ、あなたの考えている「社会のここがおかしい」をブログやSNSで正しく発信しましょう。

パートナー

この記事、おもしろかったわ。ほかに似た記事ないん?

ヨス

思考癖のカテゴリ」にあるきん、そっち見てや。

Twitterでヨスをフォローしよう!

気に入ったらどしどしシェアしてね♪
この記事の「URL / タイトル」をコピー
あわせて読みたい